国内旅行・出張の飛行機についてのまとめ!

まとめ

国内の旅行・出張の際に飛行機を利用する人は多いです。頻繁に飛行機を利用する人は、いろいろな経験をしていますので、飛行機を上手に利用できる人が多いです。しかし、それほど頻繁に利用していない人にとってはわからないことが多く、困ることが多いでしょう。以下に役立つ情報を紹介します。

スポンサードリンク

オーバーブッキングで飛行機に乗れない?回避する方法は?

あまり飛行機に搭乗する機会が無い方は、空港で飛行機がオーバーブッキングになっている状況に遭遇すると驚くかもしれません。指定席を予約するような乗り物でオーバーブッキングになるなんて少々不思議な気もします。私も千歳空港から夜の羽田空港行の便に乗った時に、オーバーブッキングで航空会社のスタッフが1万円の協力金で席を譲ってくれる人を募集している所を見たことがあります。幸い私は搭乗できましたが、状況によっては搭乗を拒否されるケースもあります。

「オーバーブッキングで飛行機に搭乗できないことがある」ということを初めて知った時には、私は非常に驚きました。何日も前から予約を入れ、お金を払っているのに、航空会社が座席数よりも多くの人の予約を受け付けて、状況によっては搭乗拒否するなんでひどい話ではないかと思いました。しかし、これは日本のみでなく、世界中の航空会社で当たり前のように行われていることです。そうであれば、飛行機を利用する以上は受け入れざるを得ません。「飛行機はオーバーブッキングするものであり、状況によっては搭乗拒否される」ということです。

航空会社はなぜオーバーブッキングをするのでしょうか?それは一定の確率で、予約した便に搭乗しない人がいるため、それに応じた人数をオーバーブッキングし、空席になることを防ぐためです。予想に反して搭乗しきれない人数の予約者が集まった場合は、前述のように協力金を支払って次の便などに変更していただくように呼びかけ、最終的な人数調整をします。

オーバーブッキングで搭乗拒否されないようにするためには、基本的には早めに空港に行くことが効果的でしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:オーバーブッキングで飛行機に乗れない?回避する方法は?

台風で飛行機は欠航になるのか?途中・出発地・目的地にいる場合

今年の夏休みは多数の台風が発生し、日本に来襲しています。今後は地球温暖化の進行により、もしかしたら台風の数は増加していくのかもしれません。夏休みやお盆休みは、家族で旅行する方々が多く、日本中の交通機関や観光地が混雑します。それだけに飛行機が台風で欠航になると困りますね。台風によりどのような状況になると欠航となるのでしょうか?

まず明らかなのは、台風が日本に来襲すると、状況によっては飛行機は欠航になります。これはある程度の勢力の台風が日本のどこかに上陸すると、そのエリア・時間帯にある空港のフライトが欠航になることがあり、各航空会社のサイトなどで確認できます。自分が搭乗する予定の飛行機が欠航になっているのかどうかを、まずは航空会社のサイトで確認しましょう。状況にもよりますが、午前中のフライトならば前日に欠航が決定することもあります。

次に知っておきたいのは、台風が来襲するからと言っても、必ず欠航になるわけではないということです。台風は常に移動しており、観測技術も向上していますので、危険を回避しつつ飛行機を予定通り運行する努力をギリギリまでしています。そのため事前に欠航が決定しない場合は、空港へ行き、チェックインし、保安検査場を通過して、搭乗ゲートで待機する必要があります。

特に台風が移動し、飛行機の飛ぶ経路に台風が来る場合は判断が難しいです。それは以下のような理由です。

1.経路の途中に台風が存在する場合は迂回する

2.台風の上は通過しない

3.台風を突っ切ることがある

4.出発地が離陸可能であり、目的地が着陸可能であることが必要

詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:台風で飛行機は欠航になるのか?途中・出発地・目的地にいる場合


スポンサードリンク

ANAのツアーで飛行機が欠航になった場合のツアーの扱いは?

夏休みに家族でANAスカイホリデーのツアーに申し込んで鹿児島旅行へ行きました。羽田空港ー鹿児島空港間をANAの飛行機で移動するツアーでしたが、出発日も最終日も台風が日本へ来たので欠航になるのではないかとかなり心配しました。ANAのツアーでフライトが欠航になった場合はどのような扱いになるのでしょうか?

台風が日本に向かってくる状況は、天気予報などで詳しく報道されますし、インターネットでも確認することができます。それでも台風の進路は100%の確度で予想できるわけではなく、進路予想にもある程度の幅があり、判断が難しいです。

ある程度台風が直撃するリスクを想定して、事前にツアーをキャンセルできるでしょうか?通常はツアー開始日の20日前からキャンセル料が発生し、旅行開始日前日で40%、当日で50%ですので、現実的には難しいでしょう。また夏休みのような繁忙期では、多くの観光地が予約一杯で、台風の影響が少なそうな場所に目的地を変更し、直前で予約することも難しいですし、予約ができたとしてもツアーに比べてかなり割高になるでしょう。

飛行機が欠航になる原因は、台風、降雪、機材トラブルなどいくつかあります。気象条件による場合は、ギリギリまで欠航になるか分からず、航空会社・機長もできる限り運行する努力をします。機材トラブルの場合は、代替機を手配する努力をしますし、同一路線の他の便は運行できる可能性が高いです。航空会社のサイトに欠航の決定が表示されるまでは、基本的には運行されると考えて、搭乗ゲートに行って待機する必要があります。

それでも最終的に予定していたフライトが欠航となったら、ツアーはどのような扱いになるのかは、往路便と復路便によって異なります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:ANAのツアーで飛行機が欠航になった場合のツアーの扱いは?

国内ツアーのおすすめのサイトは?飛行機の空きがない場合は?

国内旅行へ行くならば、ほとんどの場合は飛行機・鉄道などの移動手段とホテルを別々に予約するよりも、それらをセットにした国内ツアーを予約した方が断然お得です!旅行の日程が決まったらできるだけ早く予約する方が安くなることが多いですし、多くの人が旅行するハイシーズンとなると予約も一杯になる可能性も高いので、予約するのが遅いと予約できなくなるリスクがあります。ようやく日程が決められる段階になってサイトから予約しようとしたら、飛行機が一杯で予約できないことがあります。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

国内ツアーを予約するには、JTBや楽天トラベルなどの旅行会社のサイトから予約する場合と、ANAやJALなどの航空会社のサイトから予約する場合があります。知っておいた方が良いのは、必ずしも航空会社の方がフライトに空きがある可能性が高いとは限らないということです。旅行会社は航空会社からフライトごとに座席を仕入れてツアーを組みます。航空会社も自社でキープしてる座席でツアーを組みます。どちらが先に満席になるかは分からず、それぞれの国内ツアーの価格設定や人気などにも依ります。また旅行会社で国内ツアーが売れ残っていて、航空会社の国内ツアーが売り切れてしまった場合はいずれかの要望によって座席を航空会社に戻されることも有り得ます。ギリギリまで両者が営業努力をすると考えられますので、いずれかで満席になってしまっていても、他方のサイトを念のためにチェックしてみた方が良いでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:国内ツアーのおすすめのサイトは?飛行機の空きがない場合は?

まとめ

国内の旅行・出張で飛行機を利用する際に役立つ情報を紹介しました。頻繁に飛行機を利用する人以外は、案外驚くようなこともありますので、そんな時に困らないようにご活用ください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました