テニス

テニスのダブルスでのロブの有効な使い方・打ち方・意識

投稿日:

テニススクールの初級や中級の人の試合で有効なのがロブです。ロブを上げられると簡単に攻められず、ロブ合戦になってしまうこともあります。また相手の動きの逆を取ってロブを上げられれば、それがエースになって決まってしまうこともあります。ロブの有効な使い方と打ち方などについて紹介します。

スポンサードリンク

テニスのダブルスでのロブの有効な使い方

まず知っておきたい事実は、「プロや上級者のダブルスでは、滅多にロブを上げない」ということ。安易にロブを上げるとスマッシュで叩かれて決められてしまうことが多いので、「ロブを上げたら負け」という意識が強いです。テニスの試合で勝つためには、1本でも多く相手コートに返球することが必要ですので、ロブで上げる以外に方法が無かった時などにはもちろんロブを上げることはあります。しかし、余程相手のポジションが前に詰め過ぎている場合を除けば、積極的にロブを打たないということです。

しかし、冒頭で述べたように初級から中級ではかなり有効です。それはプロや上級者に比べるとスマッシュの技術がそこまで高くないこと、何よりも差があるのがポジショニングとロブが来ると判断した時の後ろに下がるスピードです。プロや上級者にスマッシュさせないようにロブを上げようとすると、十分な高さに上げないといけないですし、深さもかなりないと難しいです。高くロブを上げると、追いつかれることが多いですし、仮にノーバウンドでスマッシュを打つことができなかったとしても、ワンバウンドした後にグランドスマッシュを打つことができる場合も多いです。

初級や中級では、下がってスマッシュを打つことが難しいため、かなり浅いロブではない限りはそれほど厳しいスマッシュを打てないことも多いです。さらにバック側に上がった場合は、スマッシュで決めることも難しいです。テニスは対人競技ですので、相手の得手不得手を試合の中で観察し、ロブが有効であればどんどん使った方が良いです。これが最大のポイントで、相手がスマッシュが得意で、ポジショニングや後ろに下がるフットワークが良いようであれば安易にロブを使うのは止めた方が良いでしょう。

それではロブが通用する相手に対してどのようにロブを打てば良いのかについて以下に解説します。

テニスのダブルスでのロブの打ち方

まずトップスピンロブとスライスロブを打つ練習をしましょう。ダブルスのストロークは、相手の足下に沈めるように打つことが基本です。そのためスピン系のストロークとある程度スピードを抑えたスライスを打つことが多いです。ロブを使うための重要ポイントの1つは、ロブを上げるギリギリまでロブと分からないように打つことです。したがって、相手の足下に沈めるためのスピンを打つフォームからトップスピンロブを打つ、スライスのストロークを打つフォームからスライスロブを上げることが必要です。

ロブを狙うタイミングは重要で、必ず相手前衛が前に詰め過ぎている時です。基本は相手前衛の頭上を抜くストレートロブです。相手前衛のポジションがサービスボックスの中央がニュートラルなポジションですので、それよりも前に詰めている時に狙うべきです。初級や中級では、最初から「次はロブを上げる」と決めていて、相手の前衛のポジションに関係なく上げてしまう人もいるようです。必ず相手前衛のポジションを確認し、ロブを狙えるスペースがあることを確認してから上げましょう。

ロブの深さも重要です。ベースラインギリギリに安定して決められれば理想的ですが、それではあまりにリスクが大き過ぎます。ベースラインとサービスラインの間に入れられるように打ちましょう。そのために相手前衛のポジションに注意する必要があります。

ロブの高さは高過ぎない方が良いです。高過ぎると、頭上を抜くことに成功しても、高くバウンドするために打ち返される可能性が高いからです。相手が届かないギリギリの高さが理想的です。

ロブのコースは、相手前衛のバック側に上げられればさらに安全度が高いです。


スポンサードリンク

テニスのダブルスでのロブを上げる時の意識

前述のようなロブの打ち方を練習して、プレッシャーのかかる試合でも使えるようにしましょう。しかし、それでも相手にスマッシュを打たれることがありますし、打ち損じることもあります。ここではダブルスでロブを上げる時の意識について解説します。

まず重要なことは、「ロブで必ず前衛を抜こう」と意識しないことです。必ず抜こうとすると深くてギリギリのロブを打とうとしてしまい、アウトが多くなります。ロブを上げてアウトしてしまうようでは、相手にとってこれほど助かることはありません。

したがって、ロブを上げても相手前衛がスマッシュあるいはハイボレーしてくることが高い確率であります。スマッシュにしても十分な態勢で打てなければ、それほど強烈なスマッシュは来ないことが多いです。実際に自分で打ってみれば分かりますが、サービスボックスの中央よりも前に詰めているポジションから、サービスボックスの後ろまで下がってスマッシュを打つのはかなり難しく、つなぐボールを打つことが多いです。ロブを上げても、相手が打ち返してくると考えて、次のボールに対応できるように準備しましょう。

まとめ

テニスのダブルスでのロブの有効な使い方、打ち方、打つ時の意識について解説しました。ロブは打てるようにした方が良いですが、相手のレベルが上がるほど上手く対応される可能性が高いので、注意しましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスでスライスサーブを武器にしよう!威力アップとコース

スポンサードリンク テニスの試合に出るようになると、威力のあるサービスを打てる人が羨ましくなりますね。テニススクールの初級から中級レベルでは、それほど威力の高いサービスを安定して入れられる人も少な …

テニススクールの中級でボレーを安定させるための矯正方法

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルで苦手な人が多いのがボレーです。安定したボレーが打てず、ダブルスの試合などで甘いコースに来たボールも、当たり損ねやバックアウトなどのミスで相手のポイン …

テニススクールの中級からのボレーの上達法!危険なアドバイスは?

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人は、練習時間を増やせばほぼ間違いなく上達します。しかし、いろいろな事情で簡単には練習時間を増やせないでしょう。そのため …

テニスのフットワークを鍛える方法!中級レベルからできる

スポンサードリンク テニスでは相手が打ってきたボールを追いかけて打ち返し、相手コートに入れなければなりません。トッププロの試合を見ていると、強烈なショットを打たれても、コースを読んで素早いフットワ …

片手バックハンドの打ち方!ライジングで下がらず打つ!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、片手バックハンドが苦手な人が多いようです。中級同士の試合ならば、ほとんどの場合、相手のバック側にボールを集めた方が有利に試合を進めることができま …

最近のコメント