ライフ

片付けが簡単にできるテクニック 誰でもできるIT活用編

投稿日:

私は、住宅やインテリアの雑誌を見るのが好きです。建築家が設計した開放的な家。その空間にマッチするように選ばれた美しいインテリア、家具。「こんな家に住みたいなあ」と思いながら眺めてしまいます。

住宅メーカーの建てた家の場合は少々現実離れしていることもありますが、一般の人が実際に建てた「お宅拝見」的な事例の場合は、本当にそこに住んでいるわけですので羨ましくなります。

そんな家をいつかは建てたいと思いながらも、当面はお金を貯めるために賃貸に住まなければならないので、せめて今住んでいる自宅の中を快適にしたいと考えたりします。

しかし、自宅の中を見ると、まずは「インテリア」云々というよりも「片付け」をしないといけない状況です。どんなに高級な家具・インテリアを揃えても、雑然としていたら美しく、快適にはならないという厳しい現実が目の前にあります。

そう言えば、住宅やインテリアの雑誌で紹介される家の中の写真には、家具・インテリア以外の「モノ」がほとんど写っていないですよね。実際はそこまで「モノ」が少ないことは考え難いですが、きっとある程度はキレイに片付けしているのでしょう。

誰にでも簡単にできる片付けのテクニックについて紹介します!

スポンサードリンク

片付けができない!原因は?

家の中が雑然としていて、床にも色々なものが落ちて散乱している、何がどこにあるかわからなくて、必要な時に必死に探し回ることが多い・・・なんてことがあるご家庭も多いようです。実は我が家もそうでした。

時間がある時に必死に片付けをしても、自分のものだけではないので、自分以外のものは手を出しにくく、他の家族も片付けが苦手だったりすると、結局はほとんど片付けができなかったりすることがよくあります。

もし、家の中の雑然とした状況を不快に感じたり、(必要なものが見つからないなどで)不便に感じたりする気持ちがあれば、片付けられる可能性は高いです!現在の雑然とした状況にストレスを感じている場合は、是非そのような前向きな気持ちで取り組みましょう。

片付けができていない状況というのは、冷静に考えると、「モノが収納できていない」という状況と言えます。モノがたくさんあっても、それぞれ収納場所があり、きちんと収納されていれば雑然とはなりません。

ほとんどの場合は収納スペースに比べてモノが多過ぎて、収納しきれなくて、床や色々な場所の置いて雑然としてしまうようです。

そうすると片付けのための基本方針は明らかです。つまり、「モノを減らす」、「収納スペースを作ってモノを収納する」ということになります。

片付けを簡単にできるようにするための考え方

「モノを減らす」という点では、以前「断捨離」がブームになりました。

この本は「要らないものを捨てる」という行為だけでなく、生き方にまで関わるような深い内容が紹介されています。ここまでやることができれば、それはかなりシンプルになるでしょう。

この本以外でも片付けに関する本では、ほとんどの場合、「要らないモノを捨てて、モノを減らす」ということが書かれています。それでも多くの人が片付けができないということは、要らないモノを捨てるということが難しいと感じる人が少なくないためです。

まずは完璧を目指すのではなく、現在の状況よりは一歩でも「片付いている状態」に近づけられるように努力すると考えましょう。一歩でも前進できれば、勇気が湧いてきます。

それでは次項で具体的な片付けのテクニックを紹介します。


スポンサードリンク

片付けが簡単にできるテクニック

なぜモノを捨てられないかというと、それなりに愛着があったり、捨てると損してしまうような気がすることが原因の一つです。できるだけそのようなハードルが低そうなモノからトライしましょう。

1.新聞を電子化する

紙の新聞を購読していると、ほとんどの場合、古新聞を積み上げて置いているでしょう。このスペースがもったいないですよね。新聞を電子版にすれば、紙の新聞が無くなりますので、このスペースが無くなります。古新聞を縛って出す手間も無くなるので、時間の節約にもなります。

スマホでもタブレット端末でも電子版は読めますので、通勤・通学中の人と家にいる人が同時に読むことができるのもメリットです。新聞のように指が黒くなることもありません。

2.書籍・雑誌・マンガもできるだけ電子版を購入する

定期的に読んでいる雑誌がある人も多いでしょう。私も本好きなので、かなり家に本があります。子供は週刊マンガ雑誌が好きなので、毎週買っていました。これらはかなりのスペースを占めています。

週刊マンガ雑誌も電子版が出ていますので、これを家族の複数の端末で読めれば便利です。本も極力電子版を購入することにしました。その結果、着実家の中でこれらが占めていたスペースが空いてきました。

3.クレジットカードの明細などを電子版に切り替える

クレジットカードも複数保有している人が多いようです。毎月送られていくるクレジットカードの明細は、そのままでは捨てにくく、シュレッダーをかけたりしていましたが、それがまた面倒でした。これを電子化すると、ほとんどの場合ポイントももらえたりしてお得です。何と言っても、紙版が郵送されてこなくなるので、開封して中を確認してシュレッダーをかける手間が完全に無くなります。そして捨てないでその辺に雑然と置くことも無くなるので、確実に片付けが前進します。

4.同じものが買い置きして溜まっていないか確認する

まず家の中を見回し的になるところからやってみましょう。

水回りなどの毎日使う場所の周辺は気になったりします。よく見ると整髪料、スキンケア用品、石鹸類、オーラルケア用品などがたくさんあったりします。

一旦、これらを並べて見ると、同じ用途のものが複数個あったりすることがあります。使い終わらない内に次のものを買ってきて使い始め、どちらも置いてあるケースです。それから特売日にまとめ買いするケースもあるでしょう。

ショッピングが非常に大変な地域に住んでいる場合は止むを得ないですが、最近ではネットショッピングも使えますので、それほどストックを置いておく必要がありません。捨てるのは勿体無いので、まずは何が2つ以上あるのか把握しましょう。決して3つ目を買わないようにして、必ず少ない方から使い切りましょう。

これにより必要以上にモノを買い込むことを避けられます。食べ物・飲み物でも同様です。これらも一度場所を決めて並べて見ると良いでしょう。そうすると賞味期限切れのものが出てきたりします。それはさすがに捨てる決断をしましょう。

食べ物・飲み物を捨ててしまったことに「勿体ない」という気持ちを感じられれば、次からは無駄にしないように食べ物・飲み物を買うことができそうです。

まとめ

今回紹介した具体的な片付けのテクニックは、いずれもそれほどハードルが高くないと思います。そしてこれらを実践しただけでも、着実に家の中にスペースが生まれます。そんな成功体験を積み重ねて、「片付けられる人」になりましょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

熱中症対策としてのエアコンの設定温度は?正しい使い方はこれだ!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しく、毎年多くの人が熱中症で搬送されます。実は熱中症で搬送される人が出てくるのは真夏だけではありません。気温が上がり始める4月にも、まだ身体が暑さに慣れていな …

ゴキブリ駆除を業者に依頼する前に知っておきたいこと

スポンサードリンク 部屋の中でいきなりゴキブリが出てくると、心臓が止まりそうになるぐらいビックリします。ある時は音も無く飛んできたり・・・。ゴキブリは「1匹いたら100匹いる」と考えた方が良いとも …

物を捨てるコツはこれだ!片付けて快適に暮らすために!

スポンサードリンク 一人暮らしならば、自分さえ良ければ家の中が散らかっていても問題ないのかもしれません。しかし、家の中が散らかっていてストレスを感じるようであれば、不要な物を捨てて片付けるようにし …

マムシに噛まれたらどうなる?どうすればよい?被害者数は?

スポンサードリンク 日本には数種類の有名な毒蛇がいますが、その中でもマムシが日本の多くの地域に生息し、噛まれる被害者ももっとも多いです。数十年前の私が子供だった頃は、夏休みに近くの川でよくマムシを …

エスカレーターを歩くのは危険?JR東日本は歩行禁止を呼びかけ

スポンサードリンク 最近、危険防止のためにエスカレーターでの歩行をやめるべきとの意見が聞かれます。これまではエスカレーターでは、急いで歩くための人のために片側を空けることがマナーとされてきました。 …

最近のコメント