テニス

テニスの中級者はドロップショットを習得しよう!打ち方を解説!

投稿日:

トッププロのシングルスの試合を観ていると、ベースライン間で激しいストロークの打ち合いをしながら、一瞬の隙を突いてドロップショットを決めるシーンがあります。錦織選手のフォアからのドロップショットも憧れますね。このようにトッププロでもドロップショットは有効ですので、もちろん中級レベルでも有効です。以下に紹介します。

スポンサードリンク

テニスの中級者はドロップショットを習得しよう!

テニスのシングルスの試合では、中級者はまず相手コート深くに安定して打ち返せるショットの練習をします。一般的にはネットの高いところを通過させるループボール(*エッグボールと呼ぶ人も多い)を打ちます。深く、高い軌道でスピン回転をかけて打てば、相手はベースライン後方に下がって打たなければならないため、攻め込みにくくなるからです。

そんなベースとなるループボールが安定して打てるようになったら、是非習得したいのがドロップショットです。相手をベースライン後方に押し込めれば、前に短く落とすボールが有効になるからです。

テニスの中級レベルでは、技術的には発展途上ですので、練習の時にストローク、ボレー、サービスなどのそれぞれのショットを上手く打つことに意識が集中し過ぎてしまう人が多いです。試合で勝てるようになるためには、配球・組み立てを考えて、相手を動かし、オープンコートを作ってそこに決めるという意識・センスを持つことが極めて重要です。テニスは対人競技であり、ショットの威力・スピードを競う競技ではないからです。

それが理解できれば、前に短く落とすショットであるドロップショットの価値がわかるでしょう。一般にテニスでは左右の動きよりも前後の動きの方が難しく、相手を前後に動かすことができれば試合で勝てる可能性も高くなるでしょう。

それではドロップショットの打ち方と打つ場面などについて解説します。

ドロップショットの打ち方!中級者向け

ドロップショットと言えば、強烈なバックスピンがかかっていて、バウンドして自分のコートに戻ってくるようなスーパーショットをイメージするかもしれません。また低い弾道で、ネットギリギリを通過し、すぐに落ちてほとんど弾まないようなボールをイメージする場合もあるかもしれません。確かに常にこのようなドロップショットが安定して打てるのであれば、スーパーショットになりますので、どんどん使った方が良いですが、現実問題としてそのようなショットは、中級者が最初に習得しようとするには確率が低過ぎるので適切ではありません。

最初に習得すべきドロップショットの軌道は、山なりで、ネットしないように比較的ネットの高い位置(*非常に高い位置という意味ではありません)を通過するようなものです。軌道のピークはネットよりも少し自分のコート側にあり、着地する位置が短くなるようにするのがポイントです。

打ち方は、ボレーのような感覚で、薄いグリップで打つようにします。もちろんドロップボレーではないので、ワンバウンドしてから打ちます。

コツは、ゆっくりスイングすること。コンパクトなボレーのように、ほとんどラケットを固定した状態で打とうとするとかえって難しくなります。丁寧に面を作りながらゆっくりスイングする方がボールにタイミングを合わせやすいですし、飛距離や軌道も調整しやすいでしょう。

この時に山なりの軌道でボールを打つために、面を開き気味にします。そしてナチュラルな感じでスライス回転がかかるように打てればさらに良いです。前述のように、最初から強烈な逆回転をかけようとしない方が上手く打てるでしょう。逆回転を重視するよりも、山なりの軌道で飛距離を短くすることを重視する方が安定します。

練習では、ドロップショットを落とす位置にカゴやターゲットを置いておくと、狙う意識が高まり、練習も楽しめるでしょう。


スポンサードリンク

ドロップショットはいつ打つかが重要!

ドロップショットの打ち方をマスターできたら、次は「いつ打つか?」、つまり使いどころが重要です。ドロップショットは、打つ前の早いタイミングで相手に打つことが悟られてしまうと、ただの球出しのボールのようになってしまい最悪です。

また前述のように、相手を前に動かす、あるいは前が空いている場合にそこに決めるために打つショットですので、相手が前に居る時に打つのはナンセンスです。配球・組み立てを考えましょう。

基本は、深いボールを打って、相手をベースライン後方に下がらせた時が狙うタイミングです。したがって、深いボールからドロップショットにつなげる配球・組み立てを意識して練習しましょう。

もう1つ重要なことは、攻めの姿勢でいる時に使うことです。相手から深いボールやスピードボールを打たれて、自分が攻め込まれている時にドロップショットを打ってもあまり効果がありません。自分がしっかり打ち込んでいけそうな時にドロップショットを打つのが効果的です。

そのため、トッププロのドロップショットを見ていても、ギリギリまで強烈なストロークを打つ構えをしていて、突如ドロップショットに切り替えるようにして打ちます。これも練習すべきことです。典型的なテニスの試合での駆け引きの1つですが、駆け引きができるようになるとテニスの面白さもワンラックアップするでしょう。

また良いドロップショットを打ったとしても、必ずしも決まるとは限りません。打った後に、相手からの返球に備えることも重要です。むしろ、返球されると思っていた方が良いです。自分の打ったドロップショットがどの付近に落ちたのか、相手がどれぐらいボールに追いついているのかによっても違いがありますが、ある程度良いドロップショットが入った場合は、前に詰めるようにした方が良い場合が多いです。いわゆる「ドロップ返し」で短く返球される場合があるからです。

比較的ドロップショットが長くなった場合は、しっかりストロークで打たれることがありますので、それに備えましょう。いずれにしても、ドロップショットを相手が十分な体勢で打てるような状況となってしまうと、形勢が不利になりがちです。あまり多用せずに、使うタイミングを考えましょう。

まとめ

テニスの中級者のためのドロップショットの打ち方・使う場面などについて紹介しました。最初から完璧にできる人はいません。失敗を恐れず、使ってみましょう。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

病み上がりでテニススクールに行く時は体力の低下に注意

スポンサードリンク 人間であれば誰でも病気になります。病気になることは防ぎようがなく、恥じるべきことでもありません。特にインフルエンザのようにシーズンによっては1,000万人以上も発症するような病 …

テニスのダブルスでボレーはコースを狙う!ワイドとセンター!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールの中級でレッスンを受けていると、何となくナイスショットを打つことに意識が行ってしまい、試合に勝つためのショットの打ち方・組み立ての練習がおろそかになってし …

テニススクールの中級から着実にレベルアップする方法

スポンサードリンク テニススクールで週に1回レッスンを受けている人は、ボールを追って思いっきり身体を、気持ちの良い汗をかければ満足できるかもしれません。プロテニスプレーヤーではないので、それもアリ …

テニススクールで上達するためには自分で打ち方を学ぶ!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベル以上の方は、上達が止まっているような気がして悩んでいる人も多いです。その理由の1つとして、自分でショットの打ち方を調べてい …

テニスのリターンの打ち方!中級レベルのための勝つ方法

スポンサードリンク 週に1回テニススクールに通ってレッスンを受けている中級レベルの人は、本格的にテニスをやっている人に比べると圧倒的に練習時間が少なく、上級に上がるためには練習不足です。コートで練 …

最近のコメント