髭剃りでの肌荒れを防ぐおすすめの方法!剃刀負けはつらい!

髭剃り

ある程度の以上の年齢の男性のほとんどは、日常的に髭剃りをしていますので、髭剃りのトラブルに悩まされている人も多いです。髭剃りのやり方を工夫するだけで、髭剃りの悩みはかなり解消できます。以下に役立つ情報を紹介します。

スポンサードリンク

シェーバーでのカミソリ負け

男性の場合、毎日髭剃りをする人がほとんどです。それだけにちょっと面倒で、適当に髭剃りしてしまうと、カミソリ負けしてしまうことも・・・。最近は剃刀ではなく手軽なシェーバーを使う人が多いようですが、シェーバーでも油断するとカミソリ負けしてしまうことがあります。シェーバーでカミソリ負けしない方法を紹介します。

剃刀に比べるとシェーバーは手軽で、カミソリ負けし難いですが、それでも適切な方法・ケアをしないと肌を痛め、カミソリ負けしてしまいます。私の場合、以前は夏場はカミソリ負けをしなかったのに、空気が乾燥する季節になるとカミソリ負けすることがよくありました。このように一年の内の特定の季節だけカミソリ負けする人もいます。カミソリ負けする人は、まずは自分がどのような時にカミソリ負けするのかを知ることがカミソリ負け対策の第一歩です。

それから髭を剃るための大切な道具であるシェーバー選びは大切です。良いものを選びましょう。

シェーバーの刃は消耗品で、切れ味が落ちてきたら必ず新しいものに交換することも重要です。本体の価格に比べて交換用の刃が高いので、そのまま使おうとしてしまうことが多いのですが、これはカミソリ負けの最大の原因となります。

私の場合、シェーバーをある程度以上のグレードのものを選んで、肌を痛めないように丁寧に髭剃りをすれば、湿度の比較的高い時期はアフターシェーブローションをつけるだけで大丈夫です。ところが空気が乾燥する時期になると、アフターシェーブローションをつけただけでは肌が荒れてしまうことがよくありました。そのような場合は、アフターシェーブクリームを使っています。ローションだけでは補いきれなかった潤いが、クリームならばしっかり補えますので、カミソリ負けも防げます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:シェーバーでの髭剃りでカミソリ負けする!対策・ケア!

髭剃りで肌が赤くなる

ほとんどの男性は、日常的に髭を剃っているでしょう。特に社会人で、職場の状況から髭を剃って行った方が良いと考えている人ならば、毎日欠かさず髭を剃ってから出勤していると思います。そんな方々にとって困るのが、髭剃りによる肌荒れ。赤くなってしまうと恥ずかしいですし、ヒリヒリして辛いです。

髭剃りによる肌荒れで、肌が赤くなってしまったら、まずは髭剃りを止めた方が良いでしょう。髭剃りによる肌荒れの原因は、カミソリ・シェーバーの刃によって、髭とともに肌の表面の角質層が削り取られ、肌のバリア機能が低下することです。そのため、肌荒れで赤くなっている状態で同じやり方の髭剃りを繰り返すと治り難くなります。肌に繰り返しダメージを与えるのを避け、肌の修復を待つようにしましょう。

肌の修復には栄養と休養が必要です。タンパク質、ビタミン、ミネラルなどをしっかり補給しましょう。栄養に関しては、何か特定の栄養素だけを摂取すれば良いということではなく、量とバランスが大切です。どうしてもいつもの食事で栄養が偏ってしまうようならば、市販のプロテインなどであればバランス良く複数の栄養素が配合されていますので、補助食品として利用すると便利です。また肌は睡眠中に修復されますので、規則正しく、しっかり睡眠時間を確保することが大切です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:髭剃りによる肌荒れをケアする方法は?赤くなる人のために


スポンサードリンク

剃刀負けしない髭剃りの方法

男性のほとんどが髭を剃るでしょう。考えてみれば、髭を剃らないといけない年齢になってから、おそらく一生髭を剃り続けることになるわけです。髭剃りの時間は、人生の中でかなりの時間になるのかもしれませんね。そんな髭剃りが少しでも快適にできるようになると助かります。

朝の忙しい時間にはこの髭剃りに要する時間を短縮したくなります。少しでも短縮できれば、毎日のことですので、人生においてかなりの時間を節約できたことになるでしょう。さらに剃刀負けを防止できれば嬉しいです。

一番確実な方法は「髭脱毛」です。髭を取ってしまうわけですので、当たり前ですね。

「もはや髭剃りとは言えない!」と言われそうですが、脱毛しても、しばらくするとまた髭が生えてきますので、そこまで考えれば「髭剃りを楽にする方法」と言っても良いでしょう。

「髭脱毛」は、エステなどでやってもらう方法と、脱毛器を使って自分でやる方法があります。もちろん、エステで専門家にやってもらう方法の方が確実で、ケアも間違い無いのですが、エステの店舗まで行く手間がかかります。それでも、信頼できるエステサロンでしたら、それに勝る方法は無いでしょう。

脱毛器も安くはないのですが、エステに通うことを考えると、自宅で好きな時にできますし、繰り返し使えるのでコストパフォーマンスは良いでしょう。なぜならエステも1回ではなく、ある程度の回数通う必要があり、脱毛する場所が増えると追加料金がかかるからです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:剃刀負けしない短時間でできる簡単な髭剃りの方法!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました