テニス

テニスの試合に勝つために基本を知る!中級者が練習すべきこと

投稿日:

テニススクールで週に1回レッスンを受けている中級レベルの人には、少しずつテニス大会などに出場して試合経験を積み始めている人も多いでしょう。しかし、練習量を増やしても試合に勝てなくて、「これ以上上達しないのでは?」と悩み始めている人も多いようです。中級から上達するために絶対必要なことを紹介します。

スポンサードリンク

テニスの試合に勝つために基本を知る!

最初に結論から申し上げますと、中級から上達するために絶対に必要なことは、「基本を知る」ということです。平凡で当たり前のことを言っているように感じるかもしれませんが、プロや上級者から見れば、中級者のテニスは基本から逸脱していると感じることが多々あります。つまり、基本を学び、それを実践できるようにするだけで相当上達しますし、試合での勝率も上がります。

また基本を学ぶことも、かなり恵まれた環境で練習している人以外には、案外難しいものです。恵まれた環境とは、例えばコートを長時間利用でき、プロやプロコーチなどの最新のテニスの知識とスキルを持った人に、自分のテニスをチェックしてもらい、修正すべき点、習得を目指すべき課題を適切に教えてもらえるような環境です。

週に1回テニススクールでレッスンを受けている人の場合、クラスに10〜14人程度のスクール生がいることが普通で、コーチに直接相手をしてもらえる時間も限られていますし、コーチもそれだけの人数を相手にしなければなりませんので、的確にチェックしてもらえる機会も少ないです。またアドバイスをもらおうとしても、レッスン中は時間が限られているので一言程度が限界です。そのアドバイスが的を得ていたとしても、効果的な矯正方法を教えてもらえるとは限らず、上達に結びつかないことの方が多いです。

いろいろな情報も、そもそも正しい情報であるのかどうかも分かり難いですし、自分にあっている方法であるかも分かり難いです。真剣に考えていくと、「一体誰に教えてもらったら良いのか?」と悩むほどです。以下にさらに詳しく紹介していきます。

テニスの試合に勝つための基本をインターネット・雑誌から学ぶ

テニスの試合に勝つための基本を学ぶ方法として、もっともおすすめなのはインターネットです。インターネットを活用すれば、かなり多くの情報が無料で手に入ります。注意すべきは、「インターネット上の情報は玉石混交」ということ。上質の情報を選ぶことが重要です。

またテニス動画も多数あり、勉強になるのですが、動画を観るだけでなく、言葉(文字)で詳細かつ正確に内容を理解することも大切です。動画と文字情報(*イラスト&写真などを含む)を両方とも活用して、正しい情報を頭にインプットしましょう。

テニスの技術的な解説を無料で学べるサイトとしては、tennis365.netのレッスントップにある技術特集が質が高く、信頼できます。これは現在休刊中の硬派なテニス雑誌「Tennis Journal」に掲載された技術に関する過去記事が読める貴重なサイトです。トッププロの連続写真や分かりやすいイラストもあり、非常に役に立ちます。唯一残念なのは、雑誌が休刊担ってしまったので、情報がほとんど2003年〜2005年頃のものという点です。したがって、もっと最新の技術情報などは掲載されていませんが、それでも中級者には十分な基本に関する詳細な解説があります。かなり多くの情報がありますので、地道にすべてを呼んでも良いでしょう。

最新の情報を知りたければ、現在出版されているテニス雑誌が参考になるかもしれません。きれいなカラー写真で、トッププロのスイングなどを紹介するページもあり、参考になることもあります。注意すべき点は、トッププロの試合中の写真を使っての技術解説の場合です。例えばフォアハンドのトップスピンの打ち方の解説があったとしても、それが現在の自分に合うとは限りません。トッププロのテニスの試合を見れば分かりますが、激しくコートを走り回りボールを打っています。その瞬間のある打ち方が中級者向けの模範的な打ち方になっているとは限りませんし、自分とグリップが違えば参考になりません。また実際の不イングは、打点の高さが変わっただけでも違いがありますので、違いを理解せずに連続写真をひたすら真似しようと練習するのも危険です。特にインパクトの時の写真を意識して、手首を過度に使い過ぎてしまうことがあるのですが、動画で見ると必ずしも同じイメージではない場合がありますし、意識としてはそれほど強く意識せずに、自然にそのような動きになるようにした方が良い場合も多いです。連続写真を観る時はその瞬間の1枚だけに注目し過ぎず、動きの流れを掴むことが大切です。そんな意味でも動画も併せて観た方が良いでしょう。

テニス動画もYouTubeで良質なものが多く観られるようになりました。好みの問題もありますが、おすすめなのが一般の人への指導経験が豊富で、ある程度シリーズでテニスのレッスン動画をアップロードしている方々のものが良いでしょう。さらに指導者が選手としても実績のある方ならば、内容については信頼できる可能性が高いです。

個人的には指導者の言葉遣いが悪いタイプの動画は、動画としては面白いこともあるのですが、あまり公の場で多くの人に指導をされたことがないのではないかと心配になります。

いろいろと見比べてみると、テニス動画を見る目も養われてきますので、まずはいくつか観てみましょう。


スポンサードリンク

テニスの試合に勝つための基本を有料教材から学ぶ

前述の無料で学べるインターネット上の解説や動画をある程度試した方で、さらに効率よく上達したいという方におすすめなのは有料教材(テニスのレッスンビデオ)の利用です。

テニスに限りませんが、無料のものと有料のものがあって、それでも有料のものがある程度の期間売れ続けていて、評判もそれなりに良いのであれば、それだけのお金を払う価値がある可能性が高いです。

YouTubeにある程度質の高いテニス動画をアップロードする人々の目的は何でしょうか?単純に好きでやっている人もいますが、視聴回数を増やして収入を得ることが目的であることもあるでしょう。しかし、テニススクールや、若手の有望なテニス選手を育成するための活動などに取り組んでいる人の場合、広報・宣伝である可能性も高そうです。その団体がレッスンビデオを販売していたり、レッスンの参加者を募集していればさらにその可能性は高いでしょう。

そのような人々は、多数の人を指導した経験が豊富で、バーチャルだけではなく、リアルでもレッスンを行ったりしていますので、質が高い可能性が高いでしょう。特に指導者が実績のある方ならば信頼できる可能性が高いです。そのような人々の出しているレッスンビデオを購入して学べば、効率良く学べる可能性が高いです。ただし、自分に合うか合わないかという相性はある可能性がありますので、その点には注意しましょう。

テニスのレッスンビデオも、質の高いものは数千円程度で、シリーズで購入すると数万円になってしまうことがあります。これを高いと考えるかどうかです。テニススクールでレッスンを受けている方は、毎月のレッスン料はいくらでしょうか?近所のテニススクールでは、13,600円(税別)です。数年間通い続ける人が多いですが、上達できているでしょうか?

一般にテニススクールでは、前述のような理由であまりコーチから的確な指導を受けられず、上達が止まってしまうことがあります。そのため本記事で紹介したような情報を得ることが有効です。もし有料教材で学び、努力すべきことが明確になり、上達速度が上がれば、十分に価値があると思います。

やはり、価値があるものというのは、それなりにお金を払わないと手に入らないでしょう。場合によって、他の指導者が開催するレッスンに参加してみると、新しい発見があり、上達できることも多いでしょう。

まとめ

テニスで上達したいと思ったら、まずは基本を知りましょう。それは何を習得するためにどのような練習をすればよいのかということを明確にすることです。何となく練習するよりも、明確な目的を持って練習する方が何倍も上達が速くなるでしょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールの中級レベルのボレストのコツは?

スポンサードリンク テニススクールのレッスンでは、前半の早い段階で、ボレスト(ボレー対ストローク)の練習をすることが多いでしょう。中級レベルになると、ストロークのスピードもそれなりに速くなってきま …

テニスのボレーの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!

スポンサードリンク テニスのボレーの打ち方を見れば、おおよそレベルがわかるようです。上級者はバランスの良いきれいなフォームで安定したボレーを打ちます。それは基本を抑えて正しい打ち方を習得すれば、誰 …

テニススクールの中級からポーチの出方をマスターする

スポンサードリンク テニススクールの中級のレッスンでは、試合形式の練習をすることがありますが、クラスの人数が多ければほとんどはダブルスでしょう。ダブルスでは、レベルが高ければ前衛がポーチに出てボレ …

テニスで中級から上達する方法!上級への道

スポンサードリンク テニススクールに週に1回通ってレッスンを受けている中級レベルの人は、何年も通っているのに上級に昇格することができずに悩んでいるかもしれません。テニスを楽しめていれば、上級に昇格 …

テニスのシングルスの戦術!中級にありがちなパターン!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級の方々は、あまり試合経験が無い方がほとんどです。スクールの企画するテニス大会などに積極的に参加して経験を積みましょう。試合慣れし …

最近のコメント