ライフ

サンシェードを車のフロントに置けば暑さ対策になるのか?

投稿日:2017年3月19日 更新日:

気温が高くなってくると、車の中は暑くなってきます。密閉された空間に日光が入ってきますので、エンジンを切って駐車中の車内温度は外気温度よりもかなり高くなります。フロントガラスの内側にサンシェードを置く人は多いのですが、本当にその効果はあるのでしょうか?サンシェードの効果について紹介します。

スポンサードリンク
  

サンシェードを車のフロントに置いて暑さ対策

夏場の車内の暑さ対策にサンシェードは効果があるのでしょうか?真夏の炎天下、車を長時間駐車した場合の車内の温度上昇を見ると、サンシェードを付けた車は付けていない車よりも車内温度を低く抑えられます。諸条件にもよりますが、一般にはその差は数℃程度であり、何れにしても人間が車内に安全にいられないような温度まで上昇してしまいます。

最も大きな違いは、フロンドガラス越しに直射日光が当たるダッシュボードの温度です。サンシェードを付けていない車では70℃以上になるのは普通で、状況によっては80℃付近にまでなる場合があります。これは非常に危険なことで、ペットボトルに入った炭酸飲料などは破裂する可能性がありますし、スマートホンなどは熱によって使用できない状態になります。その他のプラスチック製品、スプレー缶なども危険です。

車に戻って、再びエンジンをかけて出発する時に、車内の空気は換気することで比較的短時間で入れ替えることができ、温度を下げられます。しかし、ガラス越しの日光で熱くなったダッシュボード、ハンドル、シートなどは、温度が下がるのに時間がかかります。そこが熱源になり、車内の空気が温められるからです。ハンドルが熱すぎて握れないということもよく経験することです。黒のレザーのシートも日光で熱くなり易く、すぐには温度が下がりません。熱いシートに座るのも大変です。

フロントガラスのところにサンシェードを付ければ、日光を遮ることができますので、ダッシュボードやハンドル、シートなどの温度上昇を抑える効果はかなりあります。これによりエアコンの効き目はかなり良くなり、燃費向上にも役立ちます。このことだけでも十分にフロントガラス部分にサンシェードを取り付ける価値はあるでしょう。

スポンサードリンク

サンシェードを車のフロントに置いて紫外線対策

長期で見ると、紫外線(UV)による樹脂製品の劣化についても効果があると言われています。中古自動車店に行って車を見ると、ほとんどの車が綺麗に磨かれていて、一見、古さがわからないでしょう。最近は塗装の品質も良くなり、劣化しにくくなっていますし、さらにワックスがけなどするとよくわからないのですが、隠すことができないのがフロントライトです。時間とともに透明なフロントライトが曇って、濁ってくるので、そこを見れば車の古さがすぐにわかります。

少々話が逸れましたが、フロントライトもプラスチック(樹脂)でできていて、紫外線が当たると劣化するということです。これと同じようなことがダッシュボード、ハンドル、シートなどでも起こります。その紫外線をサンシェードでカットできるので、長期で見れば差が出ます。車内には樹脂製品が多くなっていますので、紫外線カットは重要です。

サンシェードを車のフロントだけでなくサイドとリアのウィンドウにも置く

フロントウィンドウだけでなく、サイドウィンドウとリアウィンドウにもサンシェードを付ける必要はあるのでしょうか?

最近の車は、サイドウィンドウとリアウィンドウがスモークシールド付のものが多くなりました。また紫外線(UV)や赤外線(IR)カット機能のついたガラスも増えています。これらのガラスならばかなり遮光効果はありますので、必ずしもサンシェードをつけなくても良いでしょう。

これらの機能が付いていない通常の透明なガラスならば、サンシェードを取り付けるとフロントガラスのサンシェードと同様に効果があります。しかし、駐車する度にサンシェードを取り付ける手間を考えると、ディーラーや車用品店でスモークシールドのフィルムを貼ってもらった方が便利でしょう。もちろん費用もかかるのですが、エアコンの効き目を高めることによる燃費向上で、ある程度使えばかなり取り戻せるのではないかと思います。

しかし、前席横のサイドウィンドウはスモークシールドを貼ると車検に通らなくなることがあります。ここには市販のサンシェードを付けても良いでしょう。後方についてもスモークの濃さに注意しましょう。

まとめ

1.サンシェードを車のフロントガラスに取り付けると車の暑さ対策に有効で、エアコンの効き目を高め、燃費向上にも役立つ。

2.サンシェードは暑さ対策だけでなく、紫外線対策としても有効で、紫外線による樹脂等の劣化防止に役立つ。

3.サイドとリアのウィンドウにもサンシェードを付ければ効果があるが、スモークシールドのフィルム等を貼る方が便利。

自動車に関する記事のまとめはこちらの記事「電気自動車、保険、スタッドレスなど車に関することまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

職場のおやつのおすすめはこれ!ヘルシーでお買い得!

スポンサードリンク 職場が室内のオフィスの場合、おやつを持ち込んで食べている人も多いのではないでしょうか?私も職場におやつを持ち込んで、机の中にしまってあります。それをほぼ毎日食べてエネルギー補給 …

海外投資家が日本株の動向を決める?売れば下がる?買えば上がる?

スポンサードリンク 日経平均株価が大きく上昇した時には、「海外投資家(外国人投資家)が大幅買い越し!」などと報道されることがあります。また反対に暴落した時には「海外投資家が大幅売り越し!」となって …

交通事故の過失割合相手が納得しない場合の立証はどうする?

スポンサードリンク 車をよく運転する方、自分が交通事故に遭遇することを想定していますか? 私は18年間車で通勤していましたので、ほとんど毎日車を運転していました。交通事故が恐ろしかったので、知り合 …

ペットボトルは開封後いつまで飲めるのか?雑菌が繁殖する?

スポンサードリンク 清涼飲料やミネラルウォーター、スポーツドリンクなどでペットボトル入のものが普及しています。缶のものに比べると、開封後にも蓋を閉められますし、丈夫かつ軽量で持ち運びも便利なので、 …

気温とアスファルトの温度の関係は?最高気温よりずっと暑い?

スポンサードリンク 2018年7月23日に埼玉県熊谷市の観測点において、最高気温41.1℃を記録しました。この時点で観測史上国内最高の気温で、5年ぶりに更新されました。気温が40℃を超える猛暑です …

最近のコメント