Apple Watchのカレンダーアプリで月表示する方法は?

Apple Watch

Apple WatchにはApple公式のカレンダーアプリがあり、iPhoneやMacBookとも連動でき、非常に便利です。普段、Apple Watchの画面からカレンダーアプリを頻繁に操作していれば迷わないかもしれませんが、久しぶりに操作しようとすると使い方を忘れてしまっていることもあります。例えば「月表示」をするにはどうすれば良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼Apple Watch 5の使い方のコツはこちら▼▼
Apple Watch Series 5についてまとめてみました!

Apple Watchのカレンダーアプリで月表示するには?

Apple Watchのカレンダーアプリでは、iPhoneやMacBookから入力した予定を設定した時間に通知してくれます。例えばイベントの時間の「30分前」などです。この条件はイベントごとにiPhone上から設定できます。

Apple Watchから予定をSiriを使って入力することもできます。例えば「5月20日の午後4時にフィットネスという予定を入れて。」などと指示して入力します。

カレンダーに入れたスケジュールは、iPhoneやMacBookから確認できるのですが、Apple Watchの魅力はiPhoneなどをカバンから取り出さず、すぐに確認できるところにありますので、基本的にはできる限りの操作をApple Watchだけで済ませたいです。

当日および今後1周間のイベントは、カレンダーアプリを起動し、イベントを上下にスワイプあるいはデジタルクラウンを回してスクロールすることで確認できます。これは知らなくても適当に操作していれば直感的にわかるでしょう。しかし、カレンダーを月表示にする方法が分かり難くないでしょうか?先日、私も月表示にする方法が分からず困ってしまいました。

Apple Watchのカレンダーアプリで月表示する方法

以下のような手順でApple Watchのカレンダーアプリを月表示にできます。

1.Apple Watchのカレンダーアプリを起動します。すると通常は以下のようにイベントが表示されます。特にイベントを入力していなければ、「今日は予定はありません。」と表示されます。

2.画面を強く押し込むと以下のようなメニュー画面になるので、[リスト]をタップします。

3.以下のような画面が表示されますので、左上の「<」をタップします。すると以下のような「月表示」ができます。

元に戻すには、画面をタップします。1つ前の画面に戻るので、次に画面を強く押し込むと以下の画面になります。

[次はこちら]をタップすると、最初のイベント画面に戻ります。

このように少々面倒なのですが、Apple公式のカレンダーアプリで月表示はできます。しかし、イベントの入力されている月についての月表示しかできず、先月や来月、さらには他の月についての月表示はできない設定になっています。もちろん、iPhoneやMacBookでは他の月を表示させることはできますが、Apple Watchで素早く確認できないのは少々不満です。


スポンサードリンク

Apple Watchに他のカレンダーアプリをインストールする

Apple Watchで簡単に「月表示」をするための方法としては、他のカレンダーアプリをインストールする方法がおすすめです。カレンダーアプリにはいくつかの種類がありますが、例えば「こよみ – 月カレンダー」であれば無料でダウンロードし、インストールできます。このアプリでは、以下のようにカレンダーの月表示ができます。

またiPhone上で以下のようにカレンダーの色などを設定できます。

色を選択するアイコンの上のところに「錠マーク」があることからもわかるように、無料ではすべての機能を使うことができません。250円を支払うと「Pro」にアップグレードでき、すべての機能を使うことができます。

とりあえず月表示を確認したいだけならば、無料の範囲の機能で十分です。それ以上のことを知りたければiPhoneや手帳などを確認すれば良いでしょう。

まとめ

Apple Watchのカレンダーアプリで月表示をする方法について紹介しました。「○月△日が何曜日?」などを確認したい場合などに便利です。

▼▼Apple Watch 5の使い方のコツはこちら▼▼
Apple Watch Series 5についてまとめてみました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました