イベント

母の日のカーネーションは花束と鉢植えのどちらが良い?

投稿日:2017年3月19日 更新日:

母の日にカーネーションを贈りたいけれども、花束にするか、鉢植えにするか悩んでいる方も多いようです。それぞれに長所・短所がありますので、選び方のポイントを紹介します。それらを理解してカーネーションを贈れば、きっと喜んでいただけるでしょう。

スポンサードリンク

母の日のカーネーションは花束と鉢植えのどちらが良い?

母の日にカーネーションを贈りたい。花束として贈るのが良いか、鉢植えが良いか悩みますよね。どちらも美しいカーネーションなので、もらって嬉しいことは間違いないでしょう。そのような意味では、どちらでも大丈夫です。

母の日のカーネーションは、贈る相手の近くの花屋やインターネットショップで頼めますので、花束でも鉢植えでも好みの花の色・量のものを選べるでしょう。

贈り物をする時に一番大切なことは、「贈る相手に喜んでもらえるかどうか」であるという基本に戻って考えると、花束と鉢植えの長所と短所を理解して選ぶと良いでしょう。以下にそれぞれ分かり易く解説します。

母の日のカーネーションに花束選ぶ長所と短所は?

カーネーションの花束の特徴は「切り花」であることです。そのため花瓶に生けておいても、1週間程度で観賞用としては限界になりますし、その後は処分することになります。これが最大の短所と言えるでしょう。

しかし、これも考え方で、「花の命は短いから尊い」と思えば必ずしも悪いことではないと思います。お祝いの時に最も美しく、鑑賞して楽しめて、その時が過ぎれば静かに消えて行く、いわゆる「消え物」は贈り物の定番です。人生の大切なその時を祝い、楽しもうという気持ちを込めて贈るものと理解すれば長所とも言えます。また花束は最後に処分するのも簡単です。

日本では多くのお祝いの場面で花束を贈ることが多いので、迷ったら花束にすれば良いでしょう。


スポンサードリンク

母の日のカーネーションに鉢植えを選ぶ長所と短所は?

カーネーションの鉢植えの特徴は、切り花である花束よりは花の持ちが良いですし、うまく育てれば次の年も花を咲かせます。これが最大の長所です。しかし、次の年も花を咲かせようとするとそれなりにお世話をする必要があり、それを面倒と思う人には困らせることになる可能性がありますし、その年だけで処分しようとする場合も花束を処分するよりは少々面倒かもしれません。これが短所です。

園芸好きであったり、庭に色々な草花を育てているような家庭であれば、おそらくカーネーションのお世話はそれほど負担と感じないでしょうから、鉢植えのカーネーションの方が、次の年以降も楽しめて良いかもしれません。

贈り物をする場合は、カーネーションに限らず、贈る相手のことを知り、理解することが成功の秘訣ですね。

まとめ

母の日に贈り物をすると、多くの場合は喜んでもらえるものです。贈り物だけが全てではなく、それに手紙や電話などで言葉を添えるようにした方が良いでしょう。少しでもそのような交流によって、絆を深めて行ければ価値あるものになるでしょう。

母の日についてはこちらの記事「母の日のことが分かるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

月の観測と撮影が簡単にできる 中秋の名月・十五夜のお月見

スポンサードリンク 天体観測をしたことがありますか? 最近は防犯上の理由もあって、街の至る所に照明があり、夜空の星を観測するのが難しくなっています。実際に天の川、土星の環、木星の縞模様を見たことが …

初日の出を東京で見るならおすすめはここ!感動します!

スポンサードリンク 新年の始まる元日の日の出、いわゆる「初日の出」は縁起が良いとされ、多くの人が見に行きます。日本でもっとも多くの人が住んでいる東京でも、毎年多くの人が初日の出参りをします。おすす …

初節句の鯉のぼり 誰が買う?いつからあげる?いつまであげる?

スポンサードリンク 青い空に泳ぐ鯉のぼり。美しい日本の風景の一つですね。 鯉のぼりに込められた願いを考えれば、その温かさも感じられます。 実際に鯉のぼりを贈ったり、あげたりすることになるとなんだか …

年末の帰省時の新幹線の混雑のピークは?指定券の予約方法は?

スポンサードリンク 日本では年末に帰省する人は多いです。高速道路は渋滞し、飛行機は満席になります。そして多くの人を運ぶ新幹線も混雑します。年末の帰省を少しでも快適にするために、混雑のピーク、指定券 …

お歳暮のお礼はどうすれば良い?いつまで?受け取れない場合は?

スポンサードリンク 日本では12月になるとお歳暮を贈る習慣があります。お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈るものです。時期は12月上旬から12月20日に送るものとされています。 お歳暮を受け取 …

最近のコメント