お歳暮のお礼はどうすれば良い?いつまで?受け取れない場合は?

イベント

日本では12月になるとお歳暮を贈る習慣があります。お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈るものです。時期は12月上旬から12月20日に送るものとされています。

お歳暮を受け取ったら、お礼はどのようにすれば良いのでしょうか?お歳暮のお礼について、注意点を紹介します。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼はどうすれば良い?

お歳暮は、本来は相手方を直接訪問して渡すものですが、近年では百貨店などから送るのが一般的です。取引先などのように会社の担当者間の場合は、職場に送られてくることもありますし、自宅に送られてくることもあります。

お歳暮が送られてきたら、どうすれば良いでしょうか?基本的にはお返しは必要ありません。それは「お歳暮」とはお祝いではなく、感謝の気持ちを込めて送るものだからです。

しかし、何もしないというのはマナー違反で、「お礼」をする必要があります。具体的にはお礼状を送れば良いでしょう。

親しい間柄の場合は、すぐに電話をしてお礼を伝えることもできますが、正式にはお礼状を送るべきでしょう。

ご主人に御歳暮をお送り頂いた場合、奥様が代理でお礼状を書いても構いません。その場合は、ご主人の名の横に「内」と書きます。

お歳暮のお礼はいつまでにする?

12月に頂いたお歳暮のお礼状を年賀状として送るのは避けた方が良いでしょう。お歳暮を受け取り次第、なるべく早くお礼状を出すのが良いでしょう。

お歳暮の時期を過ぎ、1月7日〜2月4日までにお礼状を出すのであれば、「寒中御見舞」として出します。


スポンサードリンク

受け取れないお歳暮が送られてきたらどうすれば良い?

お歳暮を贈る習慣は昔からありますが、近年は職業理由や相手との利害関係によっては贈答品を受け取ることができない場合もあります。

例えば、国家公務員の場合、許認可等の相手方、立入検査等の相手方、契約の相手方などの利害関係者から、お歳暮などの金銭・物品を受け取ることが、国家公務員の倫理規定で禁じられています。民間企業でも、コンプライアンスの関係上受け取ると後で問題となるケースもあります。

それではそのような相手からお歳暮が送られてきたらどうすれば良いのでしょうか?

1つの方法は、宅急便として送られて来た時に受け取りを拒否するという方法です。この場合は、先方に「受け取り拒否」といったことが伝えられるので、辞退した旨と受け取れない理由、お気遣い頂いたことに対する感謝を手紙・電話などで伝えた方が良いでしょう。

もう1つの方法は、受け取った品物を開けずに、包み直して、辞退した旨と受け取れない理由、お気遣い頂いたことに対する感謝を記した手紙と一緒に、先方に送るという方法です。

色々な不祥事がある度に、このようなことに対する注意が大切になって来ますね。

まとめ

お歳暮は日本の伝統的な文化です。大切な人との関係を深める機会にしたいものです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました