テニスのフットワークを強化すれば中級からレベルアップする

テニス

テニススクールではレベル別にクラス分けされているのが普通で、中級と上級のコートを見比べてみればその違いがよく分かります。中級者ではラリーが続きにくく、3本目以内にポイントが終わってしまうことが多いですが、上級者ではもっと続きます。その違いの原因の1つはスプリットステップを含めたフットワークです。以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼その他の「テニスの上級者になるために試合中に意識すべきこと」についてはこちら▼▼
テニス上級者への道!試合・練習中の意識が重要!何を考えるべき?

テニスのフットワークを強化すれば中級からレベルアップする

中級者のテニスの試合を見ていると、サーブを打ってからポイントが決まるまでの間に、足が止まってしまっていることが多いです。テニスの場合、ゴルフのように足が止まった状態でボールを打つことはほとんどなく、通常は球際まで細かく足を動かしながら距離を調整して打ちます。テニスは対人競技で、相手の打ったボールを、コート中を駆け回りなが打ち返さなければなりません。完全に足が止まった状態から素早く動くのは案外難しく、ポイント中は足を動かし続けることが大切です。

中級者の場合、自分では一所懸命動いているつもりでも、足が止まりやすい瞬間があります。したがって、足が止まりやすい瞬間を認識し、そこを足が止まらないように注意し、足を動かすフットワークの練習をすれば着実にレベルアップできる可能性があります。

テニスの最初のフットワークでリズムを作る

テニスはサービスとリターンから始まります。ダブルスでもシングルスでも、サーバーがサービスを打った直後にその場で動かずに止まってしまうということは、上級者やトッププロではありえません。サーブを打って前に詰めるか、ステイバックなのかによって打った直後から動くべき方向へ動き始めます。

リターンの場合は、相手のサーブのトスアップに合わせてステップを始め、前に踏み込んでリターンすることが普通です。相手のサービスが速くて、ステイバックする場合でも、ステップで前に踏み込む分だけさらに後ろで構えておいて、タイミングを合わせるのが一般的です。

このように最初のショットを打つ前にフットワークを使い、足を動かし、タイミングを合わせてスプリットステップをします。この動きが上級者ならば必ず行うのですが、中級者はそのような動きができていないことが多いです。しかし、ポイントの始まる最初の動きですので、自分なりのタイミングを合わせるためのステップを決めて、必ず行うように心がければできるようになるでしょう。それだけでボールへの反応が良くなるはずです。


スポンサードリンク

テニスの打った直後のフットワークを改善する

中級者に多いのは、打った直後に足が止まってしまうパターンです。特に大きく動かされた時に打ち終わりで足が止まってしまうと、オープンコートができていますので相手に決められてしまうリスクが高くなります。アプローチショットの場合は、前に詰める意識があるので、中級者でも打ち終わりでも足が止まらないことが多いです。しかし、前述のように大きく動かされた場合は、打ち終わりで足が止まっているかどうか確認してみましょう。

大きく動かされたボールを打ち返せると、そこで力尽きてしまうのかもしれませんが、何となくその場でボールの行方を目で追って、足が止まってしまうようであれば、動いて打った後に元の方向へ動くようなフットワークの練習をしましょう。何回も繰り返してフットワークと素振りの練習をすると、頭と身体に動きがインプットされ、試合の時でも自然に動けるようになるでしょう。

このように打ち終わりの1歩が自然にできるようになれば、格段に動きがスムーズになりますので、これまで打ち返せなかったボールを打ち返せるようになるでしょう。

まとめ

テニスでポイントを始める時の最初のフットワークと打った直後のフットワークについて紹介しました。足が止まってしまっていると、相手の打ったボールに対して反応が遅くなってしまうので、余裕が無くなり、自分の足が止まっていることにさえ気がついていないことがあります。打った後に動くべき方向に動き出せているのかチェックしてみましょう。

▼▼その他の「テニスの上級者になるために試合中に意識すべきこと」についてはこちら▼▼
テニス上級者への道!試合・練習中の意識が重要!何を考えるべき?

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました