テニスの熱中症対策!水分・塩分補給と飲料について解説!

テニス テニス

定期的にテニスを楽しんでいる方々ならば、夏場の気温が高い時にもテニスをするでしょう。熱中症のリスクを十分に理解して、熱中症対策・準備をしっかりやりましょう。以下に紹介します。

スポンサードリンク

テニスをするなら熱中症のリスクを理解する

毎年暑い時期になると、多くの人が熱中症で搬送されます。熱中症は重症になると命にも関わるということを十分に理解しておきましょう。

夏場に熱中症で搬送される人の多くは、屋内で熱中症になっています。特に運動をせずに屋内に居るだけでも、気温によっては熱中症になる可能性があります。したがって、夏場の気温が30℃以上ある日に、屋外でテニスをするのは非常に危険です。普段から暑い場所でテニスをしていて、身体が暑さに慣れ、体力に自信がある方を除けば、基本的には気温が高い日に屋外でテニスをするのは止めた方が良いでしょう。

気温の高い時期にテニスをするのであれば、直射日光が当たらず、気温が下がる夜間にやるか、あるいはインドアで空調の聞いているテニスコートでやることをおすすめします。

また春先から初夏にかけては、猛暑の時期よりも最高気温は低いのですが、身体がまだ暑さに十分に慣れていないため、熱中症にある方が少なくありません。単純に気温だけでなく、身体が暑いと感じるかという感覚も大切です。油断せずに十分に対策・準備をしましょう。

テニスをする時の熱中症対策としての水分補給

前述のように気温が非常に高い時に炎天下でテニスをするのは止めましょう。特にハードコートなどは気温よりもコート上の温度が高くなりますので、かなり鍛えている選手でも限界があります。最近は全米オープンや全豪オープンで、気温が高くなり過ぎて大会の運営に支障をきたすようになってきています。プロのテニス選手ほど練習をして身体を鍛えていても、棄権するほどの状況です。プロに比べて練習量が少なく、体力的にも弱い一般のテニス愛好家ならば、テニスをできる気温の上限はもっと低いところにあると考えた方が良いでしょう。

気温の高い時にテニスをすると、当然のことながら大量の汗をかきます。その分の水分を補給しなければなりません。さすがにテニス経験がある方ならば、飲み物を用意せずにテニスをするなどという無謀なことはしないと思いますし、多くの人がスポーツドリンクを飲むでしょう。

ミネラルウォーターやジュースは美味しいのですが、塩分が含まれていない、あるいは少ないため、これらを飲んでも熱中症対策になりません。水分だけではなく塩分を補給する必要があるからです。

運動量にもよりますが、コートに入ってテニスを続けているのであれば、1時間に500〜1,000ml程度の水分を補給するようにしましょう。一度に100〜200ml程度飲むようにして、数回に分けて補給することが重要です。一度に飲んだ時に体内に吸収できる量に限度があるためです。

しかし、飲み物の塩分濃度が低いと、大量に飲んだ時に「低ナトリウム血症」になってしまう可能性があります。簡単に言うと、大量に摂取した水分が血液などの中に入り、Na濃度が低下してしまう状態です。その結果、頭痛がするなどの様々な不調を引き起こします。

十分に塩分を摂取できるような飲料を飲むようにしましょう。


スポンサードリンク

テニスをする時に最適な飲料は?

ミネラルウォーターやジュースなどに比べると、スポーツドリンクは塩分濃度が高く、テニスをする時の水分・塩分補給に適しています。テニスをしている間にどれぐらい汗をかくのかは個人差もありますし、練習・試合の状況、気温などにもよります。考え方としてはテニスをやっている間に失われる水分量を補うために補給します。一般にテニスを行う前後の体重を測り、その間に摂取した水分量から、体重の変化量を出し、それが失われた水分量に相当すると仮定して推定します。

通常は1時間以上コートでテニスをすることが多いので、大量に汗をかき始めると水分と塩分の補給が追いつかなくなりますので、テニスを始める前から飲み始めるようにしましょう。その時も塩分が含まれているスポーツドリンクが適しています。

医療機関で脱水症状になった人が治療を受ける時には経口補水液を飲んだり、点滴したりします。経口補水液と比べると、実はスポーツドリンクの塩分濃度は低いです。したがって、テニスをする時間が長くなり、汗とともに失われる塩分が非常に多くなると、スポーツドリンクを飲むだけでは塩分補給が十分できないこともあるようです。

粉末からスポーツドリンクを作る人の場合、「甘すぎるから薄める」という方も少なくないようです。その場合はさらに塩分濃度が下がってしまうので注意が必要です。塩分濃度のが低すぎる飲み物を大量に飲むと低ナトリウム血症になる可能性があります。特にある程度以上ドリンクを飲み、頭痛がしてきたら塩分濃度が下がっている可能性があります。

発汗量に比べてドリンクを飲みすぎるのも低ナトリウム血症の原因になりますので、注意しましょう。摂取量の調整も諸説があって難しいのですが、基本的にはある程度喉が乾いた時に100〜200ml程度ずつ飲むようにしましょう。

まとめ

テニスの熱中症対策としての水分・塩分補給について紹介しました。自分の身体に合うように試しながら調節してみましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました