PR

ヤマダあんしん保証の内容は?年会費は?改悪なのか?わかりやすく解説!

ヤマダあんしんヤマダ電機

ヤマダ電機の有料の保証制度である「New The安心」が2023年1月15日から新規受付を終了し、順次新しい保証制度である「ヤマダあんしん保証」への移行の案内が提示されるようになっています!

新しい「ヤマダあんしん保証」は、お得なのでしょうか?以前の「New The安心」と比べて改悪なのでしょうか?

以下、ポイントを簡単に解説します!

*誤記や保証内容の変更がある可能性もあります。正確な詳細を確認する必要がある場合は、ヤマダ電機にお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

ヤマダあんしん保証の内容は?

ヤマダあんしん
ヤマダ電機のあんしん会員は、対象期間中は、年会費を払うと対象となる家電製品が何度でも修理してもらえるという保証制度です。
対象となる商品は、以下の「ヤマダ電機で購入した商品」です。

【製造後6年まで】
32型以上のテレビ(液晶・有機EL)・家庭用大型マッサージチェア・電子レンジ・洗濯機・家庭用衣類乾燥機

【製造後9年まで】
家庭用エアコン(壁掛け用・窓用)・冷蔵庫(定格内容量100L以上)

ただし、上記の対象商品においても、保証対象外となる部品がありますので、詳細はヤマダ電機のサイトでご確認下さい。

あんしん会員の年会費は?

新規入会・更新時共に年会費は4,015円(税込)です。あんしん保証の利用にかかわらず更新時の年会費は変わりません。

これだけでは高い気がするのですが、新規入会時および更新時に、ヤマダデンキ各店舗でご利用できる、3,000円分の商品割引券が受け取れます。

この割引券をしっかり使い切れば、実質1,015円(税込)の負担ということになります。

ただし、更新時の割引券金額については、事前の通知なく変更になることがあるそうです!

「指定月」の2ヶ月間でご利用できる500円の割引券(クーポン)が6枚で、年間3,000円分となります。

この割引券は、1回の支払いにつき1枚を、1商品の価格が税込551円以上の商品に対しご利用できます。よくヤマダ電機を利用する方であれば、無理なく使い切れるのではないでしょうか?

対象のパソコン・デジタルサポート料金が最大20%OFF

デジタル商品のパソコン設定サポート、セットアップ料、ソフトインストール料、メモリ取付、周辺機器取付等の料金が、一般のお客様より20%の割引きを受けることができます。

エアコンクリーニング・ハウスクリーニングの料金が5%OFF

エアコンクリーニングやハウスクリーニングをご依頼の際に、あんしん会員様は5%の割引きを受けることができます。
WEBからのお申し込みと併用で最大10%OFFとなります。


スポンサーリンク

ヤマダあんしん保証は改悪なのか?

ヤマダあんしん
「New The安心」から「ヤマダあんしん保証」への変更は「改悪」なのでしょうか?

保証契約を申し込む側から見て、保証内容が不利になるように変更されることを「改悪」と言うのであれば、そのように言わざるを得ません。

私は、長年、ヤマダ電機の「New The安心」に加入してきました。今回の「ヤマダあんしん保証」への変更についてヤマダ電機から案内が届きました。

その案内には、「・・・昨今、修理代金や人件費の高騰が続いており、現在の年会費での同サービスのご提供が困難な状況となって参りました。・・・そこで、年会費の値上げをせずに修理保証サービスをご提供するため、「」New The安心」の一部特典と保証内容を変更させていただくこととなりました。・・・」と書かれていました。

つまり、保証を適用して製品を修理する時のコストが高くなってしまい、年会費は値上げしないけれども、保証内容はダウングレードせざるを得ないということです。

具体的な変更点は、以下のようになっています。約款適用日については、保証契約を申し込んだタイミングで異なりますので、すべての方々がこの写真中の日付が適用されるわけではありません。

大きな変更点について、さらに詳しく見てみましょう。

保証対象

以前の「New The安心」では、ヤマダ電機だけでなく、他の販売店で購入したものも保証の対象となるという、かなり適用範囲が広いものでした。これが「ヤマダあんしん保証」では対象を狭められ、ヤマダ電機で購入したものに限定されます。

また「New The安心」では、製造後6年・9年までであったものが、購入日あるいは受渡日より6年・9年に変更されました。通常は、製造してから購入されるまで時間差がありますので、この「年数」については、実質延長となり、むしろ保証内容が改良されました。

修理保証上限額

以前の「New The安心」では、年間40万円(税別)であったものが、「ヤマダあんしん保証」では「1製品1回あたり、購入金額(税別)」に変更されました。

これだけでは、改悪か改良か判断が難しく、どのような商品を購入するのかにも依ります。

40万円以上の高額商品を買った場合は、上限金額が「ヤマダあんしん保証」の方が高くなります。
しかし、通常の家電製品は40万円以下の方が多いため、ほとんどの人にとっては上限金額が下がることになると考えられます。

無修理特典

以前の「New The安心」では、1年間この保証を利用した修理を行わなければ、次の年の年会費が最大20%割引となりました。これはかなり大きな割引で、多くの人がその適用を受けていた可能性があります。

「ヤマダあんしん保証」になって、この最大20%割引が無くなったのは残念です。ほとんどの方にとっては、保証を使って修理しないことが多いので、この変更が実質的にはもっとも大きな改悪になるのかもしれません。

スポンサーリンク

ヤマダあんしん保証のメリットとデメリット

以前の「New The安心」が現在の「ヤマダあんしん保証」よりもいいなあと思っても、「New The安心」は新規申し込みを終了してしまったのでどうにもなりません。

それ故に、「ヤマダあんしん保証」の改悪ポイントを議論しても不毛な部分もあります。要するに、現在の「ヤマダあんしん保証」の内容がお得かどうかということになりますね。

そこで「ヤマダあんしん保証」のメリットとデメリットについて考えてみましょう!

ヤマダあんしん保証のメリット

基本的にはヤマダ電機で購入したものが、故障等により修理・交換が必要になった時に、この保証を適用することで無償あるいはかなり安く対応してもらえたならば、ほとんどの方が「保証に入っていて良かった!」と感じるでしょう。

ほとんどの家電製品には、1年間のメーカー保証が付いています。10万円以上の製品でも、無条件で付いているメーカー保証がほとんどが1年間であることがそもそも問題なのですが、これが慣習になっているので止むを得ない点もあります。

2年目移行の保証を付けるとその分コストアップになりますので、通常は有償になります。そうなると保証を付けるための費用と内容をよく見る必要があります。

「ヤマダあんしん保証」では、商品割引券をしっかり使い切れば、実質1,015円(税込)の負担となりますので、この金額ならば案外お得な気がします。特に保証の対象となる製品を複数ヤマダ電機で購入していれば、保証の金額が同じで適用範囲が広がるのでお得です。

ヤマダあんしん保証のデメリット

最近は、ヤマダ電機で買うと4年・6年などの無料保証が付いていることがあります。このような製品を選んで買っていれば、無料保証期間中は「ヤマダあんしん保証」を使わなくても、この無料保証でカバーできますので、その分「ヤマダあんしん保証」の費用が無駄になります。

もちろん、無料保証が付いていない商品もあるので、そのような商品を買った場合は「ヤマダあんしん保証」の意味があります。

しかし、案外、無料保証が付いている商品が増えているので、そのような商品を買ったら、状況によっては「ヤマダあんしん保証」を解約しても良いかもしれません。

特に保証を使用しなければ割引になる制度が無くなったので、このような決断をしやすくなりました。

どのような製品を選んでも、故障する時は故障しますので、そのリスクをどのように考えるのかということが保証の価値を判断するときには重要です。

保証がまったく状態で、メーカー保証の1年間が経過した途端故障するのが最悪のケースでしょう。しかし、例えば5年使えれば壊れても修理するよりも買い替えを考えた方が合理的なこともあります。

また家電製品によっては、故障して使えなくなったら、すぐに使えるようにしてもらわないと困るものもあります。そんな時には修理にはかなりの時間がかかっても、買い替えならばすぐに設置できる場合も少なくありません。

このように考えると購入後2〜5年までも保証があれば良いという方も多いでしょう。その場合、製品購入時に付いている無料保証でカバーできてしまうこともあります。そして6年目移行は買い替えと割り切れば、「ヤマダあんしん保証」は必要ない場合もあります。

ただし、無料保証の内容もよくチェックしておく必要があります。「無料」と言っても保証の料金が無料で、修理の時の費用負担がゼロという意味ではないことがあります。

これがよく批判される点なのですが、購入後の年数によって保証の内容が変わることが普通で、特に4年目以降は出張料と部品代が有償ということもあります。

このように4年目以降の保証内容がかなり低下する場合は、「ヤマダあんしん保証」に入る価値はあります。

つまり、面倒でも、保証内容をよく確認することが基本となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました