ライフ

窓の結露による問題 防止方法は?賃貸でもできる対策は?

投稿日:

寒い季節になると気になるのが窓の結露。家の窓などに結露が発生し、量が多くなるとその周辺まで結露による水が広がってしまいます。この結露に悩んでいる人も多いようです。

結露対策について紹介します。

スポンサードリンク

窓の結露は何が問題?

家の窓の結露は、窓の外側と内側で大きな温度差があることで発生します。

空気中に含むことのできる水蒸気量は、温度が高くなるほど多くなります。一般的用いられる湿度は飽和湿度でそれぞれの温度での飽和水蒸気量に対する比率をパーセントで表します。

寒い時期に室内を暖房し、部屋の中の湿度が高くなると、窓で冷やされた空気の飽和水蒸気量が下がり、水滴となって出てきます。これが結露が発生する原理です。

「結露と言っても、要するに水で濡れるだけだから、大した問題ではないのでは?」と思うかもしれません。確かに窓に結露が発生した瞬間に、大きな被害が生じるわけではなく、例えば部屋でコップの水をこぼしたからと言って、取り返しがつかないほどの影響があるわけではありません。

しかし、結露は寒い時期に毎日繰り返し発生することが多く、また気温が低いため、十分に乾きません。その結果、カビが発生しやすくなります。さらに木でできている部分が腐りやすくなり、壁紙の内側などまで侵入して変色・劣化させたり、壁の内側にカビを発生させることもあります。

カビはアレルギーを引き起こすこともあり、最近ではカビが原因となった喘息・肺炎などの事例が知られています。見た目だけの問題ではなく、健康を被害につながる可能性がありますので、しっかり対策した方が良いでしょう。

窓の結露の防止方法

窓の結露防止方法として、最も優れていると考えられるのが、「二重窓」などのように断熱性を高める方法です。新築であれば最初から断熱性の高い窓を設置すれば良いのですが、既築の住宅のサッシでも、窓を交換する・後付けで内側に窓を設置して二重にする、などによって二重窓にリフォームすることができます。

窓のガラス部分だけでなく、アルミ製のサッシの場合は枠部分にも結露が発生します。そのため最新の二重窓では樹脂フレームなど断熱性能の高い素材が使われています。

二重窓による結露防止の効果は絶大で、ほぼ結露が防止できます。

これらのリフォームは「費用が高い」と言えばそうかもしれませんが、数万円程度ですので、断熱効果による暖房費の節約、カビの発生防止による健康被害の防止、結露に関する掃除などの手間・時間の節約、下記で紹介するような窓をリフォームしないで行える結露対策の費用などを考えれば、もっとも合理的な選択でしょう。

私も自分の家ならば、迷わず二重窓にしますが、残念ながら賃貸住宅ではリフォームするわけにはいきません。そんな


スポンサードリンク

賃貸でもできる窓の結露対策

賃貸住宅の場合、大家さんの許可がなければ窓をリフォームすることができません。リフォームしても、退去時に原状回復費用を請求される可能性もあります。これらのことを考えると基本的にはリフォームは難しいでしょう。

リフォームをしないで、できるだけ結露を防ぐ方法をいくつか紹介します。

1.こまめに換気する

上で説明した結露の仕組みから、一つの方法として、室内の水蒸気量が高くなりすぎないようにすることが考えられます。寒い時期は、外の空気が乾燥していますので、窓を開けて換気をすることで、室内の湿度を下げることができます。これにより結露量を減らすことができます。

2.加湿器を使わない

同じ理由で加湿器を使わないようにすれば、余計な水分量を増やさないで済みます。喉のことなどを考えると加湿したいこともあるのですが、家族で室内で生活していれば、呼吸や炊事、入浴などによって、通常は室内の湿度が高くなります。本当に加湿が必要が検討しましょう。同様に室内に洗濯物を干すのも結露を増やす原因になります。干さないようにするか、あるいは換気をしましょう。

3.オイルヒーターなどは窓際に置く

オイルヒーターは空気を汚さず、喉にも優しいのでおすすめです。最近は人気がありますのでオイルヒーターをお使いの家庭も多いでしょう。オイルヒーターを使う場合は、窓際の一番室温が低くなる場所に置くと暖房としても効果的ですし、結露を減らす効果もあります。

4.室温を上げすぎないようにする

室温を上げるほど、室内の空気の飽和水蒸気量が大きくなります。そして窓付近との温度差も大きくなりますので、結露量が増えます。寒くなりすぎない程度に温度を下げれば、結露量を減らすことができます。

5.プチプチなどの断熱シートを貼る

見栄えが良くないので、好きになれない方もいらっしゃると思いますが、窓に断熱シートを貼ると結露量は減らせます。外がよく見えなくなってしまうのが欠点です。また長期に使用しているとシートと窓の間にカビが生えたりしますので、定期的に交換する必要はあります。

まとめ

結露防止について紹介しました。完全に結露を防止できなくても、減らすだけでかなり意義はあるでしょう。何もしないよりは、まずは実践してみては如何でしょうか?

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

職場のおやつのおすすめはこれ!ヘルシーでお買い得!

スポンサードリンク 職場が室内のオフィスの場合、おやつを持ち込んで食べている人も多いのではないでしょうか?私も職場におやつを持ち込んで、机の中にしまってあります。それをほぼ毎日食べてエネルギー補給 …

自動車の任意保険の内容は?安くする方法と条件変更は?

スポンサードリンク 自動車を運転する人は誰でも事故に遭う可能性があります。何年も無事故で来たからと言って、事故に絶対遭わないとは言えません。 万が一事故に遭った時に任意保険に加入していなければ大変 …

熟睡するためにやってはいけないこと!お酒は?食事は?

スポンサードリンク 良質の睡眠は健康にはとても大切です。同じ睡眠時間でも眠りが浅いと疲れがとれず、それが続けば疲労が身体に蓄積していきます。熟睡してしっかり疲労を取ることが大切です。うっかりやって …

リストラによる失業の不安 振り払う方法 リラックス

スポンサードリンク 日本の終身雇用制度は崩壊していると言われ、実際、有名な大企業でも大量のリストラが行われることも珍しく無くなりました。 「自分の職が失われる」ということを普段から想定して、準備し …

アジサイの色は土壌で決まるのか?PH?アントシアニン?

スポンサードリンク 日本では梅雨の頃になるとアジサイが美しく咲く地域が多いですね。雨で濡れたアジサイの花は、美しさが一層際立つような気がします。アジサイが多数咲く有名なスポットもありますので、一度 …

最近のコメント