テニス

テニス上級者への道!バックハンドストロークをレベルアップ!

投稿日:

テニスのいくつかのショットの中で、多くの人が苦手にしているのがバックハンドストロークです。そのため中級の試合でも相手のバック側にボールを集めることが有効な作戦であることが多いです。したがって、上級者になるためには、バック側にボールを集められても、手堅く返し続けられるような「堅牢な」バックハンドストロークを習得する必要があります。以下に紹介します。

スポンサードリンク

テニス上級者への道!バックハンドストロークをレベルアップ!

中級者の場合、得意のフォアハンドストロークに比べて、バックハンドストロークがかなり弱い人が多いです。バック側に来たボールをそもそも打ち返せずにミスショットしてしまう確率が高いですし、返すことを重視してなんとか打ち返すと、弱々しかったり、浅くなったりして相手のチャンスボールになってしまうことが多くなります。これでは試合に勝つことは難しいでしょう。

バックハンドストロークが苦手なために、フットワークを鍛えてできる限り回り込んでフォアハンドストローク打つように努力する人もいますが、やはり上を目指すためには「堅牢」で相手に攻め込まれないようなバックハンドストロークを習得しましょう。バックハンドストロークでエースを狙う必要はなく、あくまでも相手に攻め込ませないようなバックハンドストロークを目指しましょう。

片手バックハンドならばまずスライスを磨く

私が片手バックハンドですので、ここからは片手バックハンドを想定した話になります。しかし、ダブルバックハンドの人でも、スライスは片手で打つ人が多いので、片手バックハンドのスライスという点では共通しているでしょう。

トッププロの試合を観ていても、ほぼ全員片手バックハンドのスライスを打てますし、試合で使います。スライスはドライブやトップスピンで打つショットよりもスピードが遅いのですが、それを利用して「時間を作る」ために使われることが多いです。つまり、相手からのボールが厳しいところに来た時に、速いボールで返球してしまうと、自分の体勢を立て直す時間が無くなってしまいます。そんな時にスライスで比較的遅いボールで返球すれば時間を作ることができます。

シングルスであれば、相手がネットに出てこなければ、比較的遅いスライスを深くてば、通常はワンバウンドするまで打ち返しませんので、その分の時間が稼げます。バウンド後も深ければ簡単には打ち込めませんし、スライスで低くバウンドさせられればさらに打ち込むことは難しくなります。

またスライスは回転の強弱をコントロールすることもでき、バウンドの仕方を変化させることができます。それにより相手のタイミングを狂わせ、ミスを誘うこともできます。同じ回転・同じスピードのボールばかり続いてしまうと、仮にスピードがそれなりにあっても相手は慣れてきてしまいます。スライスにもバリエーションをつけることで、有効なショットになります。

スライスは同じようなテイクバックからドロップショットやロブに切り替えることもできます。これを上手く使い分けることで、中級レベルならばスライスだけでもある程度戦えるでしょう。もちろんスライスの質を高める努力はしましょう。

ある程度以上の年齢層になると、スライスは体力をあまり使わないという特徴もあるため、「いぶし銀」的にスライスを多用する人もいます。体力があってどんどんハードショットする若い年齢層の人も、「いぶし銀」のテクニックに翻弄されることもありますので、やはり長期的な視野でバックハンドスライスを磨いて行った方が良いでしょう。


スポンサードリンク

片手バックハンドのスピンを強化する

前述のように、片手バックハンドであればスライスを磨けばかなり戦えます。しかし、中級の間に片手のスピンを習得した方が良いのは言うまでもありません。ある特定のショットが打てず、それを習得する努力を止めてしまうと、永遠に上達しません。シンプルな話ですが、ある程度打てるようになり、練習を続ければ徐々に上達するものです。

上級を狙える程度のところまで来ている中級者の中でも、いくつかのショットの中で片手バックハンドのスピンが苦手という人が多いです。そのような人の多くは、ドライブ気味のボールはある程度打てるようです。つまり、しっかりスピン回転をかけて、トップスピンの弾道で打つことが難しいわけです。

フォアハンドのトップスピンをマスターすれば分かりますが、強烈なスピン回転がかけられるとそもそもボールの威力が増し、打ち返すことが難しくなります。ネットを通過後に急激に落下するため、ダブルスなどで足元に沈めたい時にも役立ちますし、シングルスでもサイドラインを割っていくようなボールも長さをコントロールすることで打ちやすくなります。

それと同じことがバックハンドでできれば展開の幅ができますし、スライスと混ぜて打つことで、相手は対応が難しくなります。またシングルスではネットの高い所を通して、高くバウンドするボールを打つことができますので、しっかりマスターすればネットミスを減らすことができます。何度でも繰り返し打てるような堅牢な片手バックハンドのスピンを目指しましょう。

まとめ

テニスの上級になるための片手バックハンドストロークのレベルアップについて紹介しました。バックハンドストロークの質と安定度を見れば、中級者と上級者はすぐに見分けられるものです。上級者にふさわしいバックハンドストロークを習得しましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのフットワークを強化すれば中級からレベルアップする

スポンサードリンク テニススクールではレベル別にクラス分けされているのが普通で、中級と上級のコートを見比べてみればその違いがよく分かります。中級者ではラリーが続きにくく、3本目以内にポイントが終わ …

テニスのリターンの打ち方!中級レベルのための勝つ方法

スポンサードリンク 週に1回テニススクールに通ってレッスンを受けている中級レベルの人は、本格的にテニスをやっている人に比べると圧倒的に練習時間が少なく、上級に上がるためには練習不足です。コートで練 …

テニスのフォアハンドで相手のスライスを下がらずに打つ方法

スポンサードリンク テニススクールの中級では、ダブルスの試合を想定したショットの練習をします。ダブルスでは、相手のベースライン深くまで伸びてきたスライスを、下がらずにライジングで打ち返すショットを …

スピンサーブを安定させるにはトスの練習をしよう!

スポンサードリンク 安定して質の高いサービスを打つためには、正確なトスアップが必要です。トスが正しい位置に上がらなければ、スピン、スライス、フラットなどの球種を打ち分けることもできませんし、フォル …

テニスのシングルスでは後ろに下がるフットワークが必要

スポンサードリンク テニスの試合では、ラリーが続くと、1球ごとに形勢が変わることはよくあります。相手の返球が甘く、短くなれば、前に詰めて打ちます。しかし、それを相手が深いボールで返球してきた時には …

最近のコメント