ライフ

折り畳み傘の選び方・おすすめ 旅行・通勤が楽になる!

投稿日:

急に雨が降ってきた時、折り畳み傘を持っていると助かります。そんな時のために持ち歩くとすると、よく調べて良いものを使った方が良いでしょう。

賢い折り畳み傘の選び方について紹介します。

スポンサードリンク

折り畳み傘の選び方

折り畳み傘を選ぶ時の最も重要なチェックポイントは、以下の通りです。
・軽量
・コンパクト
・傘を広げた時の大きさ
・丈夫(耐久性)
・色・デザイン
・価格

通勤・旅行などの時に折り畳み傘をバッグに入れて行くケースを考えると、「軽量」「コンパクト」という特徴はものすごい価値があります。

最近、私は通勤用のバッグを長年使ったTUMIの重いバッグから、軽量のACEGENEのバッグに替えました。そうしたら通勤の疲労度が明らかに変わり、快適になりました。バッグとともにバッグに入れる中身(手帳、ノートPCなど)も、小型化・軽量化を進めたら、ますます快適です。

調べてみたら、これまで使っていた折り畳み傘は重さ約500gでした。あまり考えず、安かったので選んだ折り畳み傘だったのですが、折り畳み傘としてかなり重いタイプです。

下記で紹介するように、調べてみると重さ150g以下の折り畳み傘があります。折り畳み傘をこれに替えるだけで通勤時のバッグの重さを約350g軽くすることができます。

こんな要領でバッグとその中身を軽量化して行くと、簡単に1kg以上の軽量化ができるでしょう。私はTUMIのバッグが本体だけで2kg以上あったことと、収納力が高く、余計なものを持ち歩いていたこともあり、2kg以上軽量化することに成功しました。

また「コンパクト」という点も重要で、バッグに入れるものを厳選して、できるだけちょうど良いサイズのバッグを選ぶことが、バッグ本体の重さを軽くするポイントです。バッグもタイプによってはかなり重いのです。

「ちょうど良いサイズ」をできるだけコンパクトにするには、中身をコンパクトにすること、つまり折り畳み傘をコンパクトにすることは価値があります。

「軽量」「コンパクト」と相反するのは「傘を広げた時の大きさ」です。柄の部分をなるべくコンパクトなものにした方が良いですが、それにも限界がありますので、バランスを考えて選びましょう。

「軽量」「コンパクト」は「丈夫(耐久性)」とも相反すると思われがちですが、カーボン、グラスファイバーなどの最先端の軽量で丈夫な素材のものを選ぶことで解決できます。

「色・デザイン」と「価格」については、いくつかの製品を見て決めれば良いでしょう。しかし、やはりある程度以上の性能・品質のものはそれ相応の価格です。それだけの価値が認められれば納得できるのではないでしょうか?

折り畳み傘のおすすめはこれ!

一番のおすすめは「【お買い物マラソン】 montbell(モンベル) アウトドア アクセサリー トレッキング アンブレラ トレッキングアンブレラ 1128550 SPMT」です。55cmのカーボン骨を8本使用し、軽量性と強度を高い次元で両立しています。重量は150g。高性能の撥水加工が施されています。傘を広げると直径98cmありますので、十分な大きさです。折り畳み時は長さ27cmになります。色は、ブルーブラック(BLBK)/ チャコールグレー(CHGY)/ ダークマラード(DKMA)/ マスタード(MST)/ ラスト(RUST)/ スペアミント(SPMT)から選べます。

montbell(モンベル)は登山用品・アウトドア用品の有名ブランドで、折り畳み傘でもその性能を追求した逸品に仕上げられています。


スポンサードリンク

折りたたみ傘を旅行に持って行く?

上で触れましたように、私は通勤のバッグとその中身を厳選して軽量化に成功しました。折りたたみ傘も上で紹介したモンベルの軽量な傘を使っています。

それでも毎日天気予報をチェックして、雨が降る確率が低い場合は折り畳み傘をバッグから出し、家に置いていきます。最近の天気予報はよく当たりますし、仮に外れて雨が降っても、そのような場合は少し待てば止むことが多いからです。一日中かなり降る場合は、天気予報でも雨と予想するケースが多いでしょう。

それでは旅行に行く時はどうするか?私は、基本的には持って行きます。数日先の天気予報は、先になるほど予想が外れる確率が高くなることと、旅行先には何がどこにあるのかわからずに、また時間の余裕もないことが多いので、折り畳み傘があると安心です。

旅行は荷物が多いので、軽量・コンパクトな折り畳み傘は助かります。

まとめ

折り畳み傘は、軽量・コンパクト・十分な大きさ・丈夫などの性能が重要です。良い傘はそれなりの価値があります。良い折り畳み傘を選んで、快適に過ごしましょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

傘を長持ちさせる方法!すぐ壊す・撥水しなくなるなら必見!

スポンサードリンク 梅雨になると雨が多くなり、ジメジメした日が続きますね。梅雨時は傘をさすことが多くなります。もちろん梅雨だけでなく、夏は雷雨になることも多いですし、日本では一年中雨が降らない月は …

エアコンの室外機カバーは節電効果があるの?冬でも?

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しく、エアコンは必需品です。エアコンを使用すれば電気代がかかりますが、エアコン無しでは熱中症になる危険もありますので、適切にエアコンを使用したいものです。でき …

オイルヒーターの評判は本当?電気代が高い?暖まりにくい?

スポンサードリンク 寒くなってくると暖房が欲しくなりますね。一般家庭用にいくつかの方式の暖房器具が販売されていますが、最近はオイルヒーターの魅力が多くの人に知られるようになりました。輻射熱でじんわ …

静電気除去グッズ!バチッとくる静電気を簡単に除電する!

スポンサードリンク 空気が乾燥してくると「バチッ」と静電気が起こりやすくなります。嫌ですよね。ガソリンスタンドなどでは事故にもつながりますし、精密機器を製造・取り扱いする現場では機器の破損につなが …

腕時計が防水ならば水に濡れても大丈夫?メンテナンスは?

スポンサードリンク 腕時計にもいろいろな種類があり、価格面でも性能面でも本当に幅広いです。自分で気に入ったものを使えばよいのですが、有名ブランドの高級腕時計が好きで、頑張って購入したら大切に使いた …

最近のコメント