交通事故を防止するポイント!ヒューマンエラーを減らすには?

交通事故防止

交通事故は軽微なものから重大なものまでいろいろありますが、多くの場合、悲惨な結果になります。毎日のようにテレビで交通事故のニュースが報道されています。もしかしたら明日は我が身かもしれません。

重大な交通事故が起こると、被害者だけでなく加害者も悲惨なことになります。どうすれば交通事故から身を守ることができるのでしょうか?

交通事故を防止するポイントについて紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼車の安全装備・交通事故対策についてはこちら▼▼
車の安全装置・交通事故対策のまとめ

交通事故を防止するためのポイント

交通事故を防止するためのポイントを以下に記します。

1.交通ルールを守る

信号無視やスピードオーバーでセンターラインを越えて正面衝突するなどにより、交通事故が起こり、重大な事態になることがあります。道路には多くの人が走行しており、お互いにルールを守ることを前提としています。それ故に、ルールを守らない人が居れば、相手にとっては想定を越えた事態となり、事故となる確率は高くなります。

2.事故事例を学ぶ

人間の行動は、ある程度の傾向があります。ある人が起こした交通事故は、別の人が同様に起こす可能性が高いということです。したがって、どのような事故が起こったかを学び、事故につながりそうな行動・状況を認識すれば、危険を察知し、事故を回避できる可能性が高くなります。

教習所や運転免許証更新時の警察署などでの教習で、事故事例を学ぶことがあります。さらにJAF会員になっていると、毎月会誌で事故事例が紹介されています。これらを学んで事故を回避しましょう。

3.自分の運転の危険性をチェックする

事故原因の多くはヒューマンエラーであることが知られています。自分の運転の癖を知って、危険性を認識し、改善しましょう。これには次で紹介するヒアリハットが効果があります。

交通事故の防止に有効なヒアリハット

職場などでの安全管理・事故防止活動として、「ヒアリハット」というものがあります。色々な業務の中で、あわや事故になりそうであったようなこと、つまり「ヒヤッと」したり、「ハッと」したことがあったら、それをお互いに報告し合い、事故防止に役立てる活動のことです。

そのベースにあるのが、「ハインリヒの法則」です。それは、「1件の重大な事故の背後には、29件の軽微な事故があり、300件のヒアリハットがある」というもので、膨大な事故の統計的な分析から導き出された法則です。

この比率がそのまま交通事故にも適用できるかどうかは分かりませんが、1件の重大な事故の背景に、それよりもずっと多い軽微な事故があり、さらに多いヒアリハットがあることは間違いないでしょう。

「ヒアリハット」活動によって、ヒアリハットの段階で事故につながる可能性を把握し、注意することによって、重大事故の可能性を抑えることができます。

実際、車を運転していて、何度も車をこすったり、ぶつけたりする人は、自分の運転の癖を認識し、改善しないといつかは重大事故になってしまう可能性が高いでしょう。小さな事故やヒアリハットに遭遇したら、そのままで終わらせず、必ず原因を考え、改善しましょう。


スポンサードリンク

交通事故の防止にはヒューマンエラーを減らすことがポイント

事故原因の多くはヒューマンエラーであることも知られています。ヒューマンエラーを減らす方法の一つが、前述したヒアリハット活動です。ヒアリハットでは、人それぞれ色々な事象が出てくると思います。もっとも多い事例は、スピードオーバーと脇見運転でしょう。

運転していて危険を察知し、ブレーキを踏んだ場合、事故を避けられるかどうか、あるいは事故の被害を小さくできるかどうかは、車の走行スピードに依る部分が大きいです。衝突する時の車のエネルギーが走行スピードが大きくなるほど大きくなることと、走行スピードが高くなるほど制動距離が長くなるためです。

したがって、とにかくスピードを控えめにすることで、ヒューマンエラーによる交通事故を防ぐことができる可能性が高くなります。

関連記事:スピード違反の取り締まりで人生を狂わせないように注意!

脇見運転などによる追突事故も、全ての事故の中で高い割合を占めています。脇見運転をしないようにすることがもっとも重要なのですが、一瞬、周囲のものに気を取られたりすることもヒューマンエラーとしてはありそうです。そんな事態を想定すると、スピードを控え目にすることと、車間を十分にとる習慣をつけることで、事故の確率を大幅に下げることができます。

また最近普及が始まっている衝突回避システム(自動ブレーキ)を装備している車に乗ることも事故防止に有効です。最先端の技術は活用した方が良いですね。

まとめ

交通事故は自分に責任がなくても遭遇してしまうことがあります。しかし、自分が原因になって引き起こしてしまう交通事故は、基本的な交通事故防止の努力をすることで抑止できるでしょう。

▼▼車の安全装備・交通事故対策についてはこちら▼▼
車の安全装置・交通事故対策のまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました