テニス

テニスのスマッシュの打ち方!中級からレベルアップ!

投稿日:

テニスのトッププロの試合を見ていると、スマッシュはほとんどアンフォーストエラーにならず、相手コートに叩き込んできます。しかし、テニススクールの中級レベルでは、スマッシュを打つ側がミスをすることも案外あります。中級からのスマッシュの打ち方について紹介します。

スポンサードリンク

テニスのスマッシュの打ち方!中級からレベルアップ!

トッププロの得意なショットと言えば、フェデラーのフォアハンドや錦織のバックハンドなどというに強烈でレベルの高いショットがよく挙げられますが、「スマッシュが得意」という話はあまり聞いた記憶がありません。つまり、トッププロにとってはスマッシュは打てて当たり前のショットなのでしょう。

しかし、テニススクールの中級レベルでは、球出しで上げてもらったボールでもしっかり叩き込めない人もいます。まずは基本をしっかり確認しましょう。

最初はネットに近い打ちやすい位置にボールを上げてもらって、横向きの体勢を作ってテイクバックし、打点に入ります。前側の腕は上げて、トロフィーポーズとした方がバランスがとりやすく、ボールとの距離も測りやすいです。インパクトではプロネーションを使いましょう。

スマッシュが苦手な人に多いのは、上手くプロネーションを使えず、羽子板打ちで前に押すように打ってしまうパターン。そのような場合は、プロネーションを使って叩きつける練習をして矯正すると良いでしょう。

次にありがちなのは、叩きつけるように打ち過ぎてネットしてしまうパターン。体幹が傾かないように注意しながら、プロネーションの加減、前後方向の打点の位置を調整し、コートに入るようにしましょう。よくわからない場合は、一度大きくバックアウトするように打ってみて、徐々に近い位置に着弾するように調整しても良いでしょう。

コートに入るようになったら、次は徐々に後ろへ、コートの深い位置にボールを上げてもらい、それを下がってスマッシュする練習をしましょう。ネットに近い位置からは叩きつければ案外簡単に相手コートに入りますが、ネットから離れて下がるほど相手コートに入れることが難しくなります。いつもネットに近いところからだけスマッシュの練習をしていると、下がった位置からスマッシュを打つ時にネットすることが多くなります。スマッシュを打つ位置によっても打ち方を調整しなければならないということを理解しましょう。

テニスのスマッシュの打ち方!コースを狙う!

トッププロの試合を見ていると、スマッシュを打つ時に基本的にはオープンコートへ打っています。これは強力なスマッシュでも、相手がベースライン近くにいる場合は、相手の近くに打ち込むと返される可能性が高いからです。これは中級レベルでも同様です。とにかく「力一杯打てば決まる!」という考え方は捨てて、相手の位置を確認しながらオープンコートに打ちましょう。

オープンコートへ打てれば、それほど強力なスマッシュでなくても高い確率で決まるでしょう。したがって、ある程度スピードは抑えても、しっかり狙ったコースに打つことが大切です。スマッシュを叩きつけると快感なので、あまりコースを狙わずに打っている人も多いです。どこを狙って、実際に打ったボールが狙い通りなのか、それともずれているのか、ずれた場合はどちらにどれだけずれたのか確認し、調整することが上達のポイントです。

オープンコートが見当たらず、相手のラケットが届きそうなコースに打った場合は、打ち返される確率が高いので、すぐに相手からのボールに対応できるように準備しましょう。スマッシュを打てば必ず決まるというわけではありません。


スポンサードリンク

テニスのスマッシュの打ち方!回転をかける!

前述のようにコートの深い位置からスマッシュを打つ場合は、ネットあるいはバックアウトする確率が高くなります。そこでサービスのように回転をかけてスマッシュを打つと、コートに入れ易くなります。スライス回転がかけやすいです。ボールの回転のかけ方で軌道を調節する方が、スイングの強弱だけで調節するよりも安定するでしょう。

スライス回転のスマッシュが打てるようになると、コートの後ろ側からだけでなく他にも応用できます。例えば相手のコートにオープンコートが見当たらない時に、スピードよりもスライス回転重視のスマッシュで角度を付けて打つこともできます。これはスイング方向とボールの飛ぶ方向が大きく異なりますので、インパクトの瞬間を見ていないとほとんどの場合は相手は反応できません。特に通常のスマッシュを打ち込んだのに返球され、粘られた時に、スライス回転をかけたスマッシュを混ぜると決められる可能性が高いです。

テニスは、同じテンポで同じような軌道のショットを打ち続けると、相手も慣れてきます。如何に回転や緩急を駆使して相手のリズムを乱すのかがポイントになります。そのような意味でも、回転をかけたスマッシュは有効です。

まとめ

スマッシュの打ち方について紹介しました。初級や中級では、スピードが速いスマッシュを打つと決まってしまうことが多いですが、レベルが上がるほど返球される確率が高くなります。しっかりコースを狙わないと決められないということを理解し、練習しましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールの中級からポーチの出方をマスターする

スポンサードリンク テニススクールの中級のレッスンでは、試合形式の練習をすることがありますが、クラスの人数が多ければほとんどはダブルスでしょう。ダブルスでは、レベルが高ければ前衛がポーチに出てボレ …

テニスの球出しが下手!コツは?最後の手段もあります!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、球出しが苦手という人は案外多いです。苦手意識のない人でも球出しが上手いかと言うと必ずしもそうではなく、相手が打ちやすい場所へ安定してボールを出せ …

テニススクールの中級が上達するためには伸びしろ知る!

スポンサードリンク 週に1回のテニススクールのレッスンを受ける中級レベルの人は、もっともっと上達できます。しかし、限られた練習時間で早くレベルアップするためには工夫が必要です。このブログでも具体的 …

テニスのフットワークを鍛える方法!中級レベルからできる

スポンサードリンク テニスでは相手が打ってきたボールを追いかけて打ち返し、相手コートに入れなければなりません。トッププロの試合を見ていると、強烈なショットを打たれても、コースを読んで素早いフットワ …

テニスの片手バックハンドのコツは?初級から中級向け!

スポンサードリンク テニスのトッププロでは、一時期、ジョコビッチが圧倒的な強さを誇り、フェデラーが勝てなくなった時期に、「片手バックハンドではもう勝てない!」と言ったイメージが広がったことがありま …

最近のコメント