4K・8K・ディスプレイ

4Kテレビを買った!4K/8K放送は見られる?8Kテレビの販売は?

投稿日:2017年8月4日 更新日:

日本では4Kテレビが売れています。NHKの8K、スーパーハイビジョンのディスプレイもいろいろなところで展示されています。

高精細なディスプレイの魅力は一目見れば分かります。いよいよ4K/8K実用放送が始まろうとしています。

家電量販店などで販売されているテレビと4K/8K実用放送について紹介します。

スポンサードリンク

4K/8K放送って何?いつ始まるの?

BS・110度CSによる4K・8K実用放送が2018年12月に開始される予定です。

現在放送されている地デジのハイビジョン放送は、解像度 縦1,920×横1,080=2,073,600(約200万画素)で2Kとも呼ばれます。これに対し4Kのテレビは解像度 縦3,840×横2,160=8,294,400(約800万画素)、8Kのテレビは縦 7,680×横4,320=33,177,600(約3,300万画素)です。

つまり、4Kはハイビジョンの4倍、8Kは16倍も解像度があります。テレビを見る時も、40インチ以上になるとハイビジョンでは画素の荒さが目立ちますが、4Kになると緻密な画像になり、その差は歴然です。それと同様にさらに大きなテレビでは4Kと8Kの差は歴然です。

現在はまだ4K/8K実用放送が始まってないため、スカパー!4Kチャンネル、ひかりTV 4Kなどの有料チャンネル以外では、4Kのコンテンツがなく(*一部4Kのブルーレイディスクがありますが、再生には4K用のUHD BDプレーヤーが必要)、ほとんどの場合、ハイビジョンの映像をアップコンバートして視聴することなります。

(*4Kコンテンツについては、こちらの記事「4Kコンテンツが不足?まだ楽しめないの?UHD ブルーレイ」をご覧ください)

アップコンバートの技術は、メーカー、テレビの機種によって差があり、綺麗に見えるものもあれば、違和感があるものもあります。やはり、映像信号から4Kのものを再生するよりはどうしても劣ってしまいますね。それだけに4K/8K実用放送が楽しみです。

4Kテレビを買ったけど4K/8K放送は見られるの?

家電量販店に行くと、高画質なテレビはほとんど4Kになっています。4Kテレビを買った方も多いでしょう。我が家でも先日ようやく買いました。

ところで今販売されている4Kテレビは買えば、2018年12月から開始される予定の4K/8K実用放送が視聴できるのでしょうか?

実は視聴できません。それは4K/8K実用放送用のチューナーが内蔵されていないからです。このことがほとんど周知されてなく、4Kテレビという名前で販売されているので、4K/8K実用放送が開始された時に混乱が起こるのではないかと懸念されています。

もちろん、何らかの後付けの4K/8K実用放送用のチューナーが販売されて、それを取り付ければ視聴できるようになる可能性はあります。4Kチューナー内蔵の4Kテレビについては、こちらの記事「4Kチューナー内蔵4Kテレビが東芝から発売!」をご覧ください。


スポンサードリンク

8Kテレビは販売される?

8Kテレビはまだ販売されていませんが、8Kのモニターはシャープなどから販売されています。シャープは、2015年10月30日に85型の8Kモニター「LV-85001」を、2017年6月30日には70型8Kモニター「LV-70002」の販売を開始しました。

85型は約1,600万円、70型は約800万円と、4Kテレビと比べても桁違いの価格ですが、85型から70型でかなり価格を下げたこと、重量(100kgから42.5kg)、消費電力(3分の1の470W)を下げたことは注目に値します。70型はすでに市販の4Kテレビ並みの重量と消費電力です。

これらのモニターは、まだ4K/8K実用放送が始まる前に販売されたので、多くの台数が売れることを想定してなく、このような価格設定になっています。

4K/8K実用放送用のチューナーを搭載した8Kテレビは、おそらくこの70型よりはかなり安く販売してくるものと予想されます。つまり、前述のモニターよりも桁違いの台数が売れると予想されるからです。

4K/8K実用放送が開始されてもハイビジョンの放送は継続されますので、シャープから販売される8Kテレビは2K, 4Kから8Kにアップコンバートする機能が搭載されるようです。多くのコンテンツが8Kで視聴できるなんて夢のようです。

楽しみですね。

*この記事を公開した後にシャープから8Kテレビ販売の発表がありました。ご興味ある方はこちらの記事「8Kテレビの販売はいつから?価格は?必要は?買い時は?」をご覧ください。

まとめ

4K/8K実用放送によって、ソースの映像信号から高精細の画像が放送され、テレビで楽しむことができるようになります。特に8Kのテレビで視聴すれば、最高の映像体験になるでしょう。

4Kテレビと8Kテレビなどの関連記事のまとめは、記事「4Kテレビ・コンテンツ・ビデオカメラと液晶・8K放送のまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-4K・8K・ディスプレイ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マイクロLEDディスプレイと有機ELはここが違う!

スポンサードリンク 有機ELがiPhone Xやソニー、パナソニック、東芝の大型テレビ、Apple Watchに搭載され、本格的に普及が始まりました。ディスプレイはまだまだ進化しています。 現在、 …

量子ドットのカドミウムの課題は解決できるのか?

スポンサードリンク 液晶ディスプレイの色域拡大(表示可能な色数増大)のために、量子ドットが使用され始めています。日本で量子ドットを搭載した液晶モニターが販売されています。量子ドットは、カドミウムの …

量子ドットディスプレイの色域を比較してみる!改善する?

スポンサードリンク 液晶ディスプレイの最先端のテクノロジーとして、量子ドットによる広色域化があります。広色域化とは、表示できる色の数を増やすことで、これまでの液晶ディスプレイでは表示することができ …

液晶と有機ELの消費電力を比較!どっちが高い?

スポンサードリンク 家電量販店のテレビ売り場には、液晶テレビと並んで美しい有機ELテレビが複数あります。まだ液晶テレビに比べて割高ですが、急速に値下がりしてきましたので、購入をお考えの方も少なくな …

4Kチューナー内蔵4Kテレビが東芝から発売!

スポンサードリンク BS・110度CSによる4K・8K実用放送が2018年12月に開始される予定です。4Kテレビが売れていますが、現在販売されている4Kテレビのほとんどでは、そのままではBS・11 …

最近のコメント