ヘルス

花粉症の時期はいつ?春だけじゃない!症状が出たら対策を!

投稿日:2017年9月16日 更新日:

花粉症と言えばスギ花粉が飛び散る春を思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、春以外の季節でもなんだか花粉症のような症状が出ることがあります。もしかしたらそれはスギ花粉以外のものが原因となっている花粉症かもしれません。

スポンサードリンク

花粉症の時期はいつなのでしょうか?

花粉症の時期はいつなのでしょうか?まず花粉症を引き起こす花粉の種類について知りましょう。

花粉症の原因となるのはスギ花粉だけでなく、他にはハンノキ花粉、ヒノキ花粉、イネ花粉、ブタクサ花粉、ヨモギ花粉、カナムグラ花粉などが知られています。どの花粉にアレルギーがあるかは、人それぞれで、例えばスギ花粉にアレルギーがあるからといって、他の花粉にアレルギーがあるとは限りません。

これらの花粉が飛ぶ時期が異なるので、原因となる花粉によって花粉症となる時期が異なります。

さらに桜の開花時期が日本の地域によって異なるのと同様に、それぞれの花粉が飛ぶ時期が地域でも異なります。

花粉症の時期は花粉の種類で異なる

以下に関東地方での各種花粉症の時期について紹介します。

スギ花粉:ピークは2〜4月。8月以外は微量に拡散。

ハンノキ花粉:ピークは3〜4月。

ヒノキ花粉:ピークは3〜4月。

イネ花粉:ピークは5〜6月。7〜10月も少量拡散。

ブタクサ花粉:ピークは8〜9月。

ヨモギ花粉:ピークは9月。

カナムグラ花粉:ピークは9〜10月。

スギ花粉以外にもいろいろな花粉が拡散し、花粉症の原因になっていることが分かると思います。スギ花粉の時期は、お天気ニュースなどでも花粉の飛散量の予報が出されますので、多くの人が注意しています。しかし、それ以外の時期に花粉症のような症状が出ると、「花粉症』=『スギ花粉による花粉症」という思い込みがあると花粉症と気がつかないこともあります。

いつも時期に花粉症のような症状が出る場合は、どの種類の花粉が飛散しているか確認してみましょう。

より正確に知りたい場合は、病院で花粉症のチェックをしてもらえば、どの花粉に対してアレルギーがあるのか分かります。何れにしても花粉症のような症状が、いつ出るかを把握しておくと良いでしょう。


スポンサードリンク

花粉症の症状が出たら対策を!

花粉症と思われる症状が出たら、マスクをし、身体・衣類についた花粉を家の中に持ち込まないようにしましょう。洗濯物も屋内に干して、花粉が付着しないようにしましょう。

そのような対策をとって、症状が緩和されるようでしたら花粉症である可能性が高いでしょう。それでも症状が重く、辛い場合は病院に行って診察を受けた方が良いでしょう。

花粉症であることがはっきりすれば、毎年その花粉症の時期になる頃に対策を取れば、花粉症の症状を緩和したり、薬などによって抑えることもできます。

自分がどの種類の花粉にアレルギーがあり、その飛散する時期が分かれば、対処しやすくなります。

まとめ

花粉症は本当に辛いですね。自分の花粉症について知り、賢く対処しましょう!

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ギックリ腰の症状・原因・治療 ある日突然襲ってくるかも?

スポンサードリンク ある日、急になるのがギックリ腰。欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。ギックリ腰になったことがあればご存知かと思いますが、腰が痛くて身動きができなくなると本当に大変です。自 …

うなぎの栄養で夏バテ防止 ナマズ・サプリメントも効く?

スポンサードリンク 夏になって暑くなると「夏バテ」しやすくなります。夏バテには「うなぎ」を食べると良いと言われていますが、うなぎにはどんな栄養があるのでしょうか? うなぎの代わりに近畿大学ではナマ …

高齢者がインフルエンザになると重症化しやすい?予防接種は?

スポンサードリンク 毎年気温が下がり、空気が乾燥する季節になるとインフルエンザが流行してきます。高齢者の場合、インフルエンザに感染・発症すると命の危険もあると言われています。本当でしょうか?また高 …

お腹にガスがたまる!原因と対処方法は?苦しい人は必見!

スポンサードリンク 私はお腹にガスがたまりやすく、ほとんど毎日お腹が張ってしまい、苦しんでいます。下腹がポッコリと膨らんでいるのは自分で見てもわかります。インターネットで調べてみるといくつかの対処 …

冷房が寒い!もしかしてクーラー病?すぐに対策を!

スポンサードリンク 暑くなると冷房を使い始めます。自宅であれば設定温度を比較的自由に設定できますが、会社や外出先では必ずしも思い通りになりません。そのため、暑い夏でも身体は冷え切ってしまうこともよ …

最近のコメント