テニス

テニスのダブルフォルトをなくす!試合で最初からサービスを入れる!

投稿日:

テニススクールの中級レベルの試合を見ていると、案外ダブルフォルトの確率が高く、リターン側の方が有利になることが多いようです。上級レベルになると、ダブルフォルトの確率はかなり下がります。つまり、中級と上級ではサービスだけを見てもそれだけの差があるということ。試合でしっかり入れられるサービスをマスターしましょう。

スポンサードリンク

テニスの試合でダブルフォルトをなくす!

試合経験が少ない中級者ほど、さらにはサービスを確実に入れる自信が無い人ほど、試合でサービスを打つ時に緊張し、ダブルフォルトの確率が高くなってしまいます。試合でダブルフォルトしないで、確実にサービスを入れられるようになるためには、当然のことながらサービスの練習をできるだけ多くするしかありません。

サービス練習の時間を確保し、球種・コースなどしっかり打ち分ける練習をすれば、ダブルフォルトを減らせることは間違いありません。しかし、テニススクールで週に1回程度練習しているだけの方の場合、限られた練習時間の中でレベルアップしなければなりません。まずはポイントを絞って練習し、確実に入れられるサービスを習得し、自信を付けましょう。

おすすめなのは回転系のセカンドサービスです。スピンサービスあるいはスライスサービスのどちらでも構いません。まずはいずれか一方を徹底的に磨きましょう。セカンドサービスですので、スピードは抑えて、しっかり回転をかけられるように打ちましょう。これが確実に入れられるようになれば、試合でのダブルフォルトの不安はかなり小さくなります。

テニスの試合で最初からサービスを入れる!

一般の中級レベルの人が出場する草トーナメントなどでは、ウォーミングアップがサービス4本だけということが珍しくありません。それだけに試合の序盤ではダブルフォルトが多くなりがちですし、仮にダブルフォルトを避けることができても、サービスを入れるだけで精一杯で、リターンがすぐに決まってしまうことも多いです。試合で勝てるようになるためには、試合の最初から自信を持ってサービスを入れられるようにする必要があります。

そのためには、普段の練習の時にも、サービス練習開始時の最初の2本のサービスを入れられるように気持ちを集中して丁寧に打ちましょう。誰でも試合開始時のサービスは緊張しますし、身体が上手く動かないことが多いです。それだけにそんな状況でも入るサービスを習得する必要があるわけです。

まずポイントは、普段の5割ぐらいのパワーでサービスを打つようにすることです。これは簡単なようで、やってみると案外難しいです。通常はサービスを打つ時に軽くジャンプして、腕を振り、ヘッドスピードを上げます。しかし、あまりに力を抜いて、パワーを抑えて打とうとすると、フォームが崩れてしまったり、スイングのリズムも変わってしまうので、まったく別の打ち方になってしまうことがあります。そうなると本来の自分が打ちたいフォームと、パワーを抑えて打つ時のフォームとそれぞれ練習することになり、効率が悪くなります。できるだけ同じフォームで、パワーだけ抑えて打つには、5割未満までパワーを抑えない方が良いでしょう。

体幹のバランスが崩れないように、滑らかなフォームで、パワーを抑えて打つ練習をしましょう。できるだけ安定したサービスを打つためには、リズムも大切です。トスを上げるところから「1,2」などとリズムを取りながら、いつも同じリズムで打てるようにトスの高さにも気を配りましょう。


スポンサードリンク

試合前の4本のサービス練習を活かす

通常は、少なくとも試合前に4本程度のサービス練習は許されるでしょう。そうであれば、その練習を十分に活用しましょう。前述のように少しパワーを抑えながら、安定したフォームとリズムでサービスを打ちましょう。その時にチェックした方が良いのは、インパクトの厚さです。

セカンドサービスとして回転系のサービスを打つようになると、確実に入れるためにしっかり回転をかけようとすることがあります。回転をかけるためには、ラケット面が斜めにボールに当たらなければならず、スイング方向とボールが飛ぶ方向が異なります。ありがちなのがボールへの当たりが薄過ぎて、ボールがあまり飛ばずにネットしてしまうことです。

サービス練習の1本目がネットすると、精神的にプレッシャーがかかりやすくなります。それを避けるために、少し厚めにインパクトして、少なくともネットしないように打つことをおすすめします。長くなってフォルトしたら、そこから調節して入れていく方がプレッシャーが少なくなります。

もう一つありがちなフォルトは、スピンサービスでトスの位置が少し前になり、前方に押すような打ち方となって飛びすぎてしまい、フォルトとなるパターンです。ボールを前に押してしまうと回転がかかりにくくなりますので、トスが乱れたら無理して打たないようにしましょう。そのためにもトスの練習もできるだけやった方が良いでしょう。

まとめ

試合でサービスを確実に入れ、ダブルフォルトを減らすことは、練習して技術を高めれば可能です。それは中級者と上級者を比較すれば容易に確認できます。安定して良いサービスを打つために、自分のサービスのフォームを磨いて行きましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのシングルスの戦術!中級にありがちなパターン!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級の方々は、あまり試合経験が無い方がほとんどです。スクールの企画するテニス大会などに積極的に参加して経験を積みましょう。試合慣れし …

テニスの中級者が上達するにはいろいろな人と練習・試合をすべし!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでテニスの練習をしている中級者で30歳以上の人は、上達が止まっていると感じている人も少なくありません。実際、何年も中級に留まり、上級に昇格できない人が多い …

テニスの球出しが下手!コツは?最後の手段もあります!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、球出しが苦手という人は案外多いです。苦手意識のない人でも球出しが上手いかと言うと必ずしもそうではなく、相手が打ちやすい場所へ安定してボールを出せ …

テニススクールの選び方 施設・コーチ GODAI港北(横浜)

テニスは好きですか?初心者の方も、以前やっていた経験者の方も、テニスをやりたくないですか? スポンサードリンク テニス部やテニスサークルなどに所属している方、プロテニスプレーヤーの方などを除けば、 …

テニススクールの中級から片手バックハンドのスピンをマスターする

スポンサードリンク 上級者やトッププロのテニスを見ていると「カッコイイなあ・・・」と感じるのはバックハンドです。一般にフォアハンドよりもバックハンドの方が習得が難しく、特にロジャー・フェデラーのよ …

最近のコメント