ヘルス

剃刀負けしない短時間でできる簡単な髭剃りの方法!

投稿日:2017年8月11日 更新日:

男性のほとんどが髭を剃るでしょう。考えてみれば、髭を剃らないといけない年齢になってから、おそらく一生髭を剃り続けることになるわけです。

髭剃りの時間は、人生の中でかなりの時間になるのかもしれませんね。そんな髭剃りが少しでも快適にできるようになると助かります。

スポンサードリンク

髭剃りは時間がかかる!剃刀負けする!

髭が生えてくる年齢になると、髭は常に伸び続けます。寝ている間も髭は伸び続けるので、ほとんどの人は朝起きてから家を出る前に髭を剃ります。

朝は忙しく、急いで髭を剃ろうとすると剃刀負けしやすいですね。剃刀負けは、基本的には剃刀の刃で肌を擦ることで起こりやすくなります。

しっかり深剃りをしないと、すぐに髭が伸びてきて目立つようになりますので、悩ましいです。

結局は剃刀負けしないように、ゆっくり丁寧に髭を剃ることになりますので、かなりの時間を髭剃りに充てることになるわけです。

髭の濃さ・量は個人差が大きいので一概には言えませんが、丁寧にシェーバーで髭を剃った場合でも、3分では終わらないでしょう。

朝の忙しい時間にはこの髭剃りに要する時間を短縮したくなります。少しでも短縮できれば、毎日のことですので、人生においてかなりの時間を節約できたことになるでしょう。

さらに剃刀負けを防止できれば嬉しいです。

短時間で髭剃りをして剃刀負けも防ぐ方法1

髭剃りの時間を短くできて、剃刀負けも防げる方法は、とりあえず2つ考えられます。一つは「髭の伸びを遅くさせる方法」、もう一つは「髭の脱毛」です。

まず「髭の伸びを遅くさせる方法」について紹介します。

これは例えば以下のようなアフターシェーブローションを使う方法です。



薬事法の関係もあり、あまりはっきり書いてないですが、上記のバナーをクリックして開く商品説明のページを見ると、「とにかく濃いヒゲ・青ひげ体毛の悩みに強力アプローチ!」、「イソフラボンとサポニンがお肌をキュッと引き締め、男性特有のお悩みに強力にアプローチします」と書かれています。

イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)のような作用をすることで知られています。大豆に多く含まれている成分です。

髭が濃くなるのは男性ホルモンの影響です。女性にも髭はあるのですが、女性ホルモンの働きにより濃くなりません。

この商品については、詳しくは商品のサイトをご覧ください。ユーザーの声が紹介されています。また効果には個人差がある可能性があります。


スポンサードリンク

短時間で髭剃りをして剃刀負けも防ぐ方法2

一番確実な方法は「髭脱毛」です。髭を取ってしまうわけですので、当たり前ですね。

「もはや髭剃りとは言えない!」と言われそうですが、脱毛しても、しばらくするとまた髭が生えてきますので、そこまで考えれば「髭剃りを楽にする方法」と言っても良いでしょう。

「髭脱毛」は、エステなどでやってもらう方法と、脱毛器を使って自分でやる方法があります。もちろん、エステで専門家にやってもらう方法の方が確実で、ケアも間違い無いのですが、エステの店舗まで行く手間がかかります。

それでも、信頼できるエステサロンでしたら、それに勝る方法は無いでしょう。色々なサロンがありますが、一つだけ以下にバナーを紹介しておきます。



脱毛器もいろいろなメーカーから販売されていますが、やはり有名で売れている脱毛器を選ぶ方が失敗する可能性が低いでしょう。

脱毛器も安くはないのですが、エステに通うことを考えると、自宅で好きな時にできますし、繰り返し使えるのでコストパフォーマンスは良いでしょう。なぜならエステも1回ではなく、ある程度の回数通う必要があり、脱毛する場所が増えると追加料金がかかるからです。

脱毛機ならば脱毛する場所が増えてももちろん追加料金はかからず、好きなだけ使えます。

一つだけ一番メジャーな脱毛器を以下に紹介します。



まとめ

毎日の髭剃りを楽にするための方法を紹介しました。髭の状態・肌の状態・これらの方法の効果には個人差があると思われますので、異常があった場合はすぐに止めて医師に診ていただくようにして下さい。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

歯ぎしりで歯が折れる?ひどい場合の原因と防止する方法

スポンサードリンク 会社の研修で同期の人と相部屋になった時に、その人の歯ぎしりが酷くて夜中に眠れなくなったことがあります。それから自分が歯ぎしりをしていないか気になりました。 一人暮らしの頃は分か …

パソコン腱鞘炎で手首が痛い!原因・治療・予防 サポーター

スポンサードリンク 腱鞘炎になったことがありますか?日常的に身体のある部分を動かして酷使すると、腱鞘が炎症を起こし、痛むようになることがあります。これが腱鞘炎で、最初は軽い痛みなのですが、そのまま …

電動歯ブラシは効果があるの?正しい使い方とおすすめは?

スポンサードリンク 電動歯ブラシを使っていますか?それとも通常の手磨き用の歯ブラシを使っていますか?私は以前、電動歯ブラシをプレゼントされて使っていたのですが、しばらく使って通常のものに戻してしま …

O157の症状・潜伏期間・治療・家族への感染予防と感染経路

スポンサードリンク O157(おーいちごうなな)とは、病原性大腸菌の中のベロ毒素を産出する「腸管出血性大腸菌」の一種です。 日本では毎年O157による食中毒が発生しており、被害者は重篤な状態になる …

足が冷える原因は?つらい冷え性を改善する方法と対策

スポンサードリンク 足の冷えは辛いですよね。寝ている時も足の冷えが原因で目が覚めてしまうことがあります。他の人はそのようなことはなくても、冷え性の人は自分だけそんな辛い目にあうこともあります。 「 …

最近のコメント