ヘルス

抱き枕は身体・健康に良い?選び方のポイントとおすすめは?

投稿日:2017年7月23日 更新日:

抱き枕を使ったことがありますか?妊婦さんに抱き枕がおすすめということはかなり知られていますが、妊婦さんでなくても快適な睡眠のために役に立つものですのでおすすめです。抱き枕のメリット、選び方と実際に私が使って気に入っている人気の抱き枕である「王様の抱き枕」について紹介します。

スポンサードリンク

抱き枕は身体・健康に良い?

抱き枕を使うメリットは、主に以下の2つです。

1.睡眠時の姿勢のバリエーションが増える

人間は1日に20回以上寝返りをすると言われていますが、それは長時間同じ姿勢を続けると、下になっている部分に負荷がかかり過ぎるからです。寝返りを打つことで、下側になる身体の部分がかわり、特定の部分に負担がかかることを避けられます。また寝床内の温度・湿度を調節する効果もあると言われています。

特に妊婦さんでお腹が大きくなるほど、お腹が重くなってきますので、仰向けで長時間の姿勢でいるのはかなり辛くなってきます。横向きになった時には、抱き枕があると楽です。抱き枕があれば、身体を安定させる姿勢のパターンが増え、寝返りをし易くなります。

2.安心感が得られる

人間、何かに抱きついていると安心感が得られるものです。それは小さな子供が親に抱きつくのを見ても分かりますし、実際に抱き枕を使ってみれば実感できます。人間はストレスが溜まり、不安になると睡眠にも影響します。抱きつくことで安心感を得るということは睡眠においては重要です。

3.いびき防止

いびきの原因は複数ありますので、全てにおいて解決できるわけでは無いですが、一般的にはよく向きで眠るといびき対策になると言われています。そんな時に抱き枕があると断然楽です。

抱き枕の選び方

抱き枕の選ぶ際には、以下のポイントをチェックしましょう。

1.形状

流線形・人型タイプ、三日月形・バナナ形タイプ、円柱形タイプ、ロング枕タイプなどが代表的です。個性的なタイプとしては、L字形・U字形タイプ、キャラクター形・動物形タイプなどもあります。悩んだら流線形・人型タイプ、三日月形・バナナ形タイプなどが身体にフィットし易くておすすめです。

2.サイズ

サイズは、抱きかかえた時に余裕で足の間に挟めるものが良いでしょう。したがって、身長によって丁度良いサイズが異なってきます。

3.硬さ・柔らかさ

あまり硬過ぎず、柔らかめの方が初心者には良いでしょう。

4.素材

まず外側の素材は、直接肌に触れるので、キメの細かい滑らかな生地でできたカバーがおすすめです。カバーですので、汚れたら外して洗濯できます。またファスナーは邪魔にならないように、露出し難くなっていれば理想的です。枕の中身は人口素材のビーズや人口素材のわたでできていれば、衛生面でも安心です。


スポンサードリンク

抱き枕のおすすめは?

色々な抱き枕が販売されていますが、実際に私が購入して満足しているのは「王様の抱き枕
」です。

以下の写真のように形・サイズ、柔らかさが絶妙で、人気の高い抱き枕です。自分の身体の大きさに合ったものを選ぶようにしましょう。



カラーバリエーションが豊富なところも嬉しいです。家族でそれぞれ好きな色のものを選ぶようにして、自分の枕が一目で分かるようにしています。



ひんやりクール機能や消臭機能が付いたものもあります。クール機能は夏場は本当に快適です。



この「王様の抱き枕」を使ってから、本当に快適な睡眠が得られています!就寝時に布団に入り、この王様の抱き枕を抱きしめる時が至福の時となりました。心身ともに癒やされます。もはやこの抱きまくらを手放せません。

まとめ

抱き枕は快適な睡眠をサポートしてくれるアイテムです。睡眠の大切さを考えれば、非常に価値あるアイテムですね。

大切な睡眠についてはこちらの記事「睡眠のことが分かるまとめ!健康には大切です!」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供の熱中症の症状と対処方法・予防方法をチェック!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で湿度も高く、熱中症で搬送される人も毎年かなりの人数になります。幼い子供の場合、熱中症になった時に自分の身体の状態を上手く周囲の人に伝えることができないこともあり …

突発性難聴の治療はいつまで?治る?病院に行くべきか?

スポンサードリンク それまで特に異常なく耳が聞こえていたのに、ある時急に耳が聞こえにくくなったとしたら、もしかしたら突発性難聴という病気かもしれません。突発性難聴になったら、「とにかく早く治療を受 …

熱中症の症状と重症度・知っておきたい対処方法と予防方法 

スポンサードリンク 日本の夏は年々暑くなり、熱中症で搬送される人・死亡する人は増加傾向にあります。熱中症は命に関わる重大な病気で、その発生を予防するとともに、熱中症になってしまった際は適切な治療が …

糖尿病の予防 食事・ダイエット 運動 原因から考える

スポンサードリンク 「糖尿病」という言葉はよく聞くと思いますが、どのような病気かご存知ですか?糖尿病は一度発症すると治癒することがなく、一生付き合い続けていかなければならない病気です。また糖尿病が …

歯磨きは虫歯予防の基本 歯ブラシの選び方とえずく人の克服方法

スポンサードリンク 日本では30年ぐらい前から年々虫歯が減っています。それは、虫歯予防のための歯磨きについての啓蒙・教育、虫歯の早期発見・早期治療が地道に普及してきた成果と考えられます。 病気を予 …

最近のコメント