熱中症対策で夜エアコンを使うだけでは不十分?車内でも?

熱中症

熱中症は炎天下の屋外だけでなく、屋内に居てもなってしまうことがあります。熱中症の症状が重くなると自力では動けなくなることもありますので、熱中症の初期段階で気がつくようにしましょう。

熱中症を予防するためにはエアコンの活用が効果的ですが、注意したいのはエアコンを使っていても熱中症になることがあるということ。水分・塩分・ミネラルの補給も大切です。以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼熱中症についてはこちら▼▼
熱中症の症状・対処方法・予防方法のガイド

熱中症予防にエアコンを活用しましょう!

冷房の無い炎天下の屋外で仕事に従事する方々は、最大限の熱中症対策を取る必要があります。特に休憩時間を設けて、涼しい場所で身体を休めることが極めて重要です。屋内の場合も、室温が高くなるような場所は危険で、適宜、冷房を使って室温を下げるようにする必要があります。

このように熱中症の危険性が広く報道されるようになっても、冷房を使いたがらない方々がある程度の割合でいらっしゃるようです。経済的な理由で冷房を使わない場合、冷房の風が苦手で使わない場合などがあるようですが、気温が30℃以上になるような日は、屋内に居ても冷房を使用しないと熱中症になる可能性が高くなります。

また気温が高い日が続くと、地表面や建物も暖められていますので、夜間も気温が下がりにくくなり、熱帯夜になる可能性が高くなります。そうなると就寝中に熱中症になってしまうことがあります。

気温が高くなる地域では、冷房(エアコン)を適切に使用して熱中症を予防することが基本と考えましょう。

意外なのは、エアコンを使っているのに熱中症になる人がいるということ。これはどうしてなのでしょうか?エアコンを使用して屋内で就寝中の事例と、エアコンを使用している自動車の中での事例についてそれぞれ見ていきましょう。

熱中症対策で夜エアコンを使うだけでは不十分?

屋内でエアコンを使っていても熱中症になる事例は、就寝中などに多いです。エアコンの冷房の風が嫌いでエアコンを使いたがらない人も多いのですが、それでも熱中症の危険性を認識して使う人もいます。そのような方々は、基本的には高めの設定温度にすることもあります。

まずありがちな事例は、エアコンを使っていても、基本的には設定温度が高く、部屋の温度が高い場合です。この状況では、就寝中にどんどん汗をかいて身体の水分が失われ、気がついた時には熱中症になっていることがあります。

もう1つは、エアコンの設定温度は適正であっても、部屋の湿度が高い場合です。湿度が高いと、汗をかいても蒸発しにくくなり、汗による冷却機能が十分に発揮されません。そうすると体温が上がり、ますます汗をかいて脱水症状になり、熱中症になるというものです。

快適に過ごせるかどうかは、温度と湿度によります。これらが適正な状況であるのかどうかを確認できるように、温湿度計を部屋に置いた方が良いでしょう。そしてエアコンの除湿モードも適宜利用しましょう。

いずれにしても水分と塩分の補給が大切です。子供や高齢者は、水分を蓄えられる筋肉の量が少ないので、特に注意が必要です。


スポンサードリンク

熱中症はエアコンで車内温度を下げてもなる?

猛暑の夏は、帰省や旅行シーズンでもあります。自動車に乗って、長時間移動する人も多くなります。最近の自動車のほとんどにはエアコンが装備されていますので、冷房が効いた車内で過ごすことになるのですが、それでも熱中症になってしまうことがあります。

自動車のエアコンでは、外気導入モードでは外気を冷やして車内へ送り、内気循環モードでは車内の空気を循環させて冷やします。いずれの場合も空気を冷やす段階で水分が失われて、湿度の低い空気になります。つまり、車内は乾燥しやすいわけです。

低湿度の乾燥した車内では、汗をかいてもすぐに蒸発します。そのためどんどん身体から水分が失われていきます。

また帰省や長距離のドライブでは、渋滞にハマってしまうこともあるため、多くの人がトイレが近くならないように水分の摂取を控える傾向があります。その結果、脱水症状になり、汗が出にくくなって、体温調節が上手くできずに熱中症になる事例があります。

ドライブでは適宜休憩を取り、水分・塩分・ミネラルも熱中症予防のために摂取しましょう。

まとめ

熱中症予防にエアコンの使用は必要ですが、エアコンを使いさえすれば熱中症が予防できるとは限りません。水分や塩分をしっかり摂取しましょう。また体力が低下していると熱中症になりやすいので、睡眠・休養・栄養は十分にとりましょう。

▼▼熱中症についてはこちら▼▼
熱中症の症状・対処方法・予防方法のガイド

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました