テニス

テニスのボレーで速い球への対処方法は?予測・準備が重要

投稿日:

テニスのレベルが上ってくると、相手もスピードのあるボールを打つようになってきます。ボレーの基本練習では、それほど速くない球でしっかり練習していても、スピードボールが飛んで来るとつい力が入ってフォームや打点が乱れてしまうことがあります。そもそもスピードに対応できないことも。速い球への対処方法を紹介します。

スポンサードリンク

テニスのボレーで速い球への対処方法は?

ボレストの練習中にベースラインからフラットドライブ系の速いボールを打たれた時に、しっかり面を作ってボレーできるでしょうか?まずボレストの時のボレーヤーは、サービスボックスの中央より後ろ気味で練習することが多いです。中央よりも前に詰めている時は、ボレストの練習としては前に詰め過ぎでしょう。

ボレストではストローク側が打ったボールが短時間でボレーヤーのところまで来ますので、ボレーヤーが前に詰めすぎた状況で、ボレーが短くなった時にストローカーがスピードボールを打ってくるとかなりボレーするのが難しくなります。また試合の状況を想定しても、あまりにネットに詰めているとロブで抜かれやすくなりますので、ボレーヤーがあまりに前で詰めている状況で練習する意味はあまりありません。ダブルスの並行陣の後ろ側のポジションぐらいのイメージで練習すると良いでしょう。

そのようなボレーヤーのポジションならば、ベースラインからスピードボールを打たれても、それなりに対応できるものです。ここではそれでも上手く対処できない場合の方法についてさらに解説していきます。それは結局は「ボレーの基本」に戻るということになります。

テニスのボレーで速い球に対処するには準備と予測

相手が打ってくるボールに対し、どのようなボールをどのコースに打つのかを、相手のフォームなどからできるだけ予測し、できるだけ早く準備をするということは、すべてのショットにおいて共通することです。その中で、ボレーはコートの前にいますので、相手からボールが返ってくるまでの時間が短く、それがスピードボールであればもっとも早く準備・予測しなければならないという点では間違いないでしょう。

初級・中級者は、一般にボールを打った後に次のボールに対する準備ができていないことが多いです。それはスプリットステップをできているかどうかを見ればすぐにわかります。適切にスプリットステップができている人は、おそらく上級者かあるいはそろそろ上級者の仲間入りができる人でしょう。

まずストローカーが打つ時にボレーヤーがしっかりスプリットステップをしましょう。たまに誤解している方もいますが、ボレーヤーもスプリットステップをします。そして、ボールがバック側に来るかフォア側に来るのかを素早く判断し、構えましょう。特に難しいのはボディにボールが来る時です。自分の身体のどの辺りに来たボールをバックボレーするのかフォアボレーするのかを普段から決めておき、身体の使い方を練習しておきましょう。基本的には右肩よりも左側がバックボレー、右側がフォアボレーです。どちらで打つのかを決めたら、少しでも打ちやすくなるように足を動かしてボレーをしましょう。このような意識を持ってギリギリまで身体を動かそうとすれば、1秒にも満たない時間でもかなり動けるものです。

またボレーをするためには、ボレーの軌道を予測し、ハイボレー、ミドルボレー、ローボレー、ハーフボレーのどれを選択するのかを判断しなければなりません。スピードボールの場合は、比較的回転量が少なく、軌道が判断しやすいことが多いです。スピードがあるので、ハーフボレーになることも少なく、面を作ってしっかりインパクトすれば打ち返せることがほとんどです。しかし、スピードがあるので、フラットな面で押すようにインパクトすると、バックアウトしてしまうことが多いです。インパクトよりも少し上にセットし、インパクトで少し上からラケットを入れて抑え込むように打つことがポイントです。


スポンサードリンク

テニスのボレーで速い球に対処するには正しい姿勢

前述のようなポイントに注意してボレーをしようとしても、ボレーのコースを上手くコントロールできないことがあります。そんな時にチェックしておきたいのがボレーをする時の姿勢です。スピードボールに慣れていないと、速い球が来たことに対し、反射的に身体に余計な力が入り、バランスが崩れてしまうことがあります。

身体から遠くてラケットがギリギリ届くようなボールに対しては体勢がが崩れてしまってもやむを得ないのですが、ボディに来たボールやハイボレーなどでは身体が伸び切ってしまい、ラケット面を上手くコントロールできなくなってしまうことがあります。怖がらず、自分の打点で打てるように姿勢を正しく保ちましょう。

意識としては、重心が上になり過ぎないように、少し重心を落とすぐらいが良いでしょう。ハイボレーが上手な人も、ラケットは高い所へセットしますが、身体が上に伸び切らないように注意しています。身体が伸び切ってしまうと力が入らなくなってしまうからです。

ボレーは体幹を傾けず、正しい姿勢で、重心を落として打つことがポイントです。

まとめ

速い球をボレーする時の対処方法について紹介しました。正しいフォームでボレーをすることも大切ですが、素早い反応が要求されますので、事前に動き方を決めておき、意識を集中して予測・準備し、リズムよく動くことが重要です。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールの中級からの高い打点のフォアハンドストローク

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人でも、習得すべきテクニック、戦略・戦術、試合経験を積み重ねていけば着実にレベルアップできます。限られた練習時間で上達す …

熱中症はテニスの時にも要注意!調子が悪いのは熱中症かも?

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で、屋外の直射日光が当たる場所に長時間いると、熱中症になるリスクが非常に高く、対策が必要です。しかし、屋内に居ても熱中症になるリスクはありますし、体力に自信がある …

テニススクールで上達しない人のための上達方法は?

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている初級から中級レベルの人で、何年もレッスンを受けているのにあまり上達しないと悩んでいる方は少なくありません。このブログでは、テニススク …

テニススクールの中級が上達するためには伸びしろ知る!

スポンサードリンク 週に1回のテニススクールのレッスンを受ける中級レベルの人は、もっともっと上達できます。しかし、限られた練習時間で早くレベルアップするためには工夫が必要です。このブログでも具体的 …

テニスのスライスを極めよう!バックとフォアハンド!

スポンサードリンク ウインブルドンの錦織圭選手と大坂なおみ選手の試合がテレビで放送されていました。トッププロはエースが獲れる強力なショットを持っていますが、それだけでは勝てません。スライスを上手く …

最近のコメント