ヘルス

カビによるアレルギー症状とその対策は?まず発生場所を調べよう!

投稿日:2017年9月9日 更新日:

高温多湿の日本では、食べ物を放置していたりすると、カビが生えたりします。冬でも、みかんを箱ごと買うと、箱の下の方にあるみかんにはカビが生えていることがよくあります。カビが生えると見た目にも不衛生な感じがしますが、それだけでなく健康被害につながる場合があります。食中毒のような直接的で、急激な症状が出れば気がつきやすいのですが、長期でアレルギー的な症状の場合は、カビが原因と気がつかないこともあるようです。カビによるアレルギー症状とその対策について紹介します。

スポンサードリンク

カビによるアレルギー症状

家庭内でのカビによるアレルギーとして気をつけたい重大な病気は肺炎です。トリコスポロンというカビが原因となって、肺炎を発症することが知られています。

部屋の中の空気中にトリコスポロンが浮遊していると、意識しない間に吸い込んで肺に入り込んでしまいます。そして肺でアレルギー反応を起こすと、咳が続き、息切れしやすくなり、微熱が出て、倦怠感を感じるようになります。この状態が長く続き、症状が悪化すると肺炎に至ります。怖いのは、カビによってこのような症状が出て、肺炎になる可能性があるということを知らないと、カビが原因のアレルギーと気がつくのが遅れ、重症化してしまう可能性があるということです。

部屋内に浮遊するトリコスポロンが原因ですので、部屋の外に出たり、旅行などでカビのない清潔な部屋に泊まったりすることで症状が軽くなることがほとんどです。このタイプの肺炎は、「夏型過敏性肺炎」と呼ばれ、血液検査でトリコスポロンの抗体が確認されれば、診断が確定します。治療は薬によって行われますが、そもそもの原因であるカビのトリコスポロンを除去することが大切です。

カビのアレルギー症状が出たら発生場所を調べる?

家の中にいると咳が出やすくなるような気がしたら、カビの影響を疑って見ましょう。特に前述ような症状が出たらますますその可能性が濃厚です。やるべきことは、家の中のカビの発生状況を調べることです。一歩進んで考えれば、特に症状がなくても、カビが発生していないか注意し、カビを発見したら早めに除去するようにすれば、カビによるアレルギーの予防になります。

「夏型過敏性肺炎」の原因となるトリコスポロンが発生しやすい場所は、流し、洗面所、お風呂場などのいわゆる水場です。これらの水場は、湿気が溜まりやすく、温度が高くなると絶好のカビの発生場所になります。水場以外でも、窓際の結露しやすい場所などもカビが発生しやすい場所です。

さらに最近話題となっているのはエアコンです。エアコン内部にカビが発生し、シーズンの使い始めの時期に部屋内にカビを撒き散らし、それを吸った人がアレルギー症状に苦しむ事例が増えているからです。「夏型過敏性肺炎」の「夏型」とは、気温が高くなり、エアコンを使い始める6月頃から10月頃に発生しやすいことからそのように呼ばれています。そのような時期に咳が出るようになり、部屋の外に出ると症状が軽くなるようでしたら、「夏型過敏性肺炎」の可能性が高いでしょう。

必ずしも夏に限らず、数ヶ月以上使用しなかったエアコンを使い始める時は、エアコン内部にカビが発生している可能性が高く要注意です。エアコンを使い始める前に内部を清掃するようにすれば、カビのアレルギー症状が出る可能性も低くできるでしょう。


スポンサードリンク

カビによるアレルギーの対策は?

カビによるアレルギー、「夏型過敏性肺炎」は、カビのトリコスポロンを吸い込むことが原因ですので、部屋の中からトリコスポロンを除去することがもっとも重要な対策です。

水回りのカビはこまめに掃除して、カビの発生を防ぎましょう。もしカビが発生していたら、除去のための掃除をすべきですが、その際に吸い込まないように必ずマスクをしましょう。

水回りのカビの除去には塩素系漂白剤が効きます。もっとも手軽なのはカビキラーを使う方法でしょう。カビに直接吹き付け、しばらくおいた後に洗い流すか、雑巾などで拭き取りましょう。

難しいのがエアコン内部の清掃・カビの除去です。インターネットでは、自分でエアコン内部を清掃する方法が紹介されていますが、エアコンを壊してしまったり、カビを吸い込んでしまうリスクなどを考えると、あまりおすすめできません。

お金はかかるのですが、エアコン清掃をしてくれる専門業者のサービスを利用した方が確実です。やってもらうと分かりますが、驚くほどの汚れが出てきます。これでカビが除去できて、家族が肺炎になるリスクを減らせれば、結果的にはお金をかける価値が十分にあるでしょう。

我が家では毎年ダスキンに頼んでいます。家族がアレルギー体質なのですが、エアコンの清掃をプロにやってもらうことで快適に過ごせています。



まとめ

カビというと不衛生な印象を受けるだけと思われがちですが、重大な健康被害につながる可能性があります。また原因がカビということに気がつかずに長期間体調不良に苦しんでいる方もいらっしゃるようです。しっかり、カビを除去して、健康的な生活をしましょう!

エアコンのカビの確認方法については、こちらの記事「エアコンのカビの確認方法!掃除のタイミングはいつがベスト?」をご覧ください。

家庭で発生するカビについてもっと知りたい方はこちらの記事「カビのことが分かるまとめ!健康のために!」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クーラー病(冷房病)の対策は? つらい症状の方必見!

スポンサードリンク 暑くなると冷房を使い始めます。自宅であれば設定温度を比較的自由に設定できますが、外出先では必ずしも思い通りになりません。 その結果、暑い夏でも身体は冷え切ってしまうこともよくあ …

熱中症の予防に水をたくさん飲んでもダメ?水の飲み過ぎは危険

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しいです。2018年7月16-22日の1週間で2万2647人の人が熱中症で搬送されています。また多くの人が熱中症で命を落としています。命の危険があるほどの暑さ …

肌の乾燥の原因と対策で保湿にコラーゲンは効果あるの?

スポンサードリンク 空気が乾燥してくると肌が乾いて辛くなりますね。日本では一般に冬場になると空気が乾燥しますが、実は冬に限らず、エアコンの影響や飛行機の中など、乾燥した空間にいることになる場合があ …

歯周病と糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞は関係がある?リスクは?

スポンサードリンク 日本では歯磨きなどの虫歯予防の啓蒙により、子供の虫歯が大きく減少しています。また虫歯になっても早めに治療を受けることにより、抜歯する本数を減らすことに成功しています。生活の質( …

歯列矯正の年齢 子供の場合 おすすめの方法は?痛い?

スポンサードリンク 美しい歯並びの人を羨ましくなりますね。歯並びがあまり良くない人は、歯並びに対するコンプレックスを持っていても無理もありません。 「自分の子供には歯並びのコンプレックスを持たせな …

最近のコメント