テニス

テニス上級者への道!試合・練習中の意識が重要!何を考えるべき?

投稿日:

テニスの中級者で、「練習していても上級者になれない・・・」と悩んでいる人は多いです。サービス、ストローク、ボレーなどのテクニックを習得する練習をする必要はあるのですが、それだけでは上級者になるのは難しいです。普段、試合・練習中に何に意識を集中させているでしょうか?実はそんなところにも中級者と上級者の違いがあります。以下に紹介します。

スポンサードリンク

テニス上級者への道!試合・練習中の意識が重要!

中級者が上級者になるためには、とりあえず一通りのテニスのショットが打てるようになる必要があります。例えば、中級者ではドライブ系のフォアハンドストロークを打つ人が多いですが、テニススクールではもっと回転量の多いスピン系のフォアハンドストロークを練習します。さらに回転量のコントロールも必要です。バックハンドストロークであれば、スライス、スピンを打ち分けられるように練習します。これらももちろん奥が深いのですが、まずは打てるようになることが必要です。打てるようになれば、後は練習を続ければ熟練してきますので。ボレーやサービスについても同様です。

一つ一つのショットを練習し、試合中は意識しなくても自然に打てるようになれば理想的です。そのような境地に到達することは難しくても、それぞれのショットの打ち方に向ける意識を下げていくことが必要です。

人間の脳は一度に2つ以上のことを考えられないですし、2つの異なる感情も持つことができないようにできています。わかりやすい例では、ものすごく嬉しいという感情と、ものすごく悲しいという感情を同時に持つことはできません。「嬉しくもあり、悲しくもある」というような事があるとすると、それはそれぞれ短時間で順番にそのような感情を抱いているということです。決して同時ではありません。何かを考えるということも同様で、一度に2つのことを考えて処理しているように見えても、それは短時間で逐次的に処理しているということでしょう。

このことはテニスにおいて非常に重要です。中級者であれば、「上手くなりたい」と考えているショットがあって、練習の時にそのショットの打ち方に意識が集中し過ぎてしまっていることがよくあります。試合でも、自分が苦手なショットの打ち方に意識が集中してしまうことがあります。例えばサービスの調子が悪く、フォルトが増えてしまうと、サービスを上手く打つことのみに意識が集中してしまうことが多いわけです。そうすると他のことに意識が行かず、仮にサービスが上手く入っても、リターンに反応できなくなってしまうことがよくあるわけです。

どうすれば良いのでしょうか?

テニス上級者への道!試合・練習中に意識すべきこと

中級者ではできていない人が多く、上級者ならば必ずできていることと言えば、例えば以下のようなことです。

1.スプリットステップ
2.素早いテイクバック
3.素早いフットワークとポジショニング

これらができていない人ができるようになるためには、まず意識して練習しなければなりません。相手の打つ動作を見ながら、タイミングを合わせてスプリットステップができるように意識をするべきです。そして振り遅れないように、相手の打ったボールが自分のフォア側に来るのかバック側に来るのかを素早く判断し、素早くテイクバックできるように意識するべきです。さらに相手の打ったボールを追いかけるだけでなく、自分が打った後に、コートをカバーできるように素早くフットワーク使い、適切なポジションへ移動する必要があります。

最初に飛んで来たボールを必死に追いかけて打つことは中級者でも必ずやることなのですが、打った後に次のボールに備えて適切なポジションに移動し、スプリットステップをして、次のボールに合わせて素早くテイクバックをすることができず、ラリーが続かないことが多いです。テニスとは対人競技なので、このラリーの応酬ができなければ上級者にはなれないのです。

さらに言えば、前述の1〜3は、練習を重ねて、それほど意識しなくてもできるようにならなければ強くなれません。上級者ならば、スプリットステップすることが習慣化されていますので、ほとんど意識せずとも身体が動いているものです。テイクバックやポジショニングも同様です。いきなりは無理ですが、何度も練習し、フォーメーション・ポジショニングも理解し、できるようになりましょう。

本当に意識を集中すべきこととは、相手の動きと、自分が狙うべきコース、ショットセレクションです。相手の動きを見て、次にどこへどのようなショットでボールを打つのか、できるだけ早く見抜かなければなりません。自分が打つ時にも相手の動きを見ながら逆をつく、ボディを狙うなどの判断をしなければなりません。試合となれば、1つのポイントだけでなく、試合全体を通した駆け引き・作戦というところまで発展することがあり、それがトッププロの試合を見る時の醍醐味でもあります。

上級者へなり、さらに強くなるためには、そのようなもっとも重要なことに意識を集中できるように、練習を積んでいきましょう。


スポンサードリンク

テニス上級者への道!相手の弱点を探す

テニスの試合では、必ずしも自分がナイスショットを打てばポイントがとれるわけではありません。例えばそこそこのスピードのスライスサーブがフォア側に来るよりも、遅いスピンサーブが高くバウンドしてバック側に来る方が、打ち込むことは難しいものです。人間の眼は左右の動きよりも上下の動きの方が追うのが難しく、テニスでボールを打つ時も遅くても高いバウンドのボールの方が一般的には打ち難いものです。

ボールスピードも普段よく練習しているスピードのは打ちやすく、人によって慣れているスピードが違うものです。ナイスショットよりも、あたり損ねの遅いボールの方が打ち難いこともよくあります。また一本調子でナイスショットを打ち続けるよりも、緩急と球種を混ぜて打たれた方が対応が難しいです。

人間は誰でも得手不得手があり、例えば強烈なフォアハンドを打つ人が、バックハンドは非常に弱いなどということはよくあります。そうなるとナイスショットをフォア側に打ち込むよりは、バック側に緩くてもボールを集める方が勝てる可能性が高くなるでしょう。

要するに自分が打つショットに意識を向け過ぎず、相手をよく観察して弱点を見つけることが、試合で勝つもっとも有効な方法です。自分よりもテクニック的に上の相手でも、相手の苦手なところにボールを集められれば勝てる可能性が高くなるわけですが、中級者の試合では自分が良いショットを打つことに意識が集中し、無理し過ぎて自滅するケースをよく見ます。戦う相手はネットの向こう側にいる相手であり、相手をよく観察することが大切なのです。

中級者から上級者を目指すレベルならば、プロのようなレベルの相手と試合をすることはまず無いでしょう。必ず弱点がありますし、使えるショットも限られており、攻撃にもパターンがあります。いろいろなところにいろいろなショットを打ってみて、それぞれにどのように相手が対応するのかよく観察しましょう。そして、有効なショット・コースを選択していけば有利に試合を進められるでしょう。すべてを自分の100%のナイスショットを打つ必要はありません。

まとめ

テニス上級者になるための練習・試合中の意識について紹介しました。テニスはやればやるほど対人競技であることを痛感します。相手のチャンスボールになっても相手がミスをすることはありますし、自分の調子が良くても勝てず、調子が悪いのに勝ってしまうこともあります。何に意識を集中すべきなのかを考えましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

GODAI港北テニススクールのおすすめの楽しみ方!

スポンサードリンク GODAIテニススクールの中で横浜市都筑区の港北みなもの中にあるのが、GODAI港北テニススクールです。私はここに入会してテニスのレッスンを受け始めてから5年経ちました。それな …

テニスでスライスサーブを武器にしよう!威力アップとコース

スポンサードリンク テニスの試合に出るようになると、威力のあるサービスを打てる人が羨ましくなりますね。テニススクールの初級から中級レベルでは、それほど威力の高いサービスを安定して入れられる人も少な …

テニスのシングルスで勝つために回り込んでフォアを打つ!

スポンサードリンク テニススクールで週に1回レッスンを受けている方は、シングルスの試合に出場するようになると、実際の試合ではどのようなショットが有効で、練習すべきであるのかを実感できるでしょう。で …

テニスのシングルスで勝つためには前へのフットワークを練習!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人でも、試合で勝つために必要なことを地道に練習して習得していけば、着実に上達し、強くなれるはずです。案外見落とされること …

テニスのストロークを安定させるには?中級からの必須技術

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルのクラスでは、フォアハンドストロークとバックハンドストロークのトップスピンやスライスの打ち方を練習し、レベルアップして上級を目指します。フラットドライ …

最近のコメント