4K・8K・ディスプレイ

シャープが8Kテレビ(4Kチューナー内蔵)を発表!価格は?

投稿日:

シャープが新型の8Kテレビ「AQUOS 8K BW1シリーズ」を2019年10月3日に発表しました。11月9日より発売される予定です。これまでのシャープの8Kテレビと何が違うのでしょうか?価格はどうなるのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

シャープが8Kテレビ(4Kチューナー内蔵)を発表!価格は?

シャープの新型の8Kテレビ「AQUOS 8K BW1シリーズ」は、70型「8T-C70BW1」と、60型「8T-C60BW1」です。価格はいずれもオープンプライスなのですが、店頭価格は70型「8T-C70BW1」が50万円前後、60型「8T-C60BW1」が35万円前後になると予想されています。

これは2018年11月に発売された8K液晶テレビ「AQUOS 8K 8T-C60AW1」の後継機種に相当します。「AQUOS 8K 8T-C60AW1」は8Kチューナーは搭載せず、2Kチューナーのみ搭載していました。したがって、8K放送を視聴するためには別途8Kチューナーを購入し、接続する必要があります。

「AQUOS 8K BW1シリーズ」も8Kチューナーを搭載していません。また「AQUOS 8K BW1シリーズ」は、外付けの8Kチューナー<8S-C00AW1>などHDMIを4本接続して8K映像を表示する方式には対応していません。したがって、現時点では「AQUOS 8K BW1シリーズ」で8K放送を視聴することはできません。この点を勘違いしないようにしましょう(*きっと多くの人が誤解すると心配しています)。将来的にはHDMIをアップデートして、HDMIケーブル1本で8Kチューナーと接続し、視聴ができるようになる予定です。

「AQUOS 8K 8T-C60AW1」との大きな違いの1つは、4Kチューナーを内蔵していることです。「8Kテレビなのに8K放送が視聴できず、4K放送が視聴できるって意味あるの?」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。さらに詳しく説明します。

シャープの8Kテレビで4Kを超解像技術でアップコンバート

「AQUOS 8K BW1シリーズ」の最大のアピールポイントは、4Kや2Kのコンテンツを超解像技術で8Kまでアップコンバートして、美しく表示できる点です。現時点でも4K放送を視聴できる世帯は非常に少なく、世帯普及率があまり伸びていません。さらに8K放送となればほとんど普及していないと言っても良い状況です。

そのような状況でも、4Kや2Kの映像コンテンツをアップコンバートして8Kテレビに表示して楽しんでいるユーザーからは、8Kの解像度の映像の美しさを高く評価する声がありました。そこで8Kチューナーを搭載しないでコストダウンし、4Kチューナーを搭載して、4Kや2Kコンテンツを8K画質にアップコンバートする使い方をメインとした8Kテレビを開発したわけです。

これは4K&8K放送の普及状況を考えても合理的な選択でしょう。4Kテレビでさえ、地デジなどの2Kコンテンツをアップコンバートして視聴する使い方が多いわけですので。

そのためあっぷコンバートを行う画像エンジンも、新開発の画像エンジン「Medalist Z1」を搭載しています。まだ発売前ですので、実機で確認できていませんが、他社のテレビを見ても画像エンジンが新開発されると画質が大きく向上することが多いので期待できそうです。


スポンサードリンク

シャープの新型8Kテレビにはフラッグシップと同じパネルを搭載

「AQUOS 8K BW1シリーズ」は前述のように8Kチューナーを搭載していませんので、シャープの8Kテレビのラインアップの中では下位モデルになります。しかし、フラッグシップの「AQUOS 8K AX1」と同じ8Kパネルを搭載しており、4Kや2Kをアップコンバートして視聴するならば、安く、新開発の画像エンジンですので、こちらの方が良いでしょう。

この8Kパネルは開口率が高く、120Hzの倍速駆動です。「8Kスポーツビュー」映像モードを新たに搭載し、動きの速い映像もきれいに表示できます。

価格的には同サイズの4K有機ELテレビと競合するような関係になりそうです。有機ELを選ぶか、8K液晶を選ぶか悩ましいところです。60型以上になると4Kと8Kの解像度の差も目立つと思いますので、発売開始後に店頭でじっくり見比べて見ましょう。

まとめ

シャープが11月9日より発売する「AQUOS 8K BW1シリーズ」について紹介しました。60型以上の大型テレビを購入するならば検討する価値はありそうです。

スポンサードリンク


-4K・8K・ディスプレイ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

4Kテレビのチューナー内蔵モデルの価格が安い!

スポンサードリンク 2018年12月から4K/8K放送が始まり、4Kテレビの販売比率が高くなっています。これから新たに4Kテレビを購入しようとしているならば、4Kチューナー内蔵タイプがおすすめです …

マイクロLEDディスプレイをソニーとサムスンが販売!

スポンサードリンク 液晶ディスプレイ、有機ELディスプレイの次に来ると言われている最先端のディスプレイがマイクロLEDディスプレイです。性能的には「究極のディスプレイ」とも言われており、現在のディ …

量子ドットディスプレイのメーカーの最新動向

スポンサードリンク 量子ドットディスプレイとは、量子ドットを用いた液晶ディスプレイのことです。量子ドットは、液晶ディスプレイで表示できる色域を拡大する(色数を増やす)ために使用されています。従来の …

液晶にはIPSとVAとTNがある!それぞれの特徴は?

スポンサードリンク 最近は有機ELが注目されることが多いようですが、世の中のテレビ、スマホ、パソコンなどのディスプレイでは圧倒的に液晶ディスプレイが使われています。長年の研究開発により高画質の液晶 …

有機ELと液晶のコントラストを比較すると?4K・8Kテレビでは?

スポンサードリンク テレビ、スマホ、パソコンのディスプレイでは、液晶ディスプレイが主流ですが、有機ELもかなり使われるようになってきました。有機ELは液晶に比べてコントラストに優れると言われていま …

最近のコメント