ヘルス

胃カメラ・胃内視鏡検査 苦しくない・痛くない神奈川の名医

投稿日:2017年7月17日 更新日:

日本人の死因で最も多いのは「がん」です。がんの種類別では、胃がんが男性で2位、女性で3位で、年間約5万人が亡くなっています。ほとんどの胃がんは早期に発見し、治療を受ければ完治可能です。

つまり、胃カメラ・胃内視鏡検査を定期的に受ければ助かる可能性が高い病気なのです。

また胃がんの99%はピロリ菌が原因とされています。胃カメラ・胃内視鏡検査時にピロリ菌検査も行えます。ピロリ菌がいた場合は除菌すれば、胃がんになるリスクを低くすることができます。

このように胃カメラ・胃内視鏡検査の必要性・効果が理解できても、初めて検査を受ける人は不安を感じることが多いでしょう。胃カメラ・胃内視鏡検査の不安・苦痛をできるだけなくすためのポイントを紹介します。

スポンサードリンク

胃カメラ・胃内視鏡の名医を探すことが最大のポイント

病気の治療では名医にお願いすることが最も良いことは言うまでもありませんが、胃・食道の検査においても名医に診てもらうことが最も重要です。それは以下の3つの観点から言えることです。

1.胃がん・食道がんを早期に発見してもらえる

胃がん・食道がんは早期発見・早期治療が大切です。しかし、早期になればなるほど発見することが難しくなります。多くの症例を診て、治療した経験と、内視鏡の技量の差が最も出るところです。

2.検査を受ける人・患者の苦痛をできるだけなくす方法を実践している

身体に胃カメラ・胃内視鏡を挿入していくわけですので、その操作技術が優れている名医の方が苦痛が少なくなることは言うまでもないでしょう。検査前から検査中および検査後までの一連の手順の中で、苦痛を少なくするように工夫されています。

3.スタッフのチームワークが良い

医療行為というものは、チームで行うものです。特に胃カメラ・胃内視鏡検査となると、ただの問診とは違いますので、それなりの処置が必要ですので、名医と言えど一人でできるものではありません。

本当の名医は優れたチームリーダーでもあり、看護師とともにチームワークよくテキパキと検査を進めています。チームワークが悪い医院は避けたいですね。

名医であるか、スタッフのチームワークが良さそうかということは、医院のホームページからもおおよそ分かります。調べてみましょう。

経鼻内視鏡は苦しい?痛い?

実際に名医を探し、胃カメラ・胃内視鏡検査を受けることになると、従来からの口から挿入する内視鏡か、あるいは鼻から挿入する経鼻内視鏡のいずれかを選ぶことがあります。

胃カメラ・胃内視鏡検査の最大の苦痛は、口から挿入した時に「おえっ」となる嘔吐反応です。これが嫌で胃カメラを敬遠する人も少なくないでしょう。

この問題は鼻から挿入する経鼻内視鏡を選択することで解決します。実際、私も経鼻内視鏡による検査を5回以上受けていますが、一度もカメラ挿入時に嘔吐反応はありませんでした。断然楽です。

経鼻内視鏡での苦痛として言われるのは、鼻の痛みです。通常は鼻に麻酔をかけるので、検査中に違和感はあっても痛みが激しくなるということはあまり聞いたことがありません。

また人によっては鼻からの経路が狭すぎて挿入できないことがあります。経鼻内視鏡の挿入段階で、名医であれば無理に挿入しようとせずに、適切に判断して口からの内視鏡に切り替えたりします。つまり、狭い経路に無理やり通したりすると痛みや鼻血が止まらなくなるなどの状況になることもあるようです。

やはり名医に診てもらうことが重要です。

名医にさえ診てもらえれば、後は身も心も全てを預けて、リラックスして検査を受けましょう。それがポイントです。


スポンサードリンク

神奈川の胃カメラ・経鼻内視鏡の名医

私が実際に検査を受けて診て、これまで特に苦痛を感じることがなかった名医は、「ららぽーと横浜クリニック」の大西先生とそのスタッフの方々です。

「ららぽーと横浜クリニック」のサイトを見ると、初心者にも分かり易いように、平易に詳細に胃カメラ・経鼻内視鏡について紹介されています。それも単純に病気や機器のことだけでなく、名医ならではの内視鏡検査のポイントが解説されています。

ここまでの内容は、本当に習熟しているからこそ書けるもので、また自信も感じられます。

検査時も、本当にスタッフの方々がテキパキと処置してくれて、麻酔でウトウトしている間に終わってしまったという感じです。信頼して検査を受ければ、不安も感じなくなるでしょう。

まとめ

胃がん・食道がんは、早期発見・早期治療が大切です。胃カメラ・内視鏡検査を受ければ、助かる可能性が高くなります。そして胃カメラ・内視鏡検査は、名医にお願いすれば安心です。

大腸内視鏡と胃カメラの検査についてはこちらの記事「大腸内視鏡検査と胃カメラ検査のことが分かるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花粉症の時期はいつ?春だけじゃない!症状が出たら対策を!

スポンサードリンク 花粉症と言えばスギ花粉が飛び散る春を思い浮かべるのではないでしょうか? しかし、春以外の季節でもなんだか花粉症のような症状が出ることがあります。もしかしたらそれはスギ花粉以外の …

冬でも水虫でかゆい 指の間やかかと 治る?

スポンサードリンク 年末年始に帰省し、実家で過ごしていたらなんだか足の指の間がムズムズ痒くなってきました。「もしかして水虫?!」と心配になってきました。冬でも水虫になることがあるのでしょうか? ス …

マイコプラズマ肺炎の症状・治療・予防は?流行はいつ?

スポンサードリンク マイコプラズマとは細菌の一種で、マイコプラズマ肺炎とはマイコプラズマが主たる原因となって引き起こされる肺炎のことです。かつては夏季オリンピックが行われる年に流行する傾向があった …

パソコン腱鞘炎で手首が痛い!原因・治療・予防 サポーター

スポンサードリンク 腱鞘炎になったことがありますか?日常的に身体のある部分を動かして酷使すると、腱鞘が炎症を起こし、痛むようになることがあります。これが腱鞘炎で、最初は軽い痛みなのですが、そのまま …

肌の乾燥の原因と対策で保湿にコラーゲンは効果あるの?

スポンサードリンク 空気が乾燥してくると肌が乾いて辛くなりますね。日本では一般に冬場になると空気が乾燥しますが、実は冬に限らず、エアコンの影響や飛行機の中など、乾燥した空間にいることになる場合があ …

最近のコメント