トラベル

ESTAは家族のハワイ旅行でも必要?米国滞在中の住所と連絡先は?

投稿日:

短期の旅行で米国に行く場合は、ESTAを申請し、許可を得る必要があります。したがって、米国本土に行く場合は当然必要なのですが、ハワイなどの米国本土から遠く離れた島に行く場合も必要なのでしょうか?また出張などで米国本土に行く機会がある方が、家族旅行などでハワイに行くことになる場合、米国滞在中の住所と連絡先情報は修正が必要なのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

ESTAは家族のハワイ旅行でも必要?

まず「ハワイ旅行でもESTAが必要なのか?」という問いに対する答えはシンプルで、「必要」です。米国本土から遠く離れていても、「米国」ですので同様な手続きが必要です。

ESTAビザ免除プログラム(VWP)の制度により、ESTA(エスタ)認証が承認されている方であればビザを申請しなくともハワイへの渡航が可能です。公式サイトによれば、VWPの利用条件は以下のようになります。

ビザ免除プログラムVWP(Visa Waiver program)ご利用条件

① 電子渡航認証システム(ESTA)に渡航許可登録をされていること。
② 米国滞在日数が90日以下であること。
③ ビザ免除プログラム参加国の方であり、パスポート(IC旅券)をお持ちであること。
④ 渡航目的が、商用・短期研修・契約交渉・観光・旅行・知人への訪問・報酬がないイベントやコンテストへの参加、乗継、通過であること。
⑤ 海路および空路で入国の際は、次の目的地または往復の乗船券・旅行券をお持ちであること。
eチケットをお持ちの方は、旅行日程のコピーをご持参下さい。

ESTAは申請から72時間以内に最終決定を受け取ることができます。したがって、特に問題無く許可される場合は、72時間以上前に申請すれば良いことになります。しかし、ESTAのシステムがメンテナンスやトラブル等で通常よりも時間がかかることもありますし、入力ミス等で最悪の場合、申請が許可されない事例も発生しています。特に適格性に関する回答を間違えて拒否された場合には、大使館等に行って手続きすることになる可能性もあります。

これらのことを考えると、旅行の予定が決まったら、早めにESTAの申請を行い、万が一のトラブルに遭遇しても、対処する時間が確保できるようにした方が良いでしょう。ちなみに家族旅行などの場合、赤ちゃんから小さな子どもまでの、非常に若い方が含まれることがありますが、全員のESTAが必要ですので忘れないようにしましょう。

ESTAのハワイ旅行での米国滞在中の住所は?

ESTA申請時に米国滞在中の住所を入力することになります。この欄にはハワイで滞在するホテルの住所を入力すれば大丈夫です。旅行中にホノルルのあるオアフ島だけでなく、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島などの他の島などにも滞在する場合は、最初に宿泊するホテルの住所を入力すれば良いでしょう。

悩ましいのは、すでに米国本土などに旅行したことがあり、ESTAを取得している人が、その有効期限内にハワイに旅行する場合です。最初に米国本土に行った時のホテルの住所などで申請をしていれば、そのままになっていることもあるでしょう。

実は、申請時の「米国滞在中の住所」で許可されていれば、それ以降は修正をしなくても大丈夫です。目的地の情報の更新は義務付けられていないからです。しかし、正しい情報に更新することが推奨されていますので、できるだけ更新することをおすすめします。


スポンサードリンク

ESTAのハワイ旅行での米国内の連絡先情報は?

ESTA申請時に米国内の連絡先情報を入力することになります。これも前述の「米国滞在中の住所」と同様に、ハワイで滞在するホテルの住所を入力すれば大丈夫です。

悩ましいのは、同様にすでに米国本土などに行く際にESTAを申請して許可されている場合です。「米国滞在中の住所」の場合は、その内容を更新できるので、更新してしまうことがベストです。しかし、「米国内の連絡先情報」については更新することができず、どうしても更新しようとすると再申請するしかありません。

結論から言うと、再申請する必要はありませんし、再申請は申請費用の無駄になります。「米国内の連絡先情報」は申請した時のもので変更せずに、それ以降の米国のどの地域への旅行においても問題ありません。「米国内の連絡先情報」が米国本土で、旅行先が遠く離れたハワイでも問題ないのです。

ただし、ハワイでの入国審査時に、滞在先を質問されることがありえますので、正しい滞在先を英語で答えられるように準備しておきましょう。滞在先のホテルの名前・住所などを印刷した紙を用意しておくと便利です。

まとめ

ハワイ旅行に行くときのESTAの必要性と米国滞在中の住所と連絡先情報について紹介しました。しっかり準備し、楽しい旅行にしましょう。

スポンサードリンク


-トラベル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パスポートの写真の撮り方は?写真屋で撮る方が良い?

スポンサードリンク 海外旅行・出張に行くためにはパスポートを申請する必要があります。初めて申請する人は分からないことが多い場合がありますし、2回目以降の人でも有効期限が少なくなって5年あるいは10 …

学割でJRに乗るには学割証が必要!理由と有効期限は?

スポンサードリンク 旅行に行く時に、JRを利用するならば学割がもっとも安い料金となることが多いです。学割を利用できる子供を連れて旅行・帰省に行くならば、学割を利用して交通費を節約したいですね。学割 …

箱根の美術館 おすすめ3つ!なぜこれほどの美術品が集結したのか?

箱根は日本を代表する観光地で、大涌谷、芦ノ湖などの観光スポット、多くの温泉が人気です。夏場も涼しく、避暑地として楽しめます。 スポンサードリンク 東名高速や小田急ロマンスカーなどで、都心からのアク …

ESTAが有効期限ぎりぎりなら更新した方が良い?確認は?

スポンサードリンク 日本から米国へ出張・旅行する場合には、ESTAが必要です。ESTAを申請して渡航認証許可を受けても、有効期限がありますので、永遠に使えるわけではありません。ESTAの有効期限が …

青春18きっぷの使い方の基本・注意点とおすすめコース

スポンサードリンク 夏休みの計画は立てましたか?せっかくの休みに旅をしてみては如何でしょうか? 旅行に行きたいけれど、旅行の費用が気になるという方。青春18きっぷをご存知ですか? 初めて青春18き …

最近のコメント