魚を冷凍したら賞味期限は?通販で買う魚を保存すれば便利!

鮭 魚を食べる

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、不要不急の外出を控え、できるだけ自宅に居るように要請されています。スーパーが混雑するため、東京都ではスーパーへの買い物も3日に1回程度に減らして欲しいとのアナウンスをしています。このような状況になると、インターネットの通販で日持ちする食品を購入し、自宅でゆっくり食べられると便利です。もちろんこのような非常事態でなくても、食品を買い置きしてそれをある程度の期間食べて生活できれば、食品の買い物にかかる手間と時間を減らせますので便利です。

買い置きして日持ちする食品として「通販で買える冷凍した魚」の賞味期限について紹介します。特に日本で穫れる魚や、日本企業が養殖・買付してきた魚を食べることが、日本の食の安全にも貢献できますので、積極的に食べたいですね。

スポンサードリンク

注目!!
▼魚の養殖・消費量・アニサキスなどの疑問についてはこちら▼
魚を食べるなら知っておきたいことまとめ!

魚を冷凍したら賞味期限は?

一般的には冷凍した魚の賞味期限は1ヶ月程度となっています。しかし、保存する魚の種類、魚を獲ってから冷凍するまでの処理と管理、冷凍後の保存・管理、私達の所へ届くまでの輸送中の管理状態などによっても賞味期限が変わってしまうのが現実です。

特にあまり魚を獲ってから処理し、冷凍・保存するための知識が十分でなく、熟練もしていない一般の人が作ったものは、品質にバラツキがあるでしょう。これらに詳しくて熟練していたら、それはプロですので一般の人が詳しくないのは無理もありません。できるだけ自分が釣った魚などは、早く食べてしましょう。

ここでは信頼できる魚のプロが加工した冷凍魚に話を絞ります。基本的にはこれらをインターネットの通販で購入する時は、商品が掲載されているページの説明をよく読みましょう。

賞味期限は1ヶ月程度のものもあれば、もっと短いものもありますし、反対に非常に長いものもあります。ちょっと調べてみると驚くほど長期間保存できるものもありますので、冷蔵庫に余裕があれば多めに買っておくとお買い得なことが多いです。

ちなみに「賞味期限」は美味しく食べることができる期限で、「消費期限」は安全に食べられる期限です。せっかくならば美味しく食べたいので、これらが混乱しないように以降は「賞味期限」だけに注目します。

それでは早速、具体的な例を見てみましょう。

魚を冷凍したら賞味期限は?具体例で確認!

まず日本人1人当たりの購入量がもっとも多い魚介類である「鮭(サケ)」について見てみます。

1.「塩紅鮭切身」と「熟成秋鮭切身」

人気の北海道函館市のふるさと納税の鮭の切り身です。32切もの切り身セットになっているので「多すぎる!」と思うかもしれません。しかし、この商品の紹介ページをよく見てみると「賞味期限:製造日から1年(冷凍)」と記載されています。

つまり、1年も持つんです!これを見て私は驚いてしまいました。4切ずつ個装になっていますので、4人家族ならば1回で1袋食べてしまうでしょう。そうすると8回で食べ終えてしまうので、週に1回食べても8週間で食べられます。もちろん週に2回ならば4週間です。1年も持つならば余裕ですよね。

2.鮭の粕漬け

鮭の粕漬けは、冷蔵のものと冷凍のものがあり、冷蔵のものの方が賞味期限が短いです。冷凍のものは、例えば以下の商品の場合、「■賞味期限:製造日より冷凍で30日」と記載されています。量を考えて注文すれば、便利です。塩漬けだけでなく、粕漬けなどがあれば、味のバリエーションが増えて楽しめます。

3.ほっけ

冷凍したほっけも賞味期限が長いです。以下の商品の場合、「賞味期限 ホッケは2ヶ月以上」と記載されています。鮭だけでなくほっけなども買えば、飽きないですね。

4.中トロ

トロも冷凍のものが美味しく食べられます。以下の商品は「賞味期限 冷凍庫保存10日以内 解凍後即日」と記載されています。さすがに刺し身を冷凍していますので、上記の塩漬けや粕漬けなどの魚に比べると短いですね。


スポンサードリンク

魚を冷凍したら賞味期限内に解凍して食べよう!

美味しい魚をインターネットの通販で買ったら、賞味期限内に食べましょう。食べる時に重要なのは、解凍の方法です。以下のようないくつかの方法があります。刺し身などは解答の方法でかなり味が変わってしまいますので、上手に解凍しましょう。

1.冷蔵庫で解凍する

冷凍した魚は、基本的には冷凍庫内で保存します。食べる前に冷蔵庫に移して、ゆっくり冷やしながら解凍しましょう。解凍できるまで5〜6時間ぐらいかかるので、夕食で食べるならばお昼ぐらいまでに冷蔵庫に移しておいた方が良いですし、朝食や昼食で食べるならば寝る前に冷蔵庫に移しておけば良いでしょう。

この方法がもっとも簡単で失敗しにくいです。唯一の難点は解凍に時間がかかることです。

2.流水中で解凍する

冷たい水を流しながらボウルなどに入れて解凍する方法もあります。この方法の方が速く解凍できます。解凍できたらすぐに食べるようにしましょう。

3.室温で解凍する

室温で放置しても解凍できます。しかし、常温で放置する時間が長くなるほど、衛生面でリスクが高くなりますので、できるだけ前述の2つの方法で解凍するようにしましょう。

まとめ

インターネットの通販で買える冷凍の魚の賞味期限と解凍方法について紹介しました。美味しい魚を通販で買って、自宅で食べましょう。

▼魚の養殖・消費量・アニサキスなどの疑問についてはこちら▼
魚を食べるなら知っておきたいことまとめ!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました