冷え性についてのまとめ!対策して改善しましょう!

冷え性

冷えは身体のいろいろな不調をもたらします。他の人は大丈夫でも自分だけ辛いということがよくあります。自分の辛さが他の人にはわかってもらえないだけに余計に辛く感じます。冷え性の改善方法・対策などについて紹介します。

スポンサードリンク

冷え性の改善方法は?

足の冷えは辛いですよね。寝ている時も足の冷えが原因で目が覚めてしまうことがあります。他の人はそのようなことはなくても、冷え性の人は自分だけそんな辛い目にあうこともあります。

冷え性は、東洋医学では治療すべき疾患とみなされていますが、実は西洋医学では明確な病気とみなされていません。そのため、冷え性であるか否かを診断することもある程度の曖昧さがあります。一般的には以下のようなことが冷え性の原因と考えられています。

1.筋肉量の減少

2.カロリー不足・栄養失調

3.自律神経の乱れ

4.冷たいものの摂り過ぎ

これらの原因を考慮し、解消するための方法があります。例えば運動して筋肉量を増やす、カロリーと栄養が不足しないようにバランスを考えて摂取する、自律神経を整える、冷たいものを控えるなどです。自分がどれに該当するのかを考えて改善すると良いでしょう。

しかし、これらは時間がかかり、努力も必要ですので、すぐに冷えを改善するには靴下を履くなどの対策が考えられます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:足が冷える原因は?つらい冷え性を改善する方法と対策

冷房病で寒気がする!対処法は?

冷房を使っている部屋に長時間いると、身体が冷え切って体調が悪くなってしまうことがあります。そのようなことがよく起こるのであれば、もしかしたら冷房病かもしれません。

暑い場所と冷房の効いた部屋を行き来すると、人間の体温調節をする自律神経が乱れてしまい、自律神経失調の状態になりやすくなります。これが冷房病の原因にもなります。

冷房病では身体が冷えた状態になりやすく、それに関連して腰痛、肩こり、頭痛を引き起こしやすくなります。さらに自律神経の不調は、便秘・下痢などの腸の不調、腹痛、食欲不振、疲労感、鼻炎などを招きます。人によってどのような症状が出るかは異なりますが、案外辛いものです。軽く考えず、慢性化しないように解決しましょう。

冷房病の対策としては、まずは防寒、それから身体を温めることです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:冷房が寒い!もしかしてクーラー病?すぐに対策を!


スポンサードリンク

お腹を冷やすと便秘・下痢などの原因に!

食中毒などで急激に激しい下痢などになれば、原因は明らかなので病院で治療を受けるべきです。しかし、それほど重症でなくても、何となくお腹が痛くて、それが数日間も続くことがあります。それも辛いですよね。原因を調べて、しっかり対策をして治したいですね。

私も、夏場に便秘と下痢で腹痛が続いていました。原因を調べたところ、どうやら就寝時に寝冷えをしていたようです。猛暑になると夜も暑いので、寝るときにエアコンで部屋を部屋した方が、熱中症予防のために良いでしょう。特に冷え性でなく、エアコンの設定温度も極端に低くなければ、手足が掛布団から出ていても問題ないことが多いですが、寝返りをうつなどしてお腹が出ていると寝冷えの原因となります。

就寝中にお腹が冷えるのを防ぐ方法としては、腹巻きが効果的です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:軽い便秘・下痢で腹痛が数日間続く!その原因と対策は?

まとめ

冷え性で苦しむ人のために、冷え性の原因と改善方法・対策などについて紹介しました。辛い冷え性を解消しましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました