まとめ

オイルヒーターと石油ファンヒーターと冬の暖房のまとめ!

投稿日:

日本の冬は、ほとんどの地域で暖房が必要な気温になります。夏の冷房のためのピーク電力も話題になりますが、消費電力量は冬の方が大きく、電気代も冬の方が高くなります。暖房で部屋を暖めなければいけませんが、暖房代も節約したいです。もちろん安全な暖房器具であることも重要です。オイルヒーターと石油ファンヒーター、およびその他の寒さ対策について紹介します。

*エアコンについては、こちらの記事「エアコンのことがわかるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

オイルヒーターは電気代が高い?長所・短所は?使い方のコツを紹介

ここ数年はオイルヒーターの人気が出て、普及しています。暖房として理想的な特長があることが人気の理由のようです。理想的な暖房とはどのようなものでしょうか?

理想的な暖房とは少なくとも2つの特長があります。

1つ目は、「どこに暖房器具があるかと言うことをほとんど意識させずに、部屋全体をじんわり暖かくする暖房」です。これはストーブなどの暖房器具に近づいて身体を暖めてみれば体感できます。暖房器具に近い側はものすごく暖まりますが、反対側はそうではありません。自分の身体でさえ温度差が大きいわけです。暖房器具がどこにあるかを意識しないほど、部屋全体がむら無く暖められれば快適です。

もう1つは、安全であることです。日本でもこれまでに冬に暖房器具による事故が発生しています。石油ストーブなどのように暖房器具の外周部が高熱になるものは、触れるとやけどしてしまう危険があります。また火災の発生原因になってしまうことがあります。また部屋内で燃料を燃焼させると、二酸化炭素が発生しますし、酸素が不足すると一酸化炭素中毒になることもあります。このようなリスクが無い暖房器具が理想的です。

オイルヒーターは、上記の2つの特長を両方とも持っている暖房器具です。そんな特長が多くの人に受け入れられ、オイルヒーターを選ぶ人が多くなりました。

オイルヒーターは、電気により部屋を暖めますので、電気代が高くなることが最大の短所です。これは同じく電気を使うエアコンよりも多くの電気を使用することも影響しています。しかし、いくつかの工夫をすることで消費電力量を下げることができます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:オイルヒーターは電気代が高い?長所・短所は?使い方のコツを紹介

オイルヒーターの評判は本当?電気代が高い?

自宅の暖房器具としてオイルヒーターを選ぶ人が多くなりましたので、いろいろな評判を耳にするようになりました。例えば「電気代が高い」「部屋が暖まるのに時間がかかる」などといったものです。これらは本当でしょうか?実際に、自宅で4台のオイルヒーターを使用している私が、これらの評判について解説します。

私は、15年ぐらい前にドイツに出張に行った時に、宿泊したホテルの部屋にオイルヒーターが設置されており、それが非常に快適だったので帰国後にオイルヒーターを買いました。輻射熱で部屋を暖めるので身体に優しく、快適です。エアコンのように温風が顔に吹き付けるような暖房器具では喉や鼻が辛いのですが、オイルヒーターならばそのようなこともありません。

また当時は子供が小さかったのですが、オイルヒーターに子供が直接触ってもやけどしませんので安心です。家庭でのストーブやヒーターが原因の事故が発生していることを考えると、根本的に安全性の高いオイルヒーターは魅力的です。

私はこれらの特長だけでもオイルヒーターを選ぶ十分な理由になると思いますが、電気代がコメントという意見もよく聞きます。家庭で使用する暖房器具の中で、最も効率が高いと言われるのがエアコンです。部屋の空気を暖めるという点では、そのスピードが速く、消費電力も少ないため、オイルヒーターよりもエアコンの方が圧倒的に優れています。

しかし、ここで注意すべき点があります。それはエアコンは空気を暖めて、それを温風として吹き出す暖房器具です。オイルヒーターは内部のオイルを加熱し、それにより暖められた本体からの輻射熱で部屋を暖めます。このことがどのような違いを引き起こすのかというと、部屋にある家具、壁、天井などの温度に差が生まれます。温風を吹き付けるよりも輻射熱で部屋全体を暖める方が、部屋にある家具、壁、天井などの温度が高くなります。そうすると、ある程度部屋内が暖められた後に電源を切っても、オイルヒーターを暖めた方が部屋の温度が下がりにくくなります。

エアコンとオイルヒーターの厳密な消費電力量の比較は、部屋の断熱性、部屋内においてある家具等、天井の高さ、暖房の電源を入れてから連続的に使用する時間等にも依存しますので、正確に表現することは難しいのですが、前述の特性から、ある程度部屋が暖まった後は、思ったほどは消費電力量は多くなく、電気代も驚くほど高くはならないと言って良いでしょう。電源を入れて部屋を暖め始めて、部屋の温度が一定になる前に電源を切ってしまったり、一定になってからの時間が短くなるほどオイルヒーターの方が不利になるでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:>オイルヒーターの評判は本当?電気代が高い?暖まりにくい?


スポンサードリンク

石油ファンヒーターのメリットとデメリットは?

日本では家庭用の暖房器具としてはエアコンが主流で、最近は年間800万台以上の販売台数となっています。それに比べると石油ファンヒーターは少ないのですが、それでも年間200万台以上の販売台数となっています。気温がかなり低くなると、石油ファンヒーターの販売が急激に伸びたりすることからも、その人気が分かります。

石油ファンヒーターの主なメリットは以下のような点です。

1.部屋全体が足元から短時間で暖まる

2.暖房費・トータルコスト

3.簡単に持ち運べる

4.積雪時でも問題なく使える

5.消費電力が比較的低い

6.湿度が下がりにくい

石油ファンヒーターの主なデメリットは以下のような点です。

1.灯油を買って、タンクに入れなければならない

2.換気が必要

3.石油を使い切らないといけない

詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:石油ファンヒーターのメリットとデメリットは?おすすめは?

冬の電気代が高いのはなぜ?節約術で抑えるためには?

一年の中でもっとも電気代が高くなるのは、通常は冬です。夏の猛暑の時はピーク電力が高くなるのですが、1日の電力需要(使用量)は暖房を使い続ける冬の方が高くなります。部屋を暖めるには多くの電力を使用するためです。

冷房・暖房に使用する機器としてもっとも効率が高いのは、ヒートポンプ式のエアコンです。夏場の冷房にはエアコン以外の機器は考え難いですが、冬場の暖房にはエアコンだけでなく、オイルヒーター、コタツなどの他の暖房機器もあります。エアコン以外の機器で部屋の温度を上げようとすると、一般に消費電力が高いため、冬場の電気代を上昇させる要因となります。

それでも暖房を使わないわけにはいきませんので、冬の電気代を抑えるには暖房の効率を上げることが重要となります。具体的なポイントを以下に記します。

1.家の断熱性を高める

2.厚手のカーテンの使用

3.太陽光の取り込み

以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:冬の電気代が高いのはなぜ?節約術で抑えるためには?

まとめ

オイルヒーターと石油ファンヒーターのメリットとデメリットについて紹介しました。暖房は電気代が気になりますが、消費電力を抑えるためには、暖房器具だけの問題ではなく、部屋の断熱性を高めるなどいくつかの工夫をすれば暖房効率を上げることができます。電気代を節約するだけでなく、地球にも優しいので実践してみましょう。

スポンサードリンク


-まとめ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

母の日のことがわかるまとめ

スポンサードリンク 日本では母の日は大切な日になっていますね。それだけに母の日のためにどのような準備をして、母の日を楽しく過ごすのかということで悩みますね。母の日についてのことを以下にまとめてみま …

夏バテの症状・原因・対策がわかるまとめ!猛暑を乗り切ろう!

スポンサードリンク 日本の夏は本当に厳しい猛暑です。暑い日が続けば夏バテになるのも無理はありません。それにしても夏バテなのか、病気なのか区別ができるでしょうか?夏バテの原因と対策についても知ってお …

筋トレとプロテインのまとめ!効果の出る方法は?

スポンサードリンク 鍛えられた筋肉はカッコ良いですね。しかし、筋肉をつけるメリットはそれだけではありません。体力が付き、日常生活の動作が楽になります。特に高齢者になった時に多くの筋肉を維持できてい …

梅雨時期に知っておくと役立つことまとめ

スポンサードリンク 気温が徐々に高くなり、雨の日が多い梅雨時期は、湿度が高いため、濡れたものが乾きにくく、トラブルが多くなります。それぞれのトラブルへの対処方法を知っていれば、ジメジメする梅雨でも …

足がつる・疲れる原因は?靴によるトラブルは?

スポンサードリンク 健康のためには歩くことが大切と言われています。必ずしも「1日に1万歩」までは必要ではないという説がありますが、ある程度以上の時間は歩く必要があるようです。それなりの時間歩いた後 …

最近のコメント