ヘルス

蕁麻疹ができたらまず原因を考える!治らない?薬は?

投稿日:2017年9月23日 更新日:

先日、急に太ももの付け根の後ろ側が痒くなりました。オフィスで椅子に座っていて、汗で蒸れる部分です。トイレに行ってズボンを脱いで見てみたら、蚊に刺されてように腫れて赤くなっているブツブツが5個ぐらい密集しててできていました。

よく考えると、両腕の肘の内側に同じようなブツブツが昨晩できていました。虫に刺されたと思って虫刺されの薬を塗りましたが、よく見ると同じようなブツブツで、どちらも痒かったです。

急にすごく心配にインターネットで調べてみたら、どうやら蕁麻疹のようです。

スポンサードリンク

蕁麻疹ができたらまず原因を考えましょう

蕁麻疹(じんましん)の原因として以下のようなものが挙げられています。

1.食品

魚介類、肉類、卵、乳製品、穀類・野菜、食品添加物などが原因になることがあります。

2.医薬品

抗生物質、解熱鎮痛薬、咳止めなどが原因となることがあります。

3.植物・昆虫

イラクサ、蜂などが原因となることがあります。

4.感染症

カビ、寄生虫、細菌、ウイルスが原因となる場合があります。

5.物理的刺激

寒暖差、圧迫、摩擦、日光、熱などが原因となる場合があります。

6.ストレス・疲労

ストレスと肉体的な疲労は、強くなるとあらゆる病気の原因となります。

7.汗

汗も原因となることがあります。

このように蕁麻疹の原因となるものは非常に多くあります。蕁麻疹が発生した頃に、何か思い当たる原因がないか考えてみましょう。もしかしたら原因が特定できるかもしれません。

蕁麻疹が治らない!薬も効かない?

私は、蕁麻疹が発生してから、原因を考えてみました。夏の暑い日が続いた後に急に気温が下がり、今年の最も寒暖差が大きかった頃に最初の蕁麻疹ができたようなので、もしかしたら寒暖差が原因かもしれません。

しかし、最近、ナッツをよく食べるようになったことも関係があるような気もしますし、ビールを飲みすぎたことも関係があるかもしれません。

それでも一番気になるのが「ストレス」です。仕事に関するストレスが最近強くなっているからです。もちろん原因としては、どれか一つではなく、複合的に影響してくることもあるようです。

蕁麻疹は、できる時は急に発生し、みるみる大きくなり、痒くなります。しかし、数十分から1時間程度で小さくなり、落ち着いてくることがほとんどです。ある意味、比較的短時間で治るのですが、厄介なのは繰り返しできることが多い点です。

私も蕁麻疹ができるようになってから3日間程度経過しましたが、まだ治りません。

実はまだ病院に行っていません。比較的短時間で蕁麻疹が引いてしまうので、蕁麻疹ができている状態を医師に見せるのが難しいこと、仕事が忙しくて病院に行く時間が取れないことがその理由です。

インターネットで調べると、病院で処方された薬を飲んでも、治るまで(蕁麻疹ができなくなるまで)かなりの日数がかかることが多いようです。


スポンサードリンク

蕁麻疹が治らない!病院で診察を受けましょう

蕁麻疹が1週間程度続いたら、一度病院で診察を受けた方が良いかもしれません。

蕁麻疹は、大きく分けるとアレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。アレルギー性のものは検査をすることでわかる場合があります。アレルギーの原因物質が特定できれば、それを避けるようにすることで治る可能性があります。

一般に食品や特定のものを摂取したり、触れたりしたことが原因であれば、それらを避けることで蕁麻疹が治る可能性があります。

非アレルギー性のものは、原因が特定しにくく、実際のところ原因がわからないまま長期に続くことがあります。そのような場合は、薬によって症状を緩和することができ、薬を継続することで、徐々に薬の量を減らしながら治して行くことができるケースが多いようです。

残念ながら考えられる原因があまりにも多く、長期に続くものほど結局原因がわからないことも少なくないようです。

何れにしても一度病院で診察を受け、薬をもらいましょう。

まとめ

思い当たるような原因がないのに、急に蕁麻疹ができ、それが何日も続くと焦るものです。まず蕁麻疹について知り、原因を考えてみましょう。さらに続くようであれば、一度病院で診察を受けることをおすすめします。

*蕁麻疹が病院に行くとどうなるかについての記事「蕁麻疹で病院に行った方がいい?処方される薬は効くの?」もご覧ください。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

加湿器の雑菌が繁殖すると加湿器病になる!危険性と対策は?

スポンサードリンク 空気が乾燥する季節になるとインフルエンザなどのウイルスが活動しやすい環境になってきます。湿度が低くなると、鼻や喉の粘膜が乾いて、ウイルスに感染しやすくなります。 そのため加湿器 …

溶連菌感染症の症状は?治療は?流行する時期・感染予防方法

スポンサードリンク 溶連菌感染症をご存知でしょうか?溶連菌(A群溶血性レンサ球菌)に感染して発症する病気です。 溶連菌感染症になって、ただの風邪と勘違いして、適切な治療を医療機関で受けないと、後で …

目の疲れを取る方法 ストレッチ・眼球運動・目薬・栄養

スポンサードリンク 今はどこでもスマホでSNSやインターネットなどが楽しめる便利な世の中です。電子書籍や新聞の電子版だけでなく、動画も見ることができます。職場・学校や自宅でもパソコン・ダブレットを …

ニキビがおでこにできやすいのはなぜ?治せるかも?

スポンサードリンク 年齢にかかわらず、顔にニキビができると辛いですね。私もかなり悩まされ、一番ひどかった時は皮膚科に通院しました。ある程度治ってからは通院は止めましたが、それでもしばしばできること …

ららぽーと横浜クリニックで大腸内視鏡検査・胃カメラ検査を受診

スポンサードリンク 40歳を過ぎたら、大腸がんの早期発見のために隔年で内視鏡検査を受けた方が良いとされています。大腸がんができてから進行するスピードを考えると、2年に1回内視鏡で検査すれば、早期に …

最近のコメント