イベント

初節句の鯉のぼり 誰が買う?いつからあげる?いつまであげる?

投稿日:2017年3月20日 更新日:

青い空に泳ぐ鯉のぼり。美しい日本の風景の一つですね。

鯉のぼりに込められた願いを考えれば、その温かさも感じられます。

実際に鯉のぼりを贈ったり、あげたりすることになるとなんだかよくわからないこともあるでしょう。

鯉のぼりの基礎知識について紹介します。

スポンサードリンク
  

初節句の鯉のぼり 誰が買う?

日本では初節句に男の子の初節句に、鯉のぼりや兜を贈る風習があります。

男の子の初節句とは、生まれてから最初に巡ってくる端午の節句(5月5日)に祝います。

しかし、生まれてから1〜3ヶ月で端午の節句を迎えてしまう場合は、母子の負担なども考えて、次の年に祝うことが普通のようです。

難しいのは初節句の鯉のぼりや兜を誰が買うのかということ。

地域によって風習が異なっているようです。

母親の実家側で買って贈るということが風習となっている地域もあり、また男の子の初節句のお祝いは父親の実家から贈り、女の子の節句祝い(お雛様)は母親の実家から贈ることが風習となっている地域もあります。

また鯉のぼりを子供の住んでいる家ではなく、別居している父親の実家であげて、そちらで初節句のお祝いをしたという話も聞いたことがあります。

まず住んでいる地域の風習がどのようなものであるのか確認した方が良いかもしれません。

しかし、現代では人の往来も活発で、出身地が離れた人同士が結婚し、実家の風習が全く異なることも珍しくありません。

土地が高い地域では、住んでいる家も広くないことが多く、鯉のぼりをあげたり、兜を飾る場所に困ることもあります。

スポンサードリンク

長寿により老後破産が話題になる昨今、それぞれの実家の経済状況・格差なども無視できないかもしれません。

それらを総合的に考え、無理のない形に落とし込むのが良いように思います。

鯉のぼりはいつからあげる? いつまであげる?

男の子の初節句に鯉のぼりを贈られると、最初はいつあげて、いつまであげれば良いのかよくわからないことも多いようです。
一般的には4月上旬から上げて、5月中ぐらいまでにしまうようです。

厳密な決まりがあるわけではなく、おおよそそのぐらいの時期の天気の良い日に鯉のぼりをあげ、また片付ければ良いでしょう。

あげる時期を考えて、鯉のぼりを贈ってもらうと良いでしょう。

ちなみに群馬県館林市の「さくらまつり」「こいのぼりの里まつり」は有名で、3月下旬から鯉のぼりを飾り、桜と一緒に楽しめます。

鯉のぼりは何歳まであげる?

男の子の初節句で贈っていただいた鯉のぼり。毎年、4月上旬から5月中旬まであげたとすると、次に気になるのは子供が何歳になるまであげるべきなのかということ。

鯉のぼりは、子供の健やかな成長と立身出世を願ってあげられると言われています。

そのような意味では子供が成人するまであげ続けても良いような気もしますし、考えようによっては社会に出て出世するまであげてもおかしくないような気もします。

しかし、子供が大きくなってくると、鯉のぼりをあげることを恥ずかしがって止めてしまうという話をよく聞きます。

あとは鯉のぼりをあげるのが面倒になって止めてしまうということもあるようです。

鯉のぼりをあげるのは何歳までという決まりはないようですので、綺麗な青空に鯉のぼりが泳ぐ姿を見たければいつまでもあげても良いでしょう。

ちなみに雛人形も似たようなもので、女の子が嫁に行った後でも、雛人形を見て楽しみたいので飾っているという家は結構あります。

まとめ

1.鯉のぼりを誰が買うかは地域によって異なる風習がある。それぞれの実家の考え方が異なる場合もあるので、経済的な状況などを総合的に考えて、無理のない形にするのが良い。

2.鯉のぼりをあげる時期は、4月上旬から5月中ぐらいまでが一般的。

3.鯉のぼりを何歳まであげるかは厳密な決まりは無いようです。あげたければいつまでもあげても良い。

スポンサードリンク


-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

横浜の花火大会はいつ?神奈川新聞花火大会は?ホテルは?

スポンサードリンク 港町横浜の花火大会は、海をバックにスケールの大きなイベントです。 一度は行ってみたい夏のイベントについて紹介します。 スポンサードリンク 関連

エイプリルフールの意味・由来 面白いのか?ムカつく?

スポンサードリンク 毎年4月1日は「エイプリルフール」として知られています。皆さんはエイプリルフールに何かしますか? エイプリルフールについて考えてみたいと思います。 スポンサードリンク 関連

成人式に美容院で着付けをする!予約から当日の着付けまでの流れ

スポンサードリンク 一生に一度の成人式。綺麗な振袖を着て思い出に残る1日にしたいものです。そこで重要なのが着物の着付けと髪型のセット。美容院を予約して、しっかり準備しましょう。 横浜のある美容院で …

皇居一般参賀は混雑する?初めてならバスツアーもあり?

スポンサードリンク 毎年、皇居での一般参賀がテレビのニュースなどで報道されます。一度は一般参賀に行ってみたいと思いながら、機会がなくて行っていなかった人も、平成という時代が終わるこの節目に行ってお …

入間基地航空祭の後に行きたい狭山市と入間市のスポット

スポンサードリンク 毎年11月3日の文化の日に開催される入間航空祭は、多くの人が訪れます。狭山市と入間市にまたがって位置する航空自衛隊の入間基地で行われ、2017年には21万人の入場者数を記録しま …

最近のコメント