テクノロジー

交通事故死者数は自動ブレーキでもっと減らせる!義務化は2020年!

投稿日:

交通事故の死者数は平成29年には3,694人となり、現行の統計を記録し始めた昭和23年以降最少となりました。多くの人の多大な努力により、交通事故の死者数を減らすことができましたが、交通事故の悲惨さを考えると交通事故の根絶に向けてさらに努力をしなければなりません。交通事故死者数の推移とその要因について解説します。

スポンサードリンク

交通事故死者数の推移とその要因は?

交通事故の死者数は、昭和23年から右肩上がりで増加し、昭和45年に16,765人とピークとなりました。交通負傷者数もほぼ同様に推移し、昭和45年に981,096人となりました。日清戦争の日本側の戦死者数が2年間で17,282人であったことから、交通事故の死者数がこれを上回り、当時「交通戦争」と呼ばれました。後述するように、後年、再度ピークを迎えたことから、現在では「第一次交通戦争」と呼ばれています。

日本では、このような交通事故の多発が危機的な状況となってしまったため、国を挙げて交通安全基本計画を策定し、官民の協力によって交通事故を減らす努力が続けられた。これは大きな効果があり、昭和54年には交通事故死者数8,466人まで減少させることができた。交通事故負傷者数もほぼ同様の推移をたどり、昭和54年には596,282人となっています。

しかし、その後、運転免許証保有者数・自動車台数・総走行距離の増加にともない、交通事故死者数・負傷者数は増加に転じます。特に第二次ベビーブームの若い世代が車を運転するようになり、その世代の事故率が高かったことも一因のようです。

交通事故負傷者数は、平成16年まで増え続け、1,183,617人となり、昭和45年のピークを大きく上回りました。交通事故死者数は、平成4年の11,452人がピークとなり、その後は減少傾向にあります。再度交通事故死者数が1万人を越えた昭和63年以降の交通事故死者数が多かった時期を「第二次交通戦争」と呼びます。

交通事故負傷者数も平成16年以降は減少傾向にあります。交通事故負傷者数よりも12年も早く交通事故死者数がピークを迎え、減少に転じさせることができた要因としてはシートベルト、エアバック、ABSなどの車の安全装備の普及、シートベルトの着用義務化などが効果を発揮したと考えられています。つまり、衝突時の安全性能の向上により、交通事故に遭っても命を落とさずに済むケースが増えたようです。

平成16以降の交通事故負傷者数・死者数の減少には、飲酒運転の厳罰化と、飲酒運転に対して世論が厳しくなったことが影響していると考えられます。実際、飲酒運転が厳罰化のための改正刑法が平成13年12月に施行され、それ以降年々飲酒運転死亡事故数が減少し続けています。

交通事故死者数は自動ブレーキでもっと減らせる

前述のように交通事故撲滅のための長年の多くの人の努力により、交通事故死者数・負傷者数は減少し続けています。交通事故にはそれを引き起こす原因があります。原因を正しく分析し、効果的な対策を講じることができれば、交通事故を減らすことができますし、起こってしまった場合でも被害を軽減することができます。前述の飲酒運転厳罰化による交通事故の減少やシートベルト・エアバックの普及による交通事故死者数の減少は、その典型的な例でしょう。

平成29年の交通事故の類型別統計データを見ても、いろいろなパターンがありますので、すぐに根絶することは難しいとして、現在の自動ブレーキを普及させるだけでも大きく交通事故を減らすことができる可能性があることがわかります。まずもっとも多い交通事故のパターンが「追突」35.5%であるからです。

また人的要因別死亡事故件数のデータでは、「操作不適」が75歳未満で16%、75歳以上で31%あります。「操作不適」とは「ブレーキとアクセルの踏み間違い」や「ハンドルの操作不適」などです。さらに内在的前方不注意(漫然運転等)がそれぞれ24%と15%、外在的前方不注意(脇見等)がそれぞれ18%と11%です。

これらの事故には、最新の自動ブレーキや踏み間違い加速抑制システムを装備すればかなりの効果を発揮すると期待されます。もちろん、自動ブレーキは完璧ではなく、適切に作動する条件を外れると効果を発揮しません。また自動ブレーキの最近の進歩も著しく、それは逆に言えば数年前のモデルは対車両にしか効果を発揮しないなどの性能的に劣る部分があります。技術の進歩を考えればこれはやむを得ないことなのですが、「自動ブレーキ」という言葉だけでこれらをすべて一緒に議論するのは乱暴すぎるでしょう。それでも、たとえ旧型の自動ブレーキであっても、非搭載車よりも格段に安全性能は向上します。

2020年に自動ブレーキが義務化される見込みですが、これは2020年から販売される新車に対してです。車の買い替えサイクルが伸びていることを考えると、多くの車が自動ブレーキ搭載車になるにはさらに10年以上の時間が必要でしょう。自動ブレーキは、すでに新車を購入する際に選ぶことができますので、義務化される前から積極的に選ぶようにしましょう。それが日本社会にとってプラスですし、交通事故を回避できる可能性が高くなるという点では自分にとってもプラスでしょう。


スポンサードリンク

交通事故死者数を減らすには世論も重要

理解に苦しむのは、飲酒運転をすること、シートベルトを着用しないことなどが危険であるということが分かって、法律でも厳罰化・義務化されたにもかかわらず、未だに飲酒運転死亡事故を起こす人やシートベルトを着用しない人がいるということです。

最近報道されているようなかなり悪質な飲酒運転や危険運転などについては、悲惨な交通事故を起こし、尊い命を奪っても、法律の適用条件が厳しすぎたり、処罰が軽すぎるように感じることも多く、さらなる厳罰化が必要でしょう。そこまで凶悪ではなく、軽い気持ちで飲酒運転する人もいるようですので、決して飲酒運転を容認しないという世論の形成も重要でしょう。

車を運転していると、ミニバンなどの車内で子供が立ち上がって、運転している親の近くにいるシーンをよく見かけます。運転席と助手席はシートベルトを着用しないとアラームが鳴る車が多くなりましたので、シートベルトの着用率が高くなりましたが、後席についてはまだシートベルトを着用していない人がいるようです。衝突事故時に後席の人がシートベルトを着用していないとどのような状況になるのか、衝突試験の動画などをもっとテレビ等で放映し、啓発する必要があるでしょう。

まとめ

交通事故死者数・負傷者数の推移と要因、さらに自動ブレーキ導入による交通事故を減らせる可能性について解説しました。交通事故を撲滅するために多くの人の協力が必要です。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

車にデジタルミラーが搭載されていく!電子化が進む!

スポンサードリンク 自動車を安全に運転するためには視界を確保することが重要で、できるだけ死角を少なくするためにルームミラーやドアミラー、フェンダーミラーなどの鏡が使用されています。いよいよこれらが …

高速道路で行き過ぎてしまった場合の対処方法!あわてないで!

スポンサードリンク 休日などにロングドライブで高速道路を利用する人も多いでしょう。カーナビの進歩により、初めての場所に車で行く場合でも、ルートが表示されますのでかなり楽になりました。それでもカーナ …

自動ブレーキを比較する!その種類とランキングは?

スポンサードリンク 高齢者の運転による悲惨な交通事故が頻繁に発生し、報道されています。しかし、交通事故を引き起こすのは高齢者に限りません。自動車を運転するならば誰でも事故を引き起こす可能性がありま …

車のドライブレコーダーの選び方 画質・画角 LED信号対応

交通事故による痛ましい被害がテレビなどで報道される度に、被害の深刻さに比べて加害者への処罰が軽すぎるような印象を受けるのはおそらく私だけではないでしょう。事故の事情聴取などでは、多くの人間が自分に有利 …

Google Chromeの検索窓の履歴は危険?消去する方法は?

スポンサードリンク いくつかのブラウザが使われていますが、その中でもGoogle Chromeは人気があります。私もGoogle Chromeを使っていますが、最近、いろいろなサイトの検索窓やID …

最近のコメント