ESTAの申請後に間違いを修正できるの?再申請が必要?

ESTA

短期の米国旅行にはESTAの申請が必要です。これは入国審査のために必要なもので、公式サイトから正確に必要事項を入力し、オンラインで申請します。虚偽の申請と誤入力による申請は、第3者には識別できませんので、間違いがあると問題となる場合があります。ESTAの申請後に間違いを修正できるのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼その他のESTAの疑問についてはこちら▼
ESTAの申請・有効期限などの疑問について解説します!

ESTAの申請後に間違いを修正できるの?

ESTAは、通常は申請後72時間以内に審査結果が通知されることとなっています。しかし、数分から数時間程度で審査結果が通知されることも多く、私もこれまでに3回申請したことがありますが、すべて1時間以内に審査結果が通知されました。したがって、申請後の間違いに気が付いても、何らかの対応をする前に審査結果が通知されてしまうことがほとんどですので、ここでは審査結果が通知された後の状況を想定し、以下に解説します。

ESTA申請時の間違いについては、大別すると再申請をして修正しなければならない事項と、簡単に公式サイトから修正できる事項があります。これらについて、それぞれ下記にその方法を記します。

ESTAの申請後に間違いを修正するには再申請が必要な事項

ESTA申請時の間違いを修正するために再申請が必要な事項で、主なものは「パスポートに記載の重要事項」と「ビザ免除プログラムを利用して渡米するための適格性について質問」があります。

1.パスポートに記載の重要事項

パスポートに記載の重要事項とは、パスポート番号、氏名、生年月日、性別や国籍などです。これらは空港のチェックイン時にパスポートと照合されますので、ESTA申請時に誤入力があると本人確認ができず、問題となります。

さらにややこしいのは、これらの重要事項に間違いがあっても、申請が許可されることがほとんどということ。つまり、ESTAの申請が承認されて安心してしまい、パスポートに記載の重要事項に間違いがあることに気が付かないと、空港で飛行機に登場できないという最悪の事態になる可能性があります。通知が届いたら必ず誤入力が無いか確認しましょう。

これらの重要事項に間違いがあった場合は、残念ながら簡単に修正することはできません。新たに再申請する必要があります。再申請をした場合は、自動的に前回の申請は無効となります。前回、問題なく申請が許可されている場合は、通常は同様に許可されるます。再申請には、別途$14の申請料金がかかります。

2.ビザ免除プログラムを利用して渡米するための適格性について質問

ESTA申請時には、ビザ免除プログラムを利用して渡米するための適格性について質問があり、回答しなければなりません。通常は、「No(いいえ)」にチェックすることになるのですが、間違えて「Yes(はい)」にチェックしてしまうと、通常は申請が拒否されます。質問事項を読むと分かりますが、この間違いは非常に厄介です。なぜなら、入国を許可することが適当ではない人物と見做されてしまった可能性が高いからです。

公式サイトによると、以下のように対処法が記されています。

「質問に間違って回答してしまった、または “却下の理由” に該当すると思ったが実際は該当しなかったことが分かった場合にはCBPにお問い合わせいただくことをお勧めします。 CBPにお問い合わせをする場合、お問い合わせフォームから質問を送信してください。お問い合わせフォームにはなぜ間違って「YES」を選択したかの理由を明記してください。」

急いで税関・国境取締局(CBP)に問い合わせをしましょう。


スポンサードリンク

ESTAの申請後に間違いを修正できる事項

Eメールアドレスや目的地の住所、旅行日程などについては、公式サイトから簡単に修正できます。これらは変わる可能性があるものですし、ESTAの有効期限中に複数回米国を訪問することもよくあるからです。

ちなみにESTA取得し、2回目以降に米国を訪問する場合で、異なる目的地に行くとしても、必ずしも目的地住所などの情報を更新する義務はありませんが、正しい情報に更新することが推奨されています。

まとめ

ESTAの申請後に間違いを修正する主なパターンについて紹介しました。間違いに気が付いたら、できるだけ早く修正するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました