テニス

テニススクールの上級に昇格するためのトレーニング!

投稿日:

テニスは対人競技ですので、試合に勝つためには少なくとも試合中動き回り、相手に勝てるレベルのパフォーマンスを発揮し続ける必要があります。テニススクールで週に1回テニスを楽しんでいる方々は、そのための体力が不足していることが多いです。以下にトレーニングについて紹介します。

スポンサードリンク

テニススクールの上級に昇格するためのトレーニング!

テニスの部活等に所属して、本格的に競技として取り組んできた方々は、相当量のトレーニングをして体力アップをしていると思います。ここでは上記のようにテニススクールで週に1回テニスを楽しんでいるような方々を想定して記しますので、本格的に競技として取り組んだ方々には参考にならないと思います。

私は、そもそも30歳過ぎてから仕事の関係で定期的に運動ができなくなり、さらに車通勤という状況も重なって、40歳台半ばには自分でも驚くほど体力が低下してしまいました。本当に駅の階段を上がっただけで息が切れるような体力レベルでした。

このままではいけないということで、テニススクールに入り、週に1回テニスを楽しみながら運動不足解消をしようということがそもそものテニススクールに入った目的です。駅の階段を上っただけで息が切れるレベルでしたので、始めた頃はテニススクールのレッスンが体力的にきつくて大変でした。しかし、挫折せずに続けたおかげで通常の1レッスンであれば体力的に問題ないレベルまで向上しました。

その頃には中級レベルになっていたこともあり、さらにレベルアップしたいという欲も出てきて、もう少し体力アップしようと意識し始めました。より素早く動いて、良いショットを打とうとすると、もう少し体力が必要と感じたからです。

しかし、社会人で週に1回テニススクールに通っている方々は、仕事等もあり、あまりトレーニングの時間を確保することが難しいことも多いです。そこで、できるだけ通勤などの時間を使ってトレーニングする方法などをこちらの記事「テニススクールの中級からレベルアップするために体力アップ!」に紹介しています。

実際、これらの方法を実践して体力アップしたのですが、中級レベルのテニス大会に出場してみるともうワンランク上の体力が必要と感じました。それは上級クラス昇格への道でもあります。そのため上記の方法をさらにレベルアップした方法について紹介します。

テニススクールの上級に昇格するための時間が無くてもできるトレーニング

前述の記事の方法では、通勤時にできるだけエスカレーターやエレベーターを使わずに、歩く方法を紹介しました。通勤の経路や駅構内の状況にも依りますが、これである程度の体力・脚力は手に入ります。しかし、テニス大会で複数の試合をこなしたり、動きのスピードを上げようとすると、やはりもうワンランク上のトレーニングが必要です。

もっとも簡単で余計な時間がかからない方法は、帰宅時に駅から自宅までランニングすることです。いつもならば歩く経路ですので、そこを走ったら早く帰宅できますので、余計な時間がかかるどころか時間の節約になります。

やってみると分かりますが、歩くのと走るのではトレーニングの成果が段違いです。つまり、仮に200m程度でも走ると着実に体力アップします。いきなり駅から自宅までの全経路をランニングする必要もなく、やれるだけの距離&可能なスピードでランニングすれば十分です。無理のない範囲で3日も続ければ、体力がアップしたことが分かるでしょう。徐々に強度を上げていけば、着実に体力アップします。

ただし、他の人とぶつかったり、自転車や自動車・オートバイなどには注意しましょう。また路面が滑りやすい時は転倒する危険がありますので、足下にも十分に注意してください。


スポンサードリンク

テニススクールの上級に昇格するために2レッスン連続で!

テニススクールによっては、レギュラーで所属しているレッスンクラスの他に、有料でレッスンチケットを追加購入して参加できるシステムがある場合があります。私が通っているところもそのようなシステムがあり、フルに2クラスよりは少ないのですが、ある程度の回数分チケットを買って練習時間を増やしています。

特におすすめなのは、レギュラーのレッスンクラスに連続して追加で参加する方法です。こうするとレッスン日にテニスをする時間が2倍になり、かつ連続しているので、体力がアップします。

この方法ではさすがにテニスに充てる時間が増えるのですが、週に2回テニススクールに行くケースと比較すると、増える時間は純粋にレッスン時間だけです。テニススクールに行き来する時間や着替え&準備運動の時間は増えませんので、効率が良いです。

またテニススクールでは、期ごとに練習計画が立てられ、毎回何らかの練習テーマが設定されています。同じ日に2レッスン連続で受けると、同じテーマについて2回レッスンを受けることになるので、スキルの習熟が2倍以上の速さ進んでいくように感じます。例えばバックハンドストロークの打ち方を最初のクラスで練習した後に、次のクラスでもまたバックハンドストロークの練習をするので、習得が速くなるということです。2人のコーチの教え方も微妙に異なると思いますので、どちらかが自分により合う可能性も高いです。

まとめ

テニススクールで上級に昇格するための体力アップ方法について紹介しました。体力がアップすると日常生活も快適になりますので、積極的に取り組みましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのダブルスで勝つための戦術と練習!苦手な人は必見

スポンサードリンク テニスのダブルスの試合で、スピードボールをバンバン打つ試合経験の少ない若い人が、試合経験豊富な中年ぐらいの女性にあっさり負けるということは珍しくありません。体力的には若い人の方 …

テニススクールで上級クラスに昇格するためには?

スポンサードリンク テニスは生涯楽しめるスポーツです。近所のテニススクールに入れば、週に1回など定期的にテニスができるので、多くの人がテニススクールに入ります。テニススクールには初心、初級、中級、 …

テニスの調子が悪い時に試合中にできること!中級向け!

スポンサードリンク 試合経験が少ない中級レベルの方々は、試合に出ると緊張して、普段の練習では打てているようなショットをミスしてしまい、負けてしまうことはないでしょうか?自分の実力が出し切れないで、 …

テニススクールの中級から球際に強くなる方法

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの人と上級レベルの人を比較すると、明らかにショットの安定性に差があります。上級者の方が安定したフォームで繰り返しボールを打ち、ミスショットが少ないです …

テニスのサービスは中級からはスピンとスライスを打ち分ける

スポンサードリンク テニスのゲームはサービスから始まります。サーバーは、自分で考えて、自分が有利になるようなコースに、いろいろな球種のサービスを打つことができますので、本来は圧倒的に有利です。しか …

最近のコメント