Apple Watchを使わない時の電源は?過放電と保管方法に注意!

Apple WatchApple Watch

Apple Watchユーザーでも、他の腕時計を使ったりすることもあります。気がつくとしばらくの間、Apple Watchを使わずに放置してしまうことにな場合もあるでしょう。

気になるのはApple Watchの電源です。毎日使っている時には1日に1回充電していたのに、何日も充電しない状態で放置して大丈夫なのでしょうか?

Apple Watchをしばらく使わない時の電源と保管方法について紹介します。

スポンサーリンク

Apple Watchをしばらく使わない時の電源は?放電に注意!

まず結論として、Apple Watchの電源を入れたまま(オンにした状態のまま)放置すると、徐々に放電し、過放電状態になってバッテリー(電池)にダメージを与えてしまうので厳禁です。過放電状態とは、バッテリーが完全に放電した状態です。

Apple Watchの電源を入れたまま放置すると、使用していなくても徐々に放電し、バッテリーに充電されていた電気が減っていきます。この状態が数日間つづくと、ほぼすべての電気エネルギーが放電により無くなってしまいます。

問題なのはApple Watchに搭載されているリチウムイオンバッテリーの特性で、「過放電状態になると著しくダメージを受ける」ことです。過放電状態とは、充電されていた電気エネルギーが放電によりほぼ無くなった状態です。

つまり、Apple Watchにダメージを与えずに放置するためには、過放電状態にならないようにすることが大切です。しかし、ベストな方法は、満充電にすればよいというわけでもありません。

次項でしばらく使わない時の保管方法について説明します。

スポンサーリンク

Apple Watchをしばらく使わない時の保管方法

Apple Watchを1日だけ使わない場合

毎日Apple Watchを使っているけれど、ファッションなどの関係で、今日だけ別の時計を使うということもあります。例えばスーツなどを着てパーティなどに出席する時には、ブランドものの高級腕時計を使うということもあるでしょう。

このような場合はそれほど難しくなく、いつものように満タンに充電してから、放置しておけば大丈夫です。

Apple Watchを数日以上使わない場合

数日間となると、Apple Watchの電源を入れたまま放置すると、満タンに充電してからでも過放電状態になってしまう可能性が高いです。放置しても1日に1回充電するようにすれば、通常の使用状況と同じになりますので大丈夫です。しかし、それが面倒であれば、充電後に電源を切ってから放置するようにしましょう。

ちなみにリチウムイオンバッテリー(リチウムイオン電池)は、充電率が高い状態で少し減ったらすぐに満タンまで充電するということを繰り返すのもよくありません。したがって、Apple Watchを充電器の上にずっとセットしたままで充電し続けるのもよくありません。

電源を切って数日間以上放置する場合の注意点は、充電率です。ベストな方法は充電率50%程度で電源を切って(オフにして)保管する方法です。これもリチウムイオンバッテリーの特性によるものです。

電源を切っても、さすがに数ヶ月程度放置すると少しずつ充電された電気が放電されていきますので、半年に1回程度は充電し、再び充電率50%程度にしてから保管するようにしましょう。


スポンサーリンク

Apple Watchは高温に弱い

Apple Watchをしばらく使わずに放置する場合も、通常は家の中の安全な場所に保管しておくと思います。Apple Watchの保管温度は-20°C〜45°Cとされていますので、この範囲内であれば大きな問題は無いです。

しかし、窓際の強い直射日光が当たる場所などは、高温になる場合がありますので注意が必要です。またよく知られているように、車のダッシュボードなど、炎天下の車内はかなり高温になります。

このような高温下にApple Watchを放置すると、リチウムイオンバッテリーに深刻なダメージを与えてしまう可能性が高く、温度によっては爆発・火災などのが発生する可能性もあります。

一般家庭では、電気ポットなど、他の家電製品などに接していると高温にさらされていることもありますので、しばらく使用しない場合は安全な場所に保管するようにしましょう。

以下の記事でApple Watchのバッテリーの劣化を診断する方法について紹介しています。

まとめ

Apple Watchをしばらく使わない時の電源について紹介しました。適切な充電率(50%)で電源を切り、安全な場所に保管するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました