テニス

テニスのサービスの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!

投稿日:

テニスの試合の各ポイントはサービスから始まります。トッププロの試合を見ていても、威力のあるサービスを打てれば有利に試合を進められることがわかります。中級レベルでも、サービスのレベルアップをすれば、試合の勝率がアップするでしょう。サービスの打ち方について以下にまとめました。サービスが苦手の方は必見です。

スポンサードリンク

テニスのサービスは中級からはスピンとスライスを打ち分ける

テニスのサービスの打ち方と言っても、レベルによって目指すところが異なります。初級レベルの場合は、とにかくサービスを入れることが最優先ですので、フラット気味で山なりのゆっくりしたサービスから練習するでしょう。しかし、さらにサービスの威力を上げようとすると、回転をかけた打ち方をすべきで、中級からはスピンサーブとスライスサーブを練習することになるでしょう。最初はどちらか一方だけでも良いですが、さらに上を目指すのであれば、スライスサーブとスピンサーブを打ち分けるようになりましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニスのサービスは中級からはスピンとスライスを打ち分ける

テニスでサービスエースを獲りたい!中級からの上達法は?

テニスのサービスをレベルアップするには、まずグリップ、スイング、トスを確認しましょう。グリップは基本はコンチネンタルグリップで、人によってはもっと薄いグリップにする場合もあります。厚いグリップでは回転がかけられませんので、上達が止まってしまうでしょう。スイングもボールが飛ぶ方向とスイング方向が異なりますので、正しいスイングを頭と身体にインプットする必要があります。このスイング軌道で打てるように、トスを上げる必要があります。次にサーブのコースを、相手のフォア、バック、ボディの3つのコースに打ち分けられるようにしましょう。特にバック側に高く跳ねるスピンサーブと、フォア側に切れていくスライスサーブは有効です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニスでサービスエースを獲りたい!中級からの上達法は?


スポンサードリンク

テニスのサービスでダブルフォルトを減らす方法!

トッププロの試合を見ていると、サービスキープが続き、どちらかが相手のサービスゲームをブレイクすると勝負が決まることが多いです。つまり、本来はサーバーが有利なはずなのですが、中級レベルではダブルフォルトを連発したり、ダブルフォルトを恐れて非常に弱いサービスを入れてリターンエースされたりするなど、リターン側の方が優勢な状況をよく見かけます。まずはダブルフォルトを減らす方法を習得しましょう。それは技術的なことと、メンタルなことがあります。技術的には、しっかり回転をかけることが重要です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニスのサービスでダブルフォルトを減らす方法!

テニスの中級からスピンサーブの威力を高める!スイングとトス!

テニスコートのベースラインから相手のサービスボックスまでの距離、ネットの高さ、日本人の平均的な身長と打点の高さを考えると、ボールに縦回転をかけないと、サービスのスピードをある程度以上上げることは難しいことは物理的に明らかです。実際、トッププロのサービスを見ても、縦回転をかけて打っていることがわかります、もっとも縦回転をかけるサービスとして、スピンサーブは習得したいサービスです。スピンサーブを打つためのグリップ、スイング、トスの位置を確認し、精度よくその場所にトスを上げ、同じフォームで打てるようにしましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニスの中級からスピンサーブの威力を高める!スイングとトス!

スピンサーブを安定させるにはトスの練習をしよう!

スライスサービスをある程度打てるようになった中級レベルの人でも、スピンサーブが上手く打てないことがあります。その理由はいくつかあります。1つは、スピンサーブを打つ時の正しいインパクトの位置(打点)が十分に理解できていないことです。スライスサーブに比べると、かなり打点が後ろになりますので、まずはゆっくりしたスイングで打ってみて、スピンサーブに適した打点がどこなのかを確認しましょう。打点が確認できたら、そこに精度良くトスを上げる技術を磨きましょう。ボールの握り方、腕の上げ方、リリースポイントを確認し、狙ったところにトスを上げることが大切です。狙ったところからトスがずれた場合は、どちらへずれたのか?なぜずれたのかを考え、修正することが必要です。それにより精度が上がるでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:スピンサーブを安定させるにはトスの練習をしよう!

テニスでスライスサーブを武器にしよう!威力アップとコース

テニススクールの中級レベルの人でも、とりあえずスライスサーブは打てるという人は多いです。しかし、さらに上を目指すには、スライスサーブを武器にできるレベルまで威力を高める必要があるでしょう。そのためにはまずプロネーションをしっかり使ってヘッドスピードを上げ、スピードと回転量をアップさせましょう。ボールのインパクトの厚みの調整で、回転量とスピードがどのように変わるのか試してみましょう。同じスライスサーブでも、この厚みの調整でバリエーションを増やすことができます。フェデラーも、相手のタイミングを外すため、意図的にスピードを抑えたサービスを打ちますので、このような調整によるバリエーションは意味があります。またインパクトによって、ボールが飛ぶ方向も変わりますので、同じような打点からコースを打ち分ける練習にもなりますので、試してみましょう。詳しくは以下の記事に紹介しています。

記事:テニスでスライスサーブを武器にしよう!威力アップとコース

テニスのサービスの上達方法を伝授!レベルアップするために!

「自分のサービスは威力がないし、練習しても上手くならない・・・」と諦めている人は少なくないようです。しかし、あの錦織圭選手でさえ、2019年の試合を見ているとサービス力が前年よりも向上していることがわかりました。錦織圭選手がこれまでにどれだけテニスの練習をしてきたのかを考えると、衝撃的な出来事でもあります。それに比べればほとんどの人は、圧倒的に練習量が少なく、技術の完成度も低いので「伸びしろ一杯」と考えて間違いありません。まず「練習すればまだ上手くなる!」と信じることが大切です。サービスの上達方法の基本方針は「セカンドサービスの強化」です。これは「セカンドサービスに相当するサービス」をファーストサービスでも打つことを意味しています。ファーストサービスとセカンドサービスで大きく打ち方を変えず、確率を上げながらサービスの威力を向上させましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニスのサービスの上達方法を伝授!レベルアップするために!

テニススクールの中級からサービスをスピードアップする方法

中級レベルの人は、さらに上を目指すためにはサービスのスピードアップに取り組む必要があるでしょう。そうは言っても、トッププロのような200km/hレベルのサービスを打とうとするのは、一般のアマチュアにとっては無理があり過ぎます。テニススクールで週に1回レッスンを受けているような上級者でも、速いサービスのスピードは120km/h程度ではないかと思います。体感としては、100km/hオーバーのサービスにもそれほど遭遇しません。このぐらいのスピードをとりあえず目標として練習すれば良いでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニススクールの中級からサービスをスピードアップする方法

まとめ

テニスのサービスの打ち方についてまとめました。一般のアマチュアであれば、練習すればもっともっと上達するはずです。上を目指して練習しましょう!

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスの片手バックハンドのコツは?初級から中級向け!

スポンサードリンク テニスのトッププロでは、一時期、ジョコビッチが圧倒的な強さを誇り、フェデラーが勝てなくなった時期に、「片手バックハンドではもう勝てない!」と言ったイメージが広がったことがありま …

テニススクールの中級が上達するためには伸びしろ知る!

スポンサードリンク 週に1回のテニススクールのレッスンを受ける中級レベルの人は、もっともっと上達できます。しかし、限られた練習時間で早くレベルアップするためには工夫が必要です。このブログでも具体的 …

テニスのシングルスで勝つためには前へのフットワークを練習!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人でも、試合で勝つために必要なことを地道に練習して習得していけば、着実に上達し、強くなれるはずです。案外見落とされること …

テニスの球出しが下手!コツは?最後の手段もあります!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、球出しが苦手という人は案外多いです。苦手意識のない人でも球出しが上手いかと言うと必ずしもそうではなく、相手が打ちやすい場所へ安定してボールを出せ …

テニスの試合で勝つために相手を翻弄する!球種を混ぜる!

スポンサードリンク テニスの中級レベルになると少しずつ試合に出場する機会が増えてくるでしょう。最初は緊張して思ったように身体が動かないうちに負けてしまうこともあります。そして少しずつ経験を積むと、 …

最近のコメント