ヘルス

睡眠時無呼吸症候群の症状とチェック方法!危険性と治療方法は?

投稿日:2017年10月4日 更新日:

家族がいびきをかきやすい体質の人の場合、同じ部屋で寝ているといびきに悩まされることもあるかもしれません。いびきや寝息が一定の間隔で続いているのであれば良いのですが、10秒以上いびき・寝息が止まるようであればもしかしたら睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群の症状、危険性、原因、治療方法について紹介します。

スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の症状とチェック方法は?もしかしたら夫が!

睡眠時無呼吸症候群の大まかな診断基準は、睡眠時に口・鼻による呼吸が10秒以上停止することが1時間に5回以上あることです。

夜間は、家族も一緒に眠ってしまっているので、1時間の呼吸をチェックすることはちょっと大変かもしれません。簡単には15分間程度寝息を聞いていて、10秒以上寝息が停止することが2回以上あるようでしたら睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。

特にその人が肥満体型で、昼間に眠気を感じるようであれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性が濃厚です。以下で述べるような症状がみられるようであれば、病院で診察を受けた方が良いかもしれません。

同居する家族がいない場合などは、発見が遅くなることもありますので、さらに注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群は危険なの?

睡眠時無呼吸症候群では、一時的に呼吸が止まることが繰り返されますので、身体に負担がかかります。そのため、心臓発作、脳梗塞、心不全、不整脈などのリスクが増加します。

また睡眠中に呼吸が止まると脳が起こされます。このような状況が毎晩のように繰り返されますので、自律神経が乱れ、いろいろな悪影響が出てしまいます。

このような肉体的な影響とは別の大きなリスクもあります。それは睡眠時無呼吸症候群により睡眠不足になり、日中の車の運転やいろいろな作業時の事故を引き起こすリスクです。

これまでにも睡眠時無呼吸症候群による睡眠不足で、交通事故を引き起こし、被害者が死亡するという痛ましい出来事が発生しています。そうなれば加害者側も大きく人生を狂わせてしまうでしょう。

やはり、睡眠時無呼吸症候群は危険と認識すべきです。


スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の原因と治療方法は?

睡眠時無呼吸症候群は、肥満により上気道が狭まることが原因となるケースが多いようです。根本的に治療するためには、食事制限により体脂肪率を減らす必要があります。

糖質制限ダイエットなどにより、自分で体脂肪率を落とせれば良いのですが、難しい場合は医療機関に相談しましょう。

ダイエットを実践し、体脂肪率を減らすにもそれなりの期間が必要です。症状が重い場合は、病院で診察を受け、治療した方が良いでしょう。

また肥満と関係なく、身体の特徴として上気道が塞がれやすい形状である人もいらっしゃいます。そのような場合も病院で診察を受けた方が良いでしょう。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群である人は、まずは自分でそのような状態であることに気がつくことが重要です。発見が遅れるほどリスクが高まります。肥満気味でしっかり寝ているはずなのにいつも睡眠不足を感じている方は、病院で診察を受けた方が良いでしょう。

大切な睡眠についてはこちらの記事「睡眠のことが分かるまとめ!健康には大切です!」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

胃カメラ・胃内視鏡検査 苦しくない・痛くない神奈川の名医

日本人の死因で最も多いのは「がん」です。がんの種類別では、胃がんが男性で2位、女性で3位で、年間約5万人が亡くなっています。ほとんどの胃がんは早期に発見し、治療を受ければ完治可能です。 スポンサート …

便秘の原因はストレス?運動不足?食事?解消法は?

スポンサードリンク 便秘は辛いですね。重度の慢性の便秘というほどでなくても、年に数回程度便秘で苦しむという方も少なくないでしょう。 私もそれほど便秘がちというわけではないのですが、便秘になることが …

歯列矯正の年齢 子供の場合 おすすめの方法は?痛い?

スポンサードリンク 美しい歯並びの人を羨ましくなりますね。歯並びがあまり良くない人は、歯並びに対するコンプレックスを持っていても無理もありません。 「自分の子供には歯並びのコンプレックスを持たせな …

高齢者がインフルエンザになると重症化しやすい?予防接種は?

スポンサードリンク 毎年気温が下がり、空気が乾燥する季節になるとインフルエンザが流行してきます。高齢者の場合、インフルエンザに感染・発症すると命の危険もあると言われています。本当でしょうか?また高 …

ヒートショックの死亡数は交通事故より多い!入浴時の対策は? 

スポンサードリンク 冬になると気温が下がり、日本では多くの地域で氷点下まで冷え込むようです。それでも暖房をして、防寒すれば良いのですが、日本ではヒートショックによる犠牲者が毎年数多く発生しています …

最近のコメント