剃刀負けしない短時間でできる簡単な髭剃りの方法!

髭剃り

男性のほとんどが髭を剃るでしょう。考えてみれば、髭を剃らないといけない年齢になってから、おそらく一生髭を剃り続けることになるわけです。髭剃りの時間は、人生の中でかなりの時間になるのかもしれませんね。そんな髭剃りが少しでも快適にできるようになると助かります。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼髭剃りについての役立つ情報はこちら▼▼
髭剃りでの肌荒れを防ぐおすすめの方法!剃刀負けはつらい!

髭剃りは時間がかかる!剃刀負けする!

髭が生えてくる年齢になると、髭は常に伸び続けます。寝ている間も髭は伸び続けるので、ほとんどの人は朝起きてから家を出る前に髭を剃ります。朝は忙しく、急いで髭を剃ろうとすると剃刀負けしやすいですね。剃刀負けは、基本的には剃刀の刃で肌を擦ることで起こりやすくなります。しっかり深剃りをしないと、すぐに髭が伸びてきて目立つようになりますので、悩ましいです。

結局は剃刀負けしないように、ゆっくり丁寧に髭を剃ることになりますので、かなりの時間を髭剃りに充てることになるわけです。髭の濃さ・量は個人差が大きいので一概には言えませんが、丁寧にシェーバーで髭を剃った場合でも、3分では終わらないでしょう。

朝の忙しい時間にはこの髭剃りに要する時間を短縮したくなります。少しでも短縮できれば、毎日のことですので、人生においてかなりの時間を節約できたことになるでしょう。さらに剃刀負けを防止できれば嬉しいです。

短時間で髭剃りをして剃刀負けも防ぐ方法

一番確実な方法は「髭脱毛」です。髭を取ってしまうわけですので、当たり前ですね。「もはや髭剃りとは言えない!」と言われそうですが、脱毛しても、しばらくするとまた髭が生えてきますので、そこまで考えれば「髭剃りを楽にする方法」と言っても良いでしょう。

「髭脱毛」は、エステなどでやってもらう方法と、脱毛器を使って自分でやる方法があります。もちろん、エステで専門家にやってもらう方法の方が確実で、ケアも間違い無いのですが、エステの店舗まで行く手間がかかります。それでも、信頼できるエステサロンでしたら、それに勝る方法は無いでしょう。

脱毛器もいろいろなメーカーから販売されていますが、やはり有名で売れている脱毛器を選ぶ方が失敗する可能性が低いでしょう。脱毛器も安くはないのですが、エステに通うことを考えると、自宅で好きな時にできますし、繰り返し使えるのでコストパフォーマンスは良いでしょう。なぜならエステも1回ではなく、ある程度の回数通う必要があり、脱毛する場所が増えると追加料金がかかるからです。脱毛機ならば脱毛する場所が増えてももちろん追加料金はかからず、好きなだけ使えます。


スポンサードリンク

光脱毛器をつかってみた!

私もヒゲ脱毛をすることにしました。サロンに通うのは面倒で、その時間を取られるのがなんだかもったいない気がしましたので、自宅で使うヒゲ脱毛器を購入して使用することにしました。

選んだのが「ヤーマン美容器具 メンズ・レイボーテ STA-186」です。価格は3万円台で、光脱毛という方式で、「永久脱毛ではない」という点にも何となくリスクの低さを感じました。脱毛器にはいくつかの方式があるのですが、熱を使う方式のものはちょっとリスクを感じたのですが、光ならば目を保護すれば大丈夫かなという印象です。個人が自宅で使用できるので医療器具ではありません。それだけリスクが低いということです(*もちろん正しい使い方をした場合です)。

「ヤーマン美容器具 メンズ・レイボーテ STA-186」を使ってみてわかったのは、1〜3回程度使ってもそれほど効果は実感できないということ。もう少し長い期間使う必要があります。そして完全に脱毛できるわけではないということ。これをどのように受け止めるかは人それぞれですが、それだけ効き目が穏やかですのでリスクが低いというように受け止めました。また光脱毛方式ですので、白髪になったヒゲにはほとんど効果が無いということ。

以上のような特性のものですので、脱毛しながらも日常的に髭剃りは必要なのですが、それでも濃いヒゲが薄くなっていく(本数が減っていく)ので、剥げ剃りによる肌への負担は確実に下がります。

まとめ

毎日の髭剃りを楽にするための方法を紹介しました。髭の状態・肌の状態・これらの方法の効果には個人差があると思われますので、異常があった場合はすぐに止めて医師に診ていただくようにして下さい。

▼▼髭剃りについての役立つ情報はこちら▼▼
髭剃りでの肌荒れを防ぐおすすめの方法!剃刀負けはつらい!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました