ヤマダ電機のポイントの確認方法と有効期限は?上手な使い方は?

ヤマダ電機 ライフ

家電量販店最大手のヤマダ電機で家電を買う機会がある方は多いです。家電製品の価格は、数万円〜10万円以上になることが多いので、何かを購入すると案外多くのポイントが獲得できます。

普通に生活しているといろいろなポイントを獲得する機会がありますが、その中でもヤマダ電機のポイントは実質的な価値が高いことが多いです。

このヤマダ電機のポイントを有効に使えているでしょうか?

ヤマダ電機のポイントは有効期限がありますので、期限を忘れていると失効してしまいます。せっかくのポイントが無駄になってしまうと残念です・・・。

ポイントの有効期限の確認方法と使い方について紹介します。

スポンサードリンク

ヤマダ電機のポイントの確認方法と有効期限

ヤマダ電機の会員になり、ヤマダ電機で買い物をすると通常はポイントが獲得できます(*一部、ポイントが付かない商品があります)。このポイントは、「1ポイント=1円」で使えます。

数万円〜10万円以上の家電製品を購入すると、数千ポイント以上獲得できることが多いので、普通にクレジットカードなどで獲得するよりも多くのポイントになるでしょう。

ところがこのヤマダ電機のポイントの有効期限は、「最終購入日から1年間」です。つまり、ヤマダ電機で買い物をして1年以上経過すると失効してしまいます。

これを防ぐためには、まず現在保有しているポイントの有効期限を確認しましょう。その方法は以下です。

「ヤマダデンキ ケイタイde安心」アプリで確認する

スマホを使っている方ならば、この方法が一番簡単でおすすめです!
iPhoneならばApp Storeで「ヤマダ電機」と検索すれば、すぐに見つかりますのでインストールしましょう。そして、会員番号等の設定をすればすぐにポイントの残高・有効期限を確認できます。

まだヤマダ電機の会員になっていない方でも、「ヤマダデンキ ケイタイde安心」アプリをインストールし、新規登録をすればすぐに使えるようになります。ヤマダ電機にショッピングに行く前に済ませてしまいましょう!

ヤマダ電機に問い合わせる

ヤマダ電機の店舗に電話する、あるいは店舗で直接問い合わせれば、ポイントの残高・有効期限を調べてもらえます。

ヤマダウェブコムで確認する

ヤマダ電機の公式通販サイト「ヤマダウェブコム」に会員登録し、ログインすることで、ポイントの残高・有効期限を確認できます。
しかし、普段、ヤマダ電機の公式通販サイトを利用することがなく、店舗を利用している方であれば、上記1または2の方が便利なのではないかと思います。

ヤマダ電機のポイント還元率は?

ヤマダ電機のポイント還元率は、支払い方法と商品によって異なります。

標準的なポイント還元率は、現金払いで10%、クレジットカード払いで8%です。ただし、ヤマダ電機のLABIカードでの支払いでは、ヤマダポイントが10%とセゾンの永久不滅ポイントが0.5%獲得できます。

商品による違いとは、ポイントの付与率が低くなる商品があるということで、例えばApple製品や特売品などは付与率が低く、場合によってはポイントが付かないことがあります。

またヤマダ電機の入会後の購入額の累積で会員ランクが決まります。誕生月に特典があり、ゴールド(累積30万円以上)ならばポイント還元率がアップします。

上記の還元率から考えれば、家電を買えば数千円以上のポイントを獲得できる機会が多いはずです!有効に使いましょう!


スポンサードリンク

ヤマダ電機のポイントの有効期限を延長する方法

ヤマダ電機のポイントの有効期限は最終購入日から1年間です。したがって、ヤマダ電機に行って買い物をすれば、有効期限を伸ばすことができます。会計時に会員証を提示するのを忘れないようにしましょう。

以前は、基本的には家電製品を販売しているだけだったのですが、最近のヤマダ電機は日用品・食料・飲料・書籍なども販売しているので、買い物もしやすくなりました。

ヤマダ電機のポイントを有効利用する方法

ヤマダ電機のポイントを有効に利用する方法を紹介します。無理の無い範囲で実践しましょう!

使える時に使う

最悪なのはポイントを使わずに失効してしまうこと。これを避けるためには、ポイントを使える時にすかさず使う方法がベストです。
ポイントを貯めて何かを買おうとすることも否定しませんが、せっかく貯めても、忘れてしまって失効してしまうと痛いです。

どうしても店舗に行って買い物する時間が無いという場合は、公式オンラインショップでポイントを使うことができます。

金額的に小さな買い物でも使える時に着実に使いましょう!

ポイント還元率が低い商品の購入時使う

ヤマダ電機のポイントは、「1ポイント=1円」相当でヤマダ電機のショッピングに使えます。しかし、通常の買い物と異なるのは、ポイントでの支払い分にはポイントが付与されないという点です。

例えばポイントを1万ポイント貯めて、1万円の買い物をしても、それに対してポイントは獲得できないということです。

このルールを考慮すると、そもそもヤマダ電機でポイント付与率が低い(あるいはポイントが付かない)商品を買う時に、優先的にポイントを使い、ポイントが獲得できる商品の時にはポイントは使わずに貯めた方が良いということになります。

ヤマダ電機を利用する機会が多く、しっかり計画的にポイントを使える方におすすめしたい使い方です。

まとめ

ヤマダ電機のポイントの残高・有効期限の確認方法と上手な使い方について紹介しました。せっかくのポイントを有効に活用しましょう。

▼▼ヤマダ電機の安心会員についてはこちら▼▼

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました