ヘルス

睡眠時無呼吸症候群の症状とチェック方法!危険性と治療方法は?

投稿日:2017年10月4日 更新日:

家族がいびきをかきやすい体質の人の場合、同じ部屋で寝ているといびきに悩まされることもあるかもしれません。いびきや寝息が一定の間隔で続いているのであれば良いのですが、10秒以上いびき・寝息が止まるようであればもしかしたら睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群の症状、危険性、原因、治療方法について紹介します。

スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の症状とチェック方法は?もしかしたら夫が!

睡眠時無呼吸症候群の大まかな診断基準は、睡眠時に口・鼻による呼吸が10秒以上停止することが1時間に5回以上あることです。

夜間は、家族も一緒に眠ってしまっているので、1時間の呼吸をチェックすることはちょっと大変かもしれません。簡単には15分間程度寝息を聞いていて、10秒以上寝息が停止することが2回以上あるようでしたら睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。

特にその人が肥満体型で、昼間に眠気を感じるようであれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性が濃厚です。以下で述べるような症状がみられるようであれば、病院で診察を受けた方が良いかもしれません。

同居する家族がいない場合などは、発見が遅くなることもありますので、さらに注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群は危険なの?

睡眠時無呼吸症候群では、一時的に呼吸が止まることが繰り返されますので、身体に負担がかかります。そのため、心臓発作、脳梗塞、心不全、不整脈などのリスクが増加します。

また睡眠中に呼吸が止まると脳が起こされます。このような状況が毎晩のように繰り返されますので、自律神経が乱れ、いろいろな悪影響が出てしまいます。

このような肉体的な影響とは別の大きなリスクもあります。それは睡眠時無呼吸症候群により睡眠不足になり、日中の車の運転やいろいろな作業時の事故を引き起こすリスクです。

これまでにも睡眠時無呼吸症候群による睡眠不足で、交通事故を引き起こし、被害者が死亡するという痛ましい出来事が発生しています。そうなれば加害者側も大きく人生を狂わせてしまうでしょう。

やはり、睡眠時無呼吸症候群は危険と認識すべきです。


スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の原因と治療方法は?

睡眠時無呼吸症候群は、肥満により上気道が狭まることが原因となるケースが多いようです。根本的に治療するためには、食事制限により体脂肪率を減らす必要があります。

糖質制限ダイエットなどにより、自分で体脂肪率を落とせれば良いのですが、難しい場合は医療機関に相談しましょう。

ダイエットを実践し、体脂肪率を減らすにもそれなりの期間が必要です。症状が重い場合は、病院で診察を受け、治療した方が良いでしょう。

また肥満と関係なく、身体の特徴として上気道が塞がれやすい形状である人もいらっしゃいます。そのような場合も病院で診察を受けた方が良いでしょう。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群である人は、まずは自分でそのような状態であることに気がつくことが重要です。発見が遅れるほどリスクが高まります。肥満気味でしっかり寝ているはずなのにいつも睡眠不足を感じている方は、病院で診察を受けた方が良いでしょう。

大切な睡眠についてはこちらの記事「睡眠のことが分かるまとめ!健康には大切です!」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ガングリオンとは?原因は?治療法は注射?手術?

スポンサードリンク ふと気がつくと、身体のある部分が出っ張って、コブのようなものができたりすることがあります。もしかしたらそれはガングリオンかもしれません。自分の身体にコブのようなものができると誰 …

歯間ブラシは虫歯予防に効果がある?ワイヤー入りと使い捨てタイプ

スポンサードリンク 治療していない虫歯や治療済みの虫歯はありますか?30年ぐらい前と比べると、歯磨きや虫歯予防の啓蒙活動等により、日本人の虫歯は減っているのですが、それでも「虫歯が全くない」「虫歯 …

インフルエンザで学校は出席停止?親は薬がもらえる?診断書は?

スポンサードリンク 日本では冬になるとインフルエンザの感染が広がってくることが多くあります。受験シーズンとも重なるので、受験生を持つ家庭ではインフルエンザ対策にかなり神経を使うでしょう。 一番困る …

シェーバーでの髭剃りでカミソリ負けする!対策・ケア!

スポンサードリンク 男性の場合、毎日髭剃りをする人がほとんどです。それだけにちょっと面倒で、適当に髭剃りしてしまうと、カミソリ負けしてしまうことも・・・。 最近は剃刀ではなく手軽なシェーバーを使う …

糖尿病の予防 食事・ダイエット 運動 原因から考える

スポンサードリンク 「糖尿病」という言葉はよく聞くと思いますが、どのような病気かご存知ですか?糖尿病は一度発症すると治癒することがなく、一生付き合い続けていかなければならない病気です。また糖尿病が …

最近のコメント