ヘルス

誤嚥性肺炎による死亡者が増えている!予防する運動・姿勢

投稿日:2017年10月1日 更新日:

最近、「誤嚥性肺炎」という言葉を耳にする機会が増えてきました。誤嚥とは、口か入れた食べ物・飲み物が、誤って誤って喉頭と気管に入ってしまうことを言います。誤嚥が原因で肺炎になった場合に、誤嚥性肺炎となります。

スポンサードリンク

誤嚥性肺炎による死亡者が増えている!

日本人の死因は、かつては多い順に「がん」、「心臓病」、「脳卒中」でした。しかし、2011年に「脳卒中」を抜いて、「肺炎」が3位になり、それ以来ずっと3位です。

この肺炎による死亡者の中で65歳以上の高齢者が占める割合は96.6%(2010年度)で、高齢者の肺炎のおよそ70%以上が誤嚥性肺炎であると言われています。(*参考文献:日本老年医学会雑誌 50巻 4 号 p.458(2013:7))

おそらく誤嚥を起こす前までは、深刻な病状ではなかった方が、誤嚥が原因で肺炎となり、その結果死に至ったものと思われます。それだけに誤嚥を予防することができれば、多くの人が元気にもっと長生きできるはずです。

誤嚥性肺炎を運動で予防できる?

特に高齢者にとって身近な危険である誤嚥性肺炎ですが、根本的な原因としは嚥下する時(飲み込む時)に動く喉の筋肉の衰えが原因です。実は、筋肉ですので「筋トレ」でかなり誤嚥を予防できるようになります。

健康長寿の秘訣として、「栄養・休養・適度な運動」がよく挙げられますが、やはり運動は大切なのです。

先日、テレビに80歳を超えた年齢のボディビルダーがインタビューされているのを見ました。もちろん80歳を超えてからボディビルダーになったのではなく、もっと若い頃から身体を鍛え始めてボディビルダーになり、その後、80歳を超えるまで鍛え続けているわけです。その方は、若い頃といっても、本格的に始めたのは50歳を過ぎてからだそうです。

高齢者になる程、筋肉量がクオリティオブライフ(生活の質)に影響を与えます。できるだけ早くから身体を鍛え、筋肉を付け、それをできるだけ維持しましょう。

喉の筋肉についても同じことが言えます。具体的なトレーニング方法は、以下の本などをご参照ください。


スポンサードリンク

誤嚥性肺炎を予防する姿勢

誤嚥は、何かを飲んだり、食べたりする時に起こりますので、その際の姿勢によっても予防できる可能性が高まります。

これは感覚的に分かると思いますが、仰向けのように上を向いて食べるとむせやすくなります。健康な若い人は、通常は仰向け状態でものを食べることはあまりないと思います。しかし、病気や怪我で入院するようになると、ベッドの上でご飯を食べることがあるでしょう。

そんな時にある程度身体を起こしても、後ろに寄りかかって、少し倒れかかった状態で誰かに介護してもらってものを食べるケースがあるかもしれません。そんな時もできるだけ身体を起こさないとむせて、誤嚥しやすくなります。

また猫背で、顎を前に出すような姿勢でも誤嚥しやすくなります。できるだけ正しい姿勢で食事をするようにしましょう。

まとめ

筋トレで誤嚥性肺炎を予防できれば、多くの人が数年から10年は長生きできるとも言われています。できるだけ早く始めましょう。

マイコプラズマ肺炎については、こちらの記事「マイコプラズマ肺炎の症状・治療・予防は?流行はいつ?」で紹介しました。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏バテの原因と予防する方法と食事のポイント

スポンサードリンク 日本の夏は暑くて厳しく、適切な対策を取らないと夏バテしやすくなります。疲労が蓄積し、毎日が辛くなりがちです。夏バテの原因を理解し、効果的な予防方法を知っておいた方が良いでしょう …

熱中症の予防に水をたくさん飲んでもダメ?水の飲み過ぎは危険

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しいです。2018年7月16-22日の1週間で2万2647人の人が熱中症で搬送されています。また多くの人が熱中症で命を落としています。命の危険があるほどの暑さ …

子供がインフルエンザになった時に病院にいくタイミング

スポンサードリンク 子供のいる家庭では、インフルエンザが流行する時期にはいつ子供が感染し、発症するかわかりません。 まずは流行する前からインフルエンザの予防接種を受けることが大切です。しかし、予防 …

炭酸飲料を飲むと歯が溶けるのか?酸性で歯が溶ける食品は?

スポンサードリンク コーラが好きでほとんど毎日飲んでいます。太らないようにコカ・コーラ ゼロを選んでいます。 最近、知り合いから「コーラを飲んでいると歯が溶けるらしいよ」と言われてビックリしました …

歯ぎしり用のマウスピースは歯科で作る!費用は?

スポンサードリンク 歯ぎしりで歯が折れることがあるのをご存知でしょうか?睡眠中でのことなので気が付きにくいですが、起きている時に歯を食いしばってみても、歯ぎしりで音を出すというにはかなり大変という …

最近のコメント