トラベル

えきねっとで新幹線を予約 新横浜から乗車 チケットの受け取り方

投稿日:

昔は、出張のために新幹線を予約するために、JRの最寄り駅の緑の窓口まで行っていました。約10年ほど前から、JR東日本の「えきねっと」という指定券の予約ができるウェブサイトを利用するようになり、オフィスに居ながら簡単に新幹線のチケットの予約ができるようになりました。

えきねっとで予約して新横浜駅から東海道新幹線に乗車する際に、初めての方は戸惑うことが多いチケットの受取りなどについて紹介します。

スポンサードリンク

えきねっとで新幹線を予約して新横浜から乗車する

新横浜駅、品川駅、東京駅などのJR東日本の在来線の駅から東海道新幹線に乗車する時でも、新幹線用の改札がありますが、基本的には同じ駅の構内を歩いて乗り換えができます。そのためあまり意識しないこともあるのですが、JR東日本と東海道新幹線を運行するJR東海とは別の会社です。

それでも乗客の利便性を考えて、JR東日本の駅および「えきねっと」で東海道新幹線の乗車券を予約・購入することができます。

しかし、えきねっとで予約・購入した場合、チケットの受け取りはJR東日本の駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザでないとできません。つまり、えきねっとで予約したチケットを、JR東海の指定席券売機や窓口では受け取れません。

これは新横浜駅、品川駅、東京駅において、ほとんどの場合は特に問題はありません。唯一、少々困るのが新横浜駅に横浜市営地下鉄でアクセスする、その他のJR東日本の在来線以外の方法で、JR東海の改札側からアクセスする場合です。

要するにえきねっとで予約した東海道新幹線のチケットをJR東海の指定席券売機で受け取れるようにしてくれれば良いのですが、残念ながらそのような対応をしてくれません。こんな瞬間に「やはり別の会社なんだ」と感じてしまいます。

えきねっとで予約した新幹線のチケットを新横浜で受け取る

えきねっとで新横浜から乗車する新幹線を予約した場合、チケットはJR東日本の駅で受け取れます。JR東日本管内の他の駅から横浜線等を使って新横浜駅にアクセスした場合は、最初に乗車するJR東日本の駅でチケットを受け取ることができます。指定席券売機に「えきねっと」の表示がありますので、そこから操作すれば大丈夫です。

新横浜駅で受け取る場合は、篠原口(横浜線側)のJR東日本の指定席券売機で受け取らなければなりません。JR東日本の横浜線で新横浜駅についてから新幹線のチケットを受け取る場合は、そのまま篠原口に行けば良いので問題ありません。

新横浜駅は、東海道新幹線の線路を挟んで新横浜プリンス、横浜アリーナ、日産スタジアムがある側は、開発が進んでいてオフィスビルや商業施設が高密度にあり、発展しているのですが、それに比べると反対側は開発が進んでなく、基本的には住宅街となっています。

そのため多くの人が直接新横浜駅にアクセスする際には開発が進んでいる側からということになるのですが、そちら側にはJR東海の新幹線改札があり、えきねっとの受け取りができる指定席券売機がありません。

面倒ですが、駅の反対側に回って篠原口まで行き、指定席券売機でチケットを受け取る必要があります。その後にまた新幹線の改札まで戻ってきますので時間がかかりますね。

また篠原口の指定席券売機およびその周辺の通路が混んでいることもありますので、時間には余裕を持って新横浜駅に行ったほうが安全です。


スポンサードリンク

東海道新幹線に新横浜から乗車 スマートEXが便利

上の説明から分かるように、横浜市営地下鉄でアクセスしたり、その他の方法で開発が進んでいるJR東海の新幹線改札側からアクセスする場合は、えきねっとで予約したチケットの受け取りが面倒です。

一つの解決策は、JR東海の「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」を利用することです。私はいつも横浜市営地下鉄でアクセスし、年に数回程度東海道新幹線を利用しますので、「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」の会員になりました。

いずれもスマホでインターネット経由で東海道新幹線の予約ができます。予約は何度でも手数料無料でできます日、ICカードを使って直接改札に行って入構できるので、券売機に並ぶ必要もありません。

「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」は年会費1080円を払ってクレジットカードを作らないといけないのですが、運賃が割引になり、新横浜駅から名古屋駅よりも遠いところを往復すればすぐに年会費分は取り戻せます。利用回数が多くなるほど特になります。

特に新幹線で出かけた先から新横浜に帰ってくる時に、その時点で新幹線を予約しても「えきねっと」ではチケットを受け取れる場所が近くにありませんが、「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」ならばチケットレスですので問題ありません。

出張では、相手先の都合で帰りの予定がずれることもありますが、何度も予約変更できるので心配要りません。

まとめ

えきねっとで東海道新幹線のチケットを予約し、新横浜駅から乗車する場合のポイントについて紹介しました。東海道新幹線を利用する機会が多いようでしたら、R東海の「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」が便利です。

スポンサードリンク


-トラベル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

東京駅で東北新幹線に乗り換えの改札は?在来線・東海道新幹線から

スポンサードリンク 東北新幹線の北の終着駅である新青森駅から、北海道新幹線が新函館北斗駅まで2016年3月26日に開業しました。東北新幹線と北海道新幹線は相互に乗り入れし、東北・北海道新幹線とも呼 …

三井アウトレットパーク 入間の渋滞情報とアクセスのコツ

スポンサードリンク アウトレットはいろいろなブランドの店があって、安く買えるので楽しいですね。 三井アウトレットパーク 入間について紹介します! スポンサードリンク 関連

羽田空港から国際線のJAL アクセス・ラウンジ・ショップ

スポンサードリンク 昔の関東地方では、国際線は成田空港、国内線は羽田空港という分担がされていた時代がありました。成田空港の発着が増えて、これ以上発着枠を増やすことが難しいため、羽田空港も拡張され、 …

関東のおすすめの鍾乳洞と洞窟3選 日原鍾乳洞 不二洞 

スポンサードリンク 地下に広がる神秘的な鍾乳洞・洞窟。宇宙空間や海底にも未知の世界が広がっていますが、地底にもまだまだわからないことがあります。自然の偉大さを感じますね。 外がどんなに暑い日でも鍾 …

海外旅行でのロストバゲージの確率・原因と対策は?

スポンサードリンク 海外出張・旅行に行く時は、ほとんどの場合は宿泊を伴い、スーツケースを持っていくことになるでしょう。機内持ち込みができるサイズを超えると、空港でのチェックイン時に手荷物を預けるこ …

最近のコメント