テニス

テニスでスライスサーブを武器にしよう!威力アップとコース

投稿日:

テニスの試合に出るようになると、威力のあるサービスを打てる人が羨ましくなりますね。テニススクールの初級から中級レベルでは、それほど威力の高いサービスを安定して入れられる人も少なく、リターン側が有利なことが多いようです。しかし、レベルが上がるほど、サービスの威力がアップし、サービス側が有利になることが多くなるようです。威力のあるスライスサーブを打つ方法について紹介します。

スポンサードリンク

テニスでスライスサーブを武器にしよう!

テニスの初級者は、まずはダブルフォルトを避け、確実に入れられるサービスを習得しなければなりません。最初はフラットで山なりのゆっくりしたサービスから始めるでしょう。中級になると、スライスサーブやスピンサーブなど、回転をかけたサービスを練習します。

スピードがそれほどないサービスでも、高い軌道で回転をかけたスピンサーブが相手のバックハンド側に入れられるようになれば、簡単に打ち込まれなくなることが多いでしょう。

スライスサーブは、右利きの場合はデュースサイド側のワイドに切れていくサーブを打ちたくなります。中級レベルぐらいの人が打つサライスサーブは、スピードやバウンドする高さがフォア側でリターンしやすいところへ行くことが多く、タイミング良く合わされて、カウンターで角度がついて返ってきてしまうことが多いようです。特に確率高く入れられるように、多少縦回転を加えたスライスサーブの場合はそのような状況になりやすいです。

したがって、中級レベルでは「スピンサーブが最強」という意見もあります。しかし、サービスの球種は多い方が良いですし、特に左利きの人と対戦する時はスライスサーブは切り札になることもありますので、スライスサーブを捨ててしまうのはもったいないでしょう。

要するに、磨きをかけて威力のあるスライスサーブを打てるようにすれば良いわけです。打ち方をさらに詳しく説明していきます。

威力のあるスライスサーブを打つ方法

威力のあるスライスサーブとは何か?これもいろいろな意見・考え方があるでしょう。ここでは、中級レベルの人が、スライスサーブをデュースコートからワイドに狙って打っても、簡単に合わされて角度がついて返ってきてしまうケースを想定し、簡単にリターンエースが取れないレベルの威力のあるスライスサーブを打つということに話を絞ります。もちろんリターン側も同じ中級レベルの人です。

基本的にはスピードをアップし、回転量も増やすようにすれば、スライスサーブの威力はアップするでしょう。そのために必要なのはヘッドスピードを上げること。多くの中級者が、腕の振りとリストワークを十分に使い切れていません。まずはフラットでスマッシュを下に叩きつけるように打ってみましょう。これで腕の使い方とプロネーションを確認できます。

スライスサーブでは、ラケット面をインパクトでボールをカットするように入れますので、プロネーションを十分に使えていない人が多く、その結果スピードがあまり出ません。インパクトでフラットに当ててしまうと回転がかかりませんので、カットするように当て、そのためにプロネーションのタイミングや腕の振りの方向がフラットサーブとは異なります。斜め方向に腕を振り、カットするように当てるのですが、そこからプロネーションもしっかり使うと、ラケットヘッドが加速し、スピードが上がり、回転量も増えます。

このラケットヘッドを加速することが威力を上げるために重要で、そのために腕の振りとプロネーションが必要なのです。プロネーションがしっかり使えていれば、インパクト直後で肘は高い所にあるはずです。腕の振りだけで回転をかけた場合とは別次元の回転量となるでしょう。


スポンサードリンク

スライスサーブのコースを安定させる方法

ワイドに切れていくスライスサーブを持ち玉にするためには、フォルトにならないようにしっかり入れられなければなりません。構えた時の身体の方向、腕の振りの方向、ボールのインパクトの仕方などを試しながら調整しましょう。

サービスの練習を始めた時には、いきなり高速サーブを打とうとすると怪我をする可能性ありますので、最初の何球かはゆっくりスイングし、ゆるいボールを打ちましょう。それでもフォームが崩れないように丁寧にスイングし、ボールを打ちましょう。インパクトの仕方も、薄めに当てて、徐々に厚くしてみるなど試してみましょう。その時にどの方向にボールが飛ぶのかも重要ですので確認しましょう。

肩が温まってきたら、少しずつラケットのヘッドスピードを上げて、回転のかかり具合をチェックしましょう。ワイドに切れていくサービスを打ちたいので、最初はダブルスのアレー部分に着弾し、フォルトになるようにわざと打ってみましょう。そこから身体の向きを微調整し、サーブが入るようにしていきます。

腕の振りの方向と打点・インパクトの仕方を覚え、常に同じ打点で打てるようにトスを上げる練習をしましょう。ラケットヘッドを疾走らせる感覚を覚えたら、サービスの質が格段に向上するでしょう。

まとめ

威力のあるスライスサーブを打つ方法について紹介しました。練習して自分の武器にしましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスの球出しが下手!コツは?最後の手段もあります!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、球出しが苦手という人は案外多いです。苦手意識のない人でも球出しが上手いかと言うと必ずしもそうではなく、相手が打ちやすい場所へ安定してボールを出せ …

テニスのシングルスで勝つために回り込んでフォアを打つ!

スポンサードリンク テニススクールで週に1回レッスンを受けている方は、シングルスの試合に出場するようになると、実際の試合ではどのようなショットが有効で、練習すべきであるのかを実感できるでしょう。で …

テニスシューズの臭いを解決する方法!すぐに消すにはこれ!

スポンサードリンク 錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍により、日本のテニスファンも盛り上がっています。設備の整ったインドアのテニススクールも多くなり、健康のために週に1回テニススクールでレッスンを受 …

テニススクールで上達しない理由と上達が早くなる練習方法

スポンサードリンク テニスをする人の中には、プロもいれば、プロを目指している人、部活・サークルなどでかなりの時間本気で練習している人もいます。しかし、ここではテニス以外の仕事をしていて、週に1回程 …

テニスのシングルスでは後ろに下がるフットワークが必要

スポンサードリンク テニスの試合では、ラリーが続くと、1球ごとに形勢が変わることはよくあります。相手の返球が甘く、短くなれば、前に詰めて打ちます。しかし、それを相手が深いボールで返球してきた時には …

最近のコメント