扁平足とは?改善するにはインソールを使う?問題は?

ライフ

歩くと疲れやすく、足の裏の土踏まず付近の筋肉や踵(かかと)が痛くなりやすい方は、もしかしたら扁平足になっていませんか?足のトラブルは案外気が付きにくく、知らないうちに症状が悪化してしまうことがあります。まずは自分の足をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼足がつる・疲れる・靴によるトラブルなどの情報はこちら▼▼
足がつる・疲れる原因は?靴によるトラブルは?

扁平足とは?

人間の足の裏は、アーチが形成されていて、素足で床に立った状態で土踏まず部分が床から少し浮いています。このアーチが崩れ、土踏まず部分が床についてしまうのが扁平足です。

実は、人間は生まれてから幼児の頃までは扁平足です。たくさん歩くようになり、成長とともにアーチが形成されていきます。しかし、成長とともに十分にアーチが形成されないタイプの扁平足もありますが、以下で紹介するのは、成長とともにアーチが形成されたにもかかわらず、アーチが崩れてしまった場合の扁平足についてです。

運動不足や体重の増加によってアーチが崩れて扁平足になってしまうケースがあります。またふくらはぎが硬くなると、脛が前に倒れる方向に足首が曲げられる際にアーチを潰すように力がかかります。したがって、歩く・走る際に繰り返しアーチを潰すような状況となり、扁平足になる可能性が高くなります。

扁平足であるかどうかは、足型測定をすることで確認できます。スポーツシューズを購入する機会があれば、ゼビオなどで足型測定をしてもらえます。

扁平足は問題なのか?

扁平足になると問題なのでしょうか?扁平足であったからと言って、著しい障害が発生するわけではありません。しかし、扁平足ではアーチが崩れてしまっているので、歩く時や走る時などに足にかかる衝撃をアーチ部分で吸収・緩和できず、負担が大きくなります。その結果、歩行や運動などにより疲れやすくなります。

またアーチが潰れているために、足首が内側に傾きやすくなります。その結果、片足でバランスが取りにくくなったり、つま先立ちも難しくなったりします。このような状態が続くと、腰痛や膝痛の原因になります。

以上のことから、扁平足であることが著しい障害につながるというほどではないのですが、いくつかの不調の原因になることがありますので、改善する方が望ましいでしょう。


スポンサードリンク

扁平足を改善するには?

扁平足を改善するためのもっとも簡単で効果がすぐに得られる方法は、インソールの使用です。もっとも望ましいのは、理学療法士に自分の足に合うようにインソールをオーダーメイドで作っていただく方法です。これは専門家が足を診て、オーダーメイドするわけですから、最高の改善方法です。

しかし、そこまでではなくても、市販のアーチをサポートしてくれるインソールを使っても良いでしょう。インソールは、土踏まず部分にアーチができるように挿入し、足を支えますので、原理的にも足が地面につく時の状態を矯正できるのは理解しやすいです。

また足の筋肉を鍛えると、根本的に扁平足を改善できます。床の上にタオルを置いて、その上に足を置き、足の指でタオルをつかむ運動などが推奨されています。

前述のようにふくらはぎが固くなることが、アーチを潰してしまう原因にもなりますので、ストレッチをしてふくらはぎ・アキレス腱を伸ばして柔軟にすると良いでしょう。扁平足で足の裏の土踏まずが痛くなる人は、足の裏を伸ばし、マッサージをすると痛みが和らぎます。それでも痛みがとれず、悪化してしまった場合は、整形外科等で診察を受けることをおすすめします。

まとめ

扁平足とその問題点および改善方法について紹介しました。自分の足の状態を把握し、早めに対策をすると良いでしょう。

▼▼足がつる・疲れる・靴によるトラブルなどの情報はこちら▼▼
足がつる・疲れる原因は?靴によるトラブルは?

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました