花粉症対策グッズは?いつから?役立つ情報まとめ!

まとめ

花粉症になると、花粉が飛散する時期が近づくと憂鬱になりそうですね。つらい花粉症を少しでも和らげるグッズと、使用し始める時期などについて紹介します。花粉症に負けるな!

スポンサードリンク

空気清浄機のおすすめは?ウイルスや花粉の除去効果は?2020年版

花粉が飛散する時期になると、屋外に駐車してある車のボディの表面に花粉が降り積もっているのがわかるほど、遠くから花粉が飛ばされてきます。つまり大気中には花粉がたくさん舞い上がっているということになります。

そんな時期に屋外を歩けば、服や持ち物、身体に花粉が付着することは避けられません。帰宅時に家に入る前に付着した花粉を払い落として、できるだけ家の中に持ち込まないようにしましょう。

それでも完全に家の中に花粉が入らないようにすることは不可能でしょう。どうしても多少は花粉が家の中に入ってしまいます。特に家の中で舞い上がってしまった花粉を吸い込みやすいので、これを防ぐことが重要になります。

家の中で舞い上がった花粉を除去する方法として、空気清浄機の使用がおすすめです。花粉は比較的大きく、HEPAフィルターを装備した空気清浄機であればしっかり捕集してくれます。

最近は、花粉だけでなく、ハウスダストやPM2.5なども増えており、これらを吸い込むことでアレルギー症状が出る方もいます。もはや花粉の飛散する時期だけでなく、1年中空気清浄機を使用するのが当たり前になりつつあります。おすすめの空気清浄機の機種など、詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:空気清浄機のおすすめは?ウイルスや花粉の除去効果は?2020年版

花粉の除去に空気清浄機は効果ある?掃除機でフィルター清掃

私は比較的軽い花粉症なので、マスクなどを着用し、できるだけ花粉を吸い込まないようにするだけで、特に医療機関で治療を受けることなく乗り切ってきました。しかし、数年前に、花粉が原因のアレルギー性気管支炎になってしまい、呼吸器科で治療を受けたことがあります。軽い花粉症でも、常時花粉に晒されている状態になると、このように他の症状が出たり、もともとの症状が悪化してしまうことがあるようです。

「常時花粉に晒される状態」になる原因の1つが、自宅内に花粉が相当量入り込んでしまうことです。必ずしも目でよく見えなくても、部屋の中に舞い上がってしまっていると大変です。寝室まで入り込んでしまっていたら、本当に長時間花粉に晒されることになってしまいます。

場合によっては花粉だけでなく、ハウスダストも原因物質になっている場合もあります。部屋内を掃除し、換気することも必要ですが、部屋内に舞い上がってしまった花粉やハウスダストなどが残っていると症状は続きます。

この部屋内に舞い上がってしまった花粉とハウスダストなどを除去する効果が高いのが空気清浄機です。HEPAフィルター搭載の最新機種がおすすめです。HEPAフィルターの目が細かいので、部屋内の空気を空気清浄機中を通してあげればしっかり花粉やハウスダストを除去してくれます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:花粉の除去に空気清浄機は効果ある?掃除機でフィルター清掃


スポンサードリンク

花粉症の時期はいつ?春だけじゃない!症状が出たら対策を!

花粉症と言えばスギ花粉が飛び散る春を思い浮かべるのではないでしょうか?しかし、春以外の季節でもなんだか花粉症のような症状が出ることがあります。

花粉症の原因となるのはスギ花粉だけでなく、他にはハンノキ花粉、ヒノキ花粉、イネ花粉、ブタクサ花粉、ヨモギ花粉、カナムグラ花粉などが知られています。どの花粉にアレルギーがあるかは、人それぞれで、例えばスギ花粉にアレルギーがあるからといって、他の花粉にアレルギーがあるとは限りません。これらの花粉が飛ぶ時期が異なるので、原因となる花粉によって花粉症となる時期が異なります。

以下に関東地方での各種花粉症の時期について紹介します。

スギ花粉:ピークは2~4月。8月以外は微量に拡散。

ハンノキ花粉:ピークは3~4月。

ヒノキ花粉:ピークは3~4月。

イネ花粉:ピークは5~6月。7~10月も少量拡散。

ブタクサ花粉:ピークは8~9月。

ヨモギ花粉:ピークは9月。

カナムグラ花粉:ピークは9~10月。

スギ花粉以外にもいろいろな花粉が拡散し、花粉症の原因になっていることが分かります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:花粉症の時期はいつ?春だけじゃない!症状が出たら対策を!

花粉症で5月から鼻水が急に出るようになる!原因は?

ゴールデンウィークが明けた次の週の週末から1週間、海外出張に行きました。出発するまでは特に異常は無かったのですが、帰国後になんだか鼻水が止まらなくなりました。出張の過密スケジュールと時差のために疲労も蓄積しており、風邪をひいたのかと思っていたのですが、どうやら花粉症のようです。

透明で水のような鼻水が出てきて、くしゃみを連発したりして、発熱も無いようであれば花粉症の可能性があります。住んでいる地域によって、どのような花粉がいつ多くなるのかは違いがありますので、自分の地域の状況をインターネットなどで調べてみましょう。

上記のような症状が出て、その地域での花粉の飛散量も多く、発熱などの風邪の症状が無く、さらに浴室などの花粉が少なそうな空間では症状が緩和されるようであれば、花粉症の可能性が濃厚です。

医療機関でアレルギー検査を受けることができますが、その時にアレルギー反応が出ていなくても、ある日突然花粉症になることはあります。多くの人が、生まれた時から花粉症なのではなく、ある時から花粉症の症状が出てくることを考えても、「ある日突然花粉症になる」ものと考えて良いでしょう。したがって、ある時にアレルギー検査をして、陰性であったとしても、それは将来まで花粉症にならないことを保証するものではありません。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:花粉症で5月から鼻水が急に出るようになる!原因は?

まとめ

花粉症対策グッズと花粉症の時期について紹介しました。備えを万全にして上手に乗り切りましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました