お腹にガスがたまるのはなぜ?お腹のガスの出し方は?苦しい人は必見!

ヘルス

私はお腹にガスがたまりやすく、ほとんど毎日お腹が張ってしまい、苦しんでいます。下腹がポッコリと膨らんでいるのは自分で見てもわかります。インターネットで調べてみるといくつかの対処方法が紹介されていますが、これらの中から自分で実践し、その効果を確認できたものについて紹介します。

スポンサードリンク

お腹にガスがたまるのはなぜ?

そもそもなぜお腹にガスがたまるのでしょうか?その多くは飲み込んだ空気です。

何かを食べたり飲んだりした際に、それらと一緒に空気を飲み込んでしまいます。その空気が胃に入ります。一部はゲップによって口から排出されることもありますが、多くは腸に送られます。この空気によって腸が膨らみ、お腹が張ってしまいます。

ストレスが多い人は、飲み込む空気の量が増える傾向にあるそうです。さらに腸の動きも過敏になり、苦しく感じることが多くなります。

それ以外には、腸内で最近の働きによって食べ物のカスが分解する際にガスを発生させることがあります。便秘によって腸内に食べ物のカスが滞留する時間が長くなると、このガスの発生も多くなり、臭いも強くなります。

これらの原因を理解し、有効な対処方法を実践しましょう。

お腹のガスの出し方は?

お腹にガスがたまってしまい、苦しい状況になってしまったら、とにかくガスを出すことを考えましょう。

一番簡単で効果があるのは、布団の上などに横になること。仰向け、うつ伏せ、左を下に横向き、右を下に横向きなどのように数分で姿勢を変えていく効果的です。

日中に立っていたり、座っていたりする時間が長いほどガスがたまりやすくなります。またベルトがきつかったり、身体を締め付けるような衣類を長時間着用していてもガスがたまりやすくなります。これらは身体を締め付けているものを緩め、横になって姿勢を変えるだけで、腸内のガスが動きやすくなり、排出されやすくなります。

より積極的には、横になった姿勢でヨガの膝を抱えるポーズ、うつ伏せから身体をそらして足をつかむポーズなどをとり、お腹に刺激を与えるとガスが動きやすくなるでしょう。またお腹が張っていない時でも、日常的にこれらのヨガのポーズをとれば便通も良くなるでしょう。


スポンサードリンク

お腹にガスを減らす方法は?

そもそもお腹のガスの量が増えないようにすることができれば、お腹が張って苦しい思いをすることも減ります。以下のような対処方法を実践することで、少しでもお腹にたまるガスを減らしましょう。

1.ゆっくり食べる

よく噛んでゆっくり食べましょう。また飲み物をがぶ飲みしないようにしましょう。お腹にたまるガスの多くは飲食物と一緒に飲み込まれるものですので、これを減らすことができれば効果的です。

2.おならを我慢しすぎない

人前ではおならをすることはできないとしても、トイレなどに行ってできるだけおならを出しましょう。

3.ヨガやストレッチをする

ヨガやストレッチで身体をほぐし、心身ともにリラックスすることで、ストレスを減らしましょう。

4.善玉菌を摂取する

ビフィズス菌などの善玉菌を摂取し、腸内環境を整えましょう。

まとめ

お腹にガスがたまって苦しい思いをしている方に、その原因と対処方法について紹介しました。早速お試しください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました