ヘルス

インフルエンザで学校は出席停止?親は薬がもらえる?診断書は?

投稿日:2017年10月8日 更新日:

日本では冬になるとインフルエンザの感染が広がってくることが多くあります。受験シーズンとも重なるので、受験生を持つ家庭ではインフルエンザ対策にかなり神経を使うでしょう。

一番困るのはインフルエンザによる出席停止などの措置です。いつから出席できるのか?出席時には診断書が必要なのか?色々と心配になります。

スポンサードリンク

インフルエンザになると学校を出席停止になる?

学校保健安全法という法律があり、インフルエンザを発症すると学生は出席停止になります。「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」が出席停止期間となります。

毎年流行する季節性のインフルエンザでは、全世界では毎年300-500万人がインフルエンザに感染し、25-50万人の死者を出しています(*Wilipediaより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6#.E6.8A.97.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.95.E3.83.AB.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B6.E8.96.AC)。非常に感染力が強く、発症した感染者が自宅・医療機関等に治るまで安静にせずに、外出して多くの人と接触すると感染が急速に拡大してしまいます。

およそ10年から40年の周期で発生すると言われる新型インフルエンザの場合、ほとんどの人が新型のウイルスに対する免疫をもっていないため、世界的大流行(パンデミック)に発展する可能性があります。世界的大流行となってしまうと、数千万人規模の死者数になるとの推測もあります。

感染は人から人へ、指数的に広がっていきますので、できるだけ早く感染を抑える必要があります。通学は、電車などの公共の交通機関を利用するケースも多いため、インフルエンザを発症してしまった場合には出席停止の措置も止むを得ないと言えるでしょう。

子供がインフルエンザになると親は薬をもらえる?

学校に通っている子供がインフルエンザになると、子供は出席停止となり、自宅等で安静にすることになります。看病する家族は当然のことながら感染するリスクが高くなります。

それでは家族がインフルエンザになった場合に、同居する家族はインフルエンザの特効薬を予防的に投与してもらえないのでしょうか?

タミフル添付文書によれば、以下のように記載されています。

予防に用いる場合には、原則として、インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である下記の者を対象とする。
(1)高齢者 (65 歳以上)
(2)慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者
(3)代謝性疾患患者 (糖尿病等)
(4)腎機能障害

これを厳格に適用するとほとんどの場合は、子供の両親は対象者から外れてしまうでしょう。

しかし、子供がインフルエンザになり、親がインフルエンザに感染した可能性のある症状が出始めていたら、通常はすぐにインフルエンザの薬を処方してくれますので、子供の看病をしていて少しでも体調が悪くなってきたすぐに医療機関へ行きましょう。


スポンサードリンク

インフルエンザの診断書は必要?

学校によっては、出席停止期間が過ぎて、再び登校する際に医師の診断書の提出を求める場合があります。通学している学校のホームページ等から診断書を必要としているのか確認しましょう。

診断書は医療機関で発行していただく際に費用がかかります。通常は自己負担となるでしょう。

診断書を要求するのは、一般に診断書を不要した時に十分に治りきっていないのに出席してきてしまう人が出る可能性があるからでしょう。出席停止となると少しでも早く学校に行きたいという気持ちになると思いますが、感染を拡大させないための社会全体への影響を考えた措置ですので止むを得ないでしょう。

まとめ

インフルエンザの感染力は強く、感染が広がり始めると社会への影響が大きなものになります。それは高齢者や幼児のような体力の弱い人々の命を脅かすものとなります。感染を拡大させないためにみんなで協力する必要があります。

インフルエンザについて知りたい方はこちらの記事「インフルエンザのことが分かるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

加湿器の雑菌が繁殖すると加湿器病になる!危険性と対策は?

スポンサードリンク 空気が乾燥する季節になるとインフルエンザなどのウイルスが活動しやすい環境になってきます。湿度が低くなると、鼻や喉の粘膜が乾いて、ウイルスに感染しやすくなります。 そのため加湿器 …

つらい夏風邪の原因ウイルス 治療法・予防法は?

スポンサードリンク 人から人に感染し、広がっていく病気といえば、冬場はインフルエンザが有名です。 夏場も感染が広がりやすい病気があり、「夏風邪」と呼ばれることが多いようです。 そんな「夏風邪」につ …

寝室で加湿器を使って喉を守る!風邪予防にもなります!

スポンサードリンク 朝起きた時に喉が痛いことがあります。「風邪を引いたかな?」と嫌な気分になりますよね。もしかしたら寝室の環境が原因かもしれません。こんな喉の痛みを予防する方法を紹介します。 スホ …

夏バテで食欲ない時はどうすればよい?おすすめメニューは?

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しく、毎年熱中症で搬送される人も多いです。注意して熱中症になることは避けられても、夏バテになってしまう人も少なくないでしょう。夏バテは辛いですね。特に食欲がな …

美肌になるための洗顔方法で正しいのは?保湿は必要?

スポンサードリンク 顔の肌の調子が悪くなると憂鬱な気分になりますね。多くの人が子供の頃から日常的に顔を洗っていますが、「正しい洗顔方法とはどのような方法か?」ということをあまり考えずに、習慣として …

最近のコメント