車のエアコンのことがわかるまとめ!燃費と事故防止にも効果あり!

車のエアコン

自動車で快適なドライブをするには、エアコンを上手に使いこなすことがポイントです。エアコンの使い方は燃費にも大きな影響を与えますし、交通事故防止にも影響します。かなり重要なことですね。以下に紹介します。

スポンサードリンク

車のエアコンの温度で燃費が良くなる設定は?

夏の炎天下に車を駐車していて、エアコンを切って窓を閉め切った状態では、1時間程度で車内の温度が50℃を超えることも珍しくありません。車種や色などにもよりますが、ダッシュボードの温度は70℃以上になることも普通にあります。最近はほとんどの車にエアコンがありますので、暑い日にはエアコンを使いましょう。エアコンを使うと電力を消費しますので、燃費に影響を与えます。

エアコンを使うことを前提とするならば、冷房の設定温度を何度にするのがもっとも消費電力が抑えられ、燃費を悪化させないで済むのかということがポイントとなります。もちろん車内を快適な温度範囲内にした上でのことです。

結論から言うと、夏場に冷房する時は、車のエアコンの設定温度を25℃にするともっとも消費電力が少なくなり、燃費が良くなります。ちなみに欧州車は22℃です。なぜでしょうか?

車では、エンジンの回転を使って冷媒を圧縮するコンプレッサーを動かします。もともとは駆動のみに使っていた動力をコンプレッサーに使いますので、その分だけ燃費が低下します。車のエアコンでは、冷媒を0℃付近まで冷やし、ここに外気を当てて温度調節し、設定した温度の風を車内に送ります。この時の温度が25℃でもっとも効率が高くなるようにエアコンのシステムが設計されているため、この温度で燃費が高くなるのです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:夏場の車のエアコンの温度で節約できるのは?換気とシェードも活用!

エアコンは外気導入と内気循環の正しい使用方法

最近の車のエアコンには外気導入モードと内気循環モードがあり、切り替えができます。車の取扱説明書には基本的には「外気導入モードで使う」ように記載されていることはご存知でしょうか?

外気循環モードでは排気ガスのニオイがすることが多いですし、冷暖房の効率も内気循環モードの方が高くなり、燃費も良くなりますので、内気循環モードの方が良さそうな印象があります。

それでも外気循環モードで使うことが基本とされているのは、密閉された車内空間で酸素濃度が下がり、二酸化炭素濃度が高くなりやすいためです。このような状況では眠くなりやすく、安全上重大な問題となります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:車のエアコンは外気と内気のどっちで使うべき?正しい使い方は?


スポンサードリンク

車の冷房が効かない!対処方法は?

車を買って、長年乗っていると、エアコンから出てくる風が冷えなくなることがあります。場合によってはエアコンから風が出てこなくなることもあります。そんな時は、まずエアコンの「A/C」ボタンがONになっているか確認しましょう。暖房は「A/C」ボタンをONにしなくても使えるのですが、冷房は「A/C」ボタンをONにしないと使えません。「A/C」ボタンをONにして冷えた風が出てくれば問題ないでしょう。

「A/C」ボタンをONにしても冷えた風が出てこない、あるいは調子が悪いようでしたら、以下のようなトラブルが考えられます。

1.エアコンのフィルターの目詰まり
2.エアコンの冷媒ガスが少なくなっている
3.コンプレッサー等の部品の故障

単純にエアコンの故障だけならば通常は修理可能です。まずはディーラーに持ち込んで、調べてもらい、修理見積もりお願いしましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:車のエアコンが冷えない!修理は?そのまま使い続けると危険?

凍結したフロントガラスの溶かし方

冬にフロントガラスの凍結すると、溶かしてから出発しなければなりません。

そんな時は車のエアコンを使うと比較的速く氷を溶かせます。エンジンを始動し、エアコンで車内の温度を上げれば、徐々に窓から熱が伝わって溶け始めますが、それよりもエアコンをデフロスターとして使用して暖めた方が速く溶けます。

フロントガラスが凍結している時にお湯をかけて溶かそうとするとガラスが割れる可能性がありますのでおすすめできません。

天気予報を見て、明日の朝にフロントガラスが凍結しそうであれば、もっと簡単にフロントガラスの凍結を防ぐ方法もあります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:車のフロントガラスが凍結したらエアコンで溶かす?

まとめ

暑い夏でも、寒い冬でも、エアコンを上手に使って快適なドライブをしたいですね。車のエアコンの使い方について紹介しました。

家のエアコンについては以下の記事をご覧ください。

関連記事:エアコンのことがわかるまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました