テニス上級者への道!試合・練習中の意識が重要!何を考えるべき?

テニス

テニスの中級者で、「練習していても上級者になれない・・・」と悩んでいる人は多いです。サービス、ストローク、ボレーなどのテクニックを習得する練習をする必要はあるのですが、それだけでは上級者になるのは難しいです。普段、試合・練習中に何に意識を集中させているでしょうか?実はそんなところにも中級者と上級者の違いがあります。以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼テニスの上級者になるために必要なことについてはこちら▼▼
テニス上級者への道!強くなるにはこれが大切!

テニス上級者への道!試合・練習中の意識が重要!

中級者が上級者になるためには、とりあえず一通りのテニスのショットが打てるようになる必要があります。例えば、中級者ではドライブ系のフォアハンドストロークを打つ人が多いですが、テニススクールではもっと回転量の多いスピン系のフォアハンドストロークを練習します。さらに回転量のコントロールも必要です。バックハンドストロークであれば、スライス、スピンを打ち分けられるように練習します。これらももちろん奥が深いのですが、まずは打てるようになることが必要です。打てるようになれば、後は練習を続ければ熟練してきますので。ボレーやサービスについても同様です。

一つ一つのショットを練習し、試合中は意識しなくても自然に打てるようになれば理想的です。そのような境地に到達することは難しくても、それぞれのショットの打ち方に向ける意識を下げていくことが必要です。

人間の脳は一度に2つ以上のことを考えられないですし、2つの異なる感情も持つことができないようにできています。わかりやすい例では、ものすごく嬉しいという感情と、ものすごく悲しいという感情を同時に持つことはできません。「嬉しくもあり、悲しくもある」というような事があるとすると、それはそれぞれ短時間で順番にそのような感情を抱いているということです。決して同時ではありません。何かを考えるということも同様で、一度に2つのことを考えて処理しているように見えても、それは短時間で逐次的に処理しているということでしょう。

このことはテニスにおいて非常に重要です。中級者であれば、「上手くなりたい」と考えているショットがあって、練習の時にそのショットの打ち方に意識が集中し過ぎてしまっていることがよくあります。試合でも、自分が苦手なショットの打ち方に意識が集中してしまうことがあります。例えばサービスの調子が悪く、フォルトが増えてしまうと、サービスを上手く打つことのみに意識が集中してしまうことが多いわけです。そうすると他のことに意識が行かず、仮にサービスが上手く入っても、リターンに反応できなくなってしまうことがよくあるわけです。

どうすれば良いのでしょうか?

テニス上級者への道!試合・練習中に意識すべきこと

中級者ではできていない人が多く、上級者ならば必ずできていることと言えば、例えば以下のようなことです。

1.スプリットステップ
2.素早いテイクバック
3.素早いフットワークとポジショニング

これらができていない人ができるようになるためには、まず意識して練習しなければなりません。相手の打つ動作を見ながら、タイミングを合わせてスプリットステップができるように意識をするべきです。そして振り遅れないように、相手の打ったボールが自分のフォア側に来るのかバック側に来るのかを素早く判断し、素早くテイクバックできるように意識するべきです。さらに相手の打ったボールを追いかけるだけでなく、自分が打った後に、コートをカバーできるように素早くフットワーク使い、適切なポジションへ移動する必要があります。

最初に飛んで来たボールを必死に追いかけて打つことは中級者でも必ずやることなのですが、打った後に次のボールに備えて適切なポジションに移動し、スプリットステップをして、次のボールに合わせて素早くテイクバックをすることができず、ラリーが続かないことが多いです。テニスとは対人競技なので、このラリーの応酬ができなければ上級者にはなれないのです。

さらに言えば、前述の1〜3は、練習を重ねて、それほど意識しなくてもできるようにならなければ強くなれません。上級者ならば、スプリットステップすることが習慣化されていますので、ほとんど意識せずとも身体が動いているものです。テイクバックやポジショニングも同様です。いきなりは無理ですが、何度も練習し、フォーメーション・ポジショニングも理解し、できるようになりましょう。

本当に意識を集中すべきこととは、相手の動きと、自分が狙うべきコース、ショットセレクションです。相手の動きを見て、次にどこへどのようなショットでボールを打つのか、できるだけ早く見抜かなければなりません。自分が打つ時にも相手の動きを見ながら逆をつく、ボディを狙うなどの判断をしなければなりません。試合となれば、1つのポイントだけでなく、試合全体を通した駆け引き・作戦というところまで発展することがあり、それがトッププロの試合を見る時の醍醐味でもあります。

上級者へなり、さらに強くなるためには、そのようなもっとも重要なことに意識を集中できるように、練習を積んでいきましょう。

関連記事:テニスの上級者は必ずスプリットステップして軌道を予測する


スポンサードリンク

テニス上級者への道!相手の弱点を探す

テニスの試合では、必ずしも自分がナイスショットを打てばポイントがとれるわけではありません。例えばそこそこのスピードのスライスサーブがフォア側に来るよりも、遅いスピンサーブが高くバウンドしてバック側に来る方が、打ち込むことは難しいものです。人間の眼は左右の動きよりも上下の動きの方が追うのが難しく、テニスでボールを打つ時も遅くても高いバウンドのボールの方が一般的には打ち難いものです。

ボールスピードも普段よく練習しているスピードのは打ちやすく、人によって慣れているスピードが違うものです。ナイスショットよりも、あたり損ねの遅いボールの方が打ち難いこともよくあります。また一本調子でナイスショットを打ち続けるよりも、緩急と球種を混ぜて打たれた方が対応が難しいです。

人間は誰でも得手不得手があり、例えば強烈なフォアハンドを打つ人が、バックハンドは非常に弱いなどということはよくあります。そうなるとナイスショットをフォア側に打ち込むよりは、バック側に緩くてもボールを集める方が勝てる可能性が高くなるでしょう。

要するに自分が打つショットに意識を向け過ぎず、相手をよく観察して弱点を見つけることが、試合で勝つもっとも有効な方法です。自分よりもテクニック的に上の相手でも、相手の苦手なところにボールを集められれば勝てる可能性が高くなるわけですが、中級者の試合では自分が良いショットを打つことに意識が集中し、無理し過ぎて自滅するケースをよく見ます。戦う相手はネットの向こう側にいる相手であり、相手をよく観察することが大切なのです。

中級者から上級者を目指すレベルならば、プロのようなレベルの相手と試合をすることはまず無いでしょう。必ず弱点がありますし、使えるショットも限られており、攻撃にもパターンがあります。いろいろなところにいろいろなショットを打ってみて、それぞれにどのように相手が対応するのかよく観察しましょう。そして、有効なショット・コースを選択していけば有利に試合を進められるでしょう。すべてを自分の100%のナイスショットを打つ必要はありません。

テニスの中級者が上達するにはいろいろな人と練習・試合をすべし!

週に1回テニススクールでレッスンを受けている人は、何年もやっていると自分と同じクラスの人のテニスに慣れてくるでしょう。これは振替などで他のコーチのクラスに参加したりすると、同じテニススクールで同じようなレッスンメニューであっても、案外違うテニスをしていることを体感すると分かるようになるかもしれません。

初級から中級に上がった頃の男性の場合、ナイスショットを打とうと力んでハードショットが多くなる人もいます。その場合はネットやアウトが多くなるので、コーチはスピードを落として、丁寧にコースを狙って打つように指導することが多いです。あまりにネットやアウトが多いとグループでの練習にならないからです。しかし、スピードについてはコーチの許容範囲の幅もありますし、スクール生の好みもありますので比較的平均球速が速いクラスと、平均球速が遅めで丁寧に打つクラスがあったりします。通常は、自分がレギュラーで所属しているクラスのテニスに慣れていますので、他のクラスに行くと適応するのに少々時間がかかることが多いです。

自分と同じレベルではなく、上のレベルの人と練習や試合をすると、さらに驚くことが多いです。平均球速は速いですし、スピンやスライスの回転数も高いので、球筋が違います。あまりにいつも自分が打っている相手の球筋と異なると、最初はまともに打てないこともあります。これは非常に良い経験になります。同じテニスでも、レベルが高くなるとこれだけボールのスピードと質が違うということは、体験してみるのがもっともわかりやすいです。まずはそのような情報を経験を通じて頭と身体にインプットするようにしましょう。

また試合をするとわかりますが、レベルが高くなるほど戦略や戦術を考えてボールを打ってきます。さらにその状況に応じたショットを選択してきます。これは非常に勉強になります。最初はやられ放題でボコボコに負けると思いますが、どのようにボールを打ち、展開するとポイントを取れるのかを身を持って体験し、次に自分がそれをできるように練習しましょう。このようにいろいろな人と練習・試合することがレベルアップには非常に有意義です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスの中級者が上達するにはいろいろな人と練習・試合をすべし!

テニスの試合で勝つために相手を翻弄する!

中級から上級を目指そうというレベルの人は、ナイスショットを打とうとしてハードショットばかり練習する人もいます。ポイントを取るイメージが、ナイスショットで決めるイメージしか無いのかもしれません。テニスの試合に勝つためには、相手を翻弄するということも考えた方が良いでしょう。単調にスピードボールだけを打っていれば勝てるというものでもありません。

テニススクールではボレストの練習をすることが多いですが、ストローカーがドライブ系のスピードボールだけでなく、スピンやスライスを混ぜるとかなりボレーしにくくなることを経験したことがある人は多いでしょう。自分がストロークを打つ立場になったら、意図的に球種を混ぜて試してみましょう。特にハーフボレーで対処しなければならないような短いボールと、スーと伸びてくるようなスライスが混ざると非常に打ちにくいです。ボレストのように、ボレーヤーのところへ打つことが分かっている場合でもこれだけ難しいわけですので、コート全面を使っていろいろなショットを駆使すれば非常に有効であることは容易に理解できるでしょう。

そのためにはコースを狙い、展開を考えてボールを打ちましょう。相手を動かし、オープンコートを作ってそこへ打っていくようになれば格段にレベルアップします。その次は、相手の動きを見て逆をつく展開も試してみましょう。このようにコースと展開、さらには球種を駆使すれば相手を翻弄することができるようになります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスの試合で勝つために相手を翻弄する!球種を混ぜる!

テニスの試合で遅いボールを活用する!速いボールだけでは危険!

テニスは対人競技です。美しいフォームでナイスショットを決めることを競うスポーツではなく、お互いに相手コートにボールを打ち合って、ポイントを獲っていくスポーツです。練習だけしていて、試合をする機会が少ないと、このような根本的なことを忘れてしまいがちです。その結果、どのようなショットが試合で有効であるのかを考えなくなってしまうことがあります。

よくあるのが、練習で常に全力でボールを打つことです。チャンスボールを打ち込む練習のように、ある程度ハードショットすることもあるのですが、それでも全力で打つ必要はありません。ある程度の余力を残しながら、自分でボールをコントロールできる範囲の強さで打つことが大切です。

実際の試合ですべてのボールを全力で打つとどのようなデメリットがあるのでしょうか?試合ではお互いにポイントを獲りあいますので、余力を残さずに全力で打ち込んだ方が勝てるような気もするかもしれません。しかし、少なくとも以下のようなデメリットがあります。

1.スピードボールはアウトやネットになるリスクが高い
2.体力を消耗しやすい
3.速いボールが返ってくることが多い
4.単調になりやすい

中級レベルでは、エースを決めるよりもアンフォーストエラーでポイントが決まることが多いです。自ら無理し続けてアンフォーストエラーが多くなったら、勝てる試合も勝てなくなるでしょう。

ボレストの練習でも、すべてのボールを全力でストロークを打ってみるととわかりますが、あっという間に体力を消耗してしまいます。100mを全力疾走するペースでは、1kmも走れないことと同じです。またボレストでハートショットすると、ボレーのボールのスピードも高くなりますので、それに対応して次のボールを打つことも難しくなります。これはボレストではなく、試合でも同じことです。例えばスピードの速いサーブを打てば、軽く合わせるだけで鋭いリターンを返されます。

全力でスピードボールを打つと、おおよそ同じスピードになります。そうするとテンポが単調になりやすいです。テンポが単調になると、ある程度スピードがあってもタイミングを合わせるのが容易になります。リスクを取ってスピードボールを打っても、相手が打ち返しやすければ割に合わないでしょう。

そこで重要になるのが、遅いボールの活用です。野球でもチェンジアップというものがありますが、緩急を使うと途端にタイミングを合わせるのが難しくなります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスの試合で遅いボールを活用する!速いボールだけでは危険!

テニスのフットワークを強化すれば中級からレベルアップする

テニスにおいてフットワークが重要であることは言うまでもありません。中級者に聞いても、「フットワークが重要なことなんて分かっている。必死にボールに追いつこうとして足を動かしている!」と答える人がほとんどなのではないでしょうか?相手のボールが自分のコート内に打たれた時に、すぐに諦めて追いかけないのはいけませんが、そもそもフットワークが遅くて追いつけていないケースが多いようです。しかし、コートの端から端まで走っても、距離がそれほどないので、同じレベルの相手であればそれほど移動するスピードに差がない場合がほとんどです。それではなぜ上級者は広い範囲をカバーできるのに、中級者の守備範囲はそれほど広くないのでしょうか?

上級者と中級者の大きな違いは、ボールへの反応スピード、1歩目を踏み出すスピードに差があります。顕著な差が見られるのは、リターンとサービスの時の1歩目です。上級者のリターンは、相手のサービスを打つタイミングに合わせて踏み込み、スプリットステップをする選手がほとんどです。それがあるので、サービスにテンポ良く対応できます。サービスを打つ時も、打った直後に必ず移動すべき方向に1歩目を踏み出します。サーブアンドボレーをするならば、前に動き始め、相手のスイングに合わせてスプリットステップをします。ベースラインにとどまるならば、打ったコースに対応したポジションに移動し、同様にスプリットステップをします。これらの動きは、相手がボールを打つ前に行われるものなので、自分で練習し、そのように無意識にそのような動きができるようになるまで身体にインプットするようにしましょう。つまり、上級者はそれができていて、中級者はできていない人が多いということです。

その他、ラリーが続けば、その都度、対応したポジションに移動し、相手の打つタイミングに合わせてスプリットステップしましょう。それができれば、相手の打ったボールに追いつくための第1歩目が格段に早くなるはずです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスのフットワークを強化すれば中級からレベルアップする

まとめ

テニス上級者になるための練習・試合中の意識について紹介しました。テニスはやればやるほど対人競技であることを痛感します。相手のチャンスボールになっても相手がミスをすることはありますし、自分の調子が良くても勝てず、調子が悪いのに勝ってしまうこともあります。何に意識を集中すべきなのかを考えましょう。

▼▼テニスの上級者になるために必要なことについてはこちら▼▼
テニス上級者への道!強くなるにはこれが大切!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました