母の日のカーネーションは花束と鉢植えのどちらが良い?

イベント

母の日にカーネーションを贈りたいけれども、花束にするか、鉢植えにするか悩んでいる方も多いようです。それぞれに長所・短所がありますので、選び方のポイントを紹介します。それらを理解してカーネーションを贈れば、きっと喜んでいただけるでしょう。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼母の日についての疑問についてはこちら▼▼
母の日のことがわかるまとめ

母の日のカーネーションは花束と鉢植えのどちらが良い?

母の日にカーネーションを贈りたい。花束として贈るのが良いか、鉢植えが良いか悩みますよね。どちらも美しいカーネーションなので、もらって嬉しいことは間違いないでしょう。そのような意味では、どちらでも大丈夫です。

母の日のカーネーションは、贈る相手の近くの花屋やインターネットショップで頼めますので、花束でも鉢植えでも好みの花の色・量のものを選べるでしょう。

贈り物をする時に一番大切なことは、「贈る相手に喜んでもらえるかどうか」であるという基本に戻って考えると、花束と鉢植えの長所と短所を理解して選ぶと良いでしょう。以下にそれぞれ分かり易く解説します。

母の日のカーネーションに花束選ぶ長所と短所は?

カーネーションの花束の特徴は「切り花」であることです。そのため花瓶に生けておいても、1週間程度で観賞用としては限界になりますし、その後は処分することになります。これが最大の短所と言えるでしょう。

しかし、これも考え方で、「花の命は短いから尊い」と思えば必ずしも悪いことではないと思います。お祝いの時に最も美しく、鑑賞して楽しめて、その時が過ぎれば静かに消えて行く、いわゆる「消え物」は贈り物の定番です。人生の大切なその時を祝い、楽しもうという気持ちを込めて贈るものと理解すれば長所とも言えます。また花束は最後に処分するのも簡単です。

日本では多くのお祝いの場面で花束を贈ることが多いので、迷ったら花束にすれば良いでしょう。


スポンサードリンク

母の日のカーネーションに鉢植えを選ぶ長所と短所は?

カーネーションの鉢植えの特徴は、切り花である花束よりは花の持ちが良いですし、うまく育てれば次の年も花を咲かせます。これが最大の長所です。しかし、次の年も花を咲かせようとするとそれなりにお世話をする必要があり、それを面倒と思う人には困らせることになる可能性がありますし、その年だけで処分しようとする場合も花束を処分するよりは少々面倒かもしれません。これが短所です。

園芸好きであったり、庭に色々な草花を育てているような家庭であれば、おそらくカーネーションのお世話はそれほど負担と感じないでしょうから、鉢植えのカーネーションの方が、次の年以降も楽しめて良いかもしれません。

贈り物をする場合は、カーネーションに限らず、贈る相手のことを知り、理解することが成功の秘訣ですね。

まとめ

母の日に贈り物をすると、多くの場合は喜んでもらえるものです。贈り物だけが全てではなく、それに手紙や電話などで言葉を添えるようにした方が良いでしょう。少しでもそのような交流によって、絆を深めて行ければ価値あるものになるでしょう。

▼▼母の日についての疑問についてはこちら▼▼
母の日のことがわかるまとめ

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました