国内旅行・出張の飛行機についてのまとめ!

国内線飛行機

国内の旅行・出張の際に飛行機を利用する人は多いです。頻繁に飛行機を利用する人は、いろいろな経験をしていますので、飛行機を上手に利用できる人が多いです。しかし、それほど頻繁に利用していない人にとってはわからないことが多く、困ることが多いでしょう。以下に役立つ情報を紹介します。

スポンサードリンク

飛行機のオーバーブッキングはなぜ起こる?対処方法は?

あまり飛行機に搭乗する機会が無い方は、空港で飛行機がオーバーブッキングになっている状況に遭遇すると驚くかもしれません。指定席を予約するような乗り物でオーバーブッキングになるなんて少々不思議な気もします。

「オーバーブッキングで飛行機に搭乗できないことがある」ということを初めて知った時には、私は非常に驚きました。何日も前から予約を入れ、お金を払っているのに、航空会社が座席数よりも多くの人の予約を受け付けて、状況によっては搭乗拒否するなんでひどい話ではないかと思いました。

しかし、これは日本のみでなく、世界中の航空会社で当たり前のように行われていることです。そうであれば、飛行機を利用する以上は受け入れざるを得ません。「飛行機はオーバーブッキングするものであり、状況によっては搭乗拒否される」ということです。

航空会社はなぜオーバーブッキングをするのでしょうか?それは一定の確率で、予約した便に搭乗しない人がいるため、それに応じた人数をオーバーブッキングし、空席になることを防ぐためです。オーバーブッキングで搭乗拒否されないようにするためには、基本的には早めに空港に行くことが効果的でしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:オーバーブッキングで飛行機に乗れない?回避する方法は?

台風による飛行機の欠航について

今年の夏休みは多数の台風が発生し、日本に来襲しています。夏休みやお盆休みは、家族で旅行する方々が多く、日本中の交通機関や観光地が混雑します。それだけに飛行機が台風で欠航になると困りますね。台風によりどのような状況になると欠航となるのでしょうか?

まずある程度の勢力の台風が日本のどこかに上陸すると、そのエリア・時間帯にある空港のフライトが欠航になることがあり、各航空会社のサイトなどで確認できます。自分が搭乗する予定の飛行機が欠航になっているのかどうかを、まずは航空会社のサイトで確認しましょう。状況にもよりますが、午前中のフライトならば前日に欠航が決定することもあります。

次に知っておきたいのは、台風が来襲するからと言っても、必ず欠航になるわけではないということです。台風は常に移動しており、観測技術も向上していますので、危険を回避しつつ飛行機を予定通り運行する努力をギリギリまでしています。そのため事前に欠航が決定しない場合は、空港へ行き、チェックインし、保安検査場を通過して、搭乗ゲートで待機する必要があります。

特に台風が移動し、飛行機の飛ぶ経路に台風が来る場合は判断が難しいです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:台風で飛行機は欠航になるのか?途中・出発地・目的地にいる場合


スポンサードリンク

ANAのツアーで飛行機が欠航になった場合について

台風が来襲するなどによってANAのツアーでフライトが欠航になった場合は、どのような扱いになるのでしょうか?

台風が日本に向かってくる状況は、天気予報などで詳しく報道されますし、インターネットでも確認することができます。それでも台風の進路は100%の確度で予想できるわけではなく、進路予想にもある程度の幅があり、判断が難しいです。

台風などの気象条件による場合は、ギリギリまで欠航になるか分からず、航空会社・機長もできる限り運行する努力をします。機材トラブルの場合は、代替機を手配する努力をしますし、同一路線の他の便は運行できる可能性が高いです。航空会社のサイトに欠航の決定が表示されるまでは、基本的には運行されると考えて、搭乗ゲートに行って待機する必要があります。

それでも最終的に予定していたフライトが欠航となったら、ツアーはどのような扱いになるのかは、往路便と復路便によって異なります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:ANAのツアーで飛行機が欠航になった場合のツアーの扱いは?

まとめ

国内の旅行・出張で飛行機を利用する際に役立つ情報を紹介しました。頻繁に飛行機を利用する人以外は、案外驚くようなこともありますので、そんな時に困らないようにご活用ください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました